14219件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

ここで、他県の地熱利用の実例を紹介しますと、岩手県の松川の場合、生産井からの蒸気を湧水と熱交換し、七十度の熱水を造成し、付近の旅館及び六キロ離れた旅館、別荘の暖房、浴用に利用されています。大分県の大岳、八丁原でも、やはり発電に伴って生産される熱水を河川水と熱交換し、七十度の熱水を造成し、一キロ離れた旅館街の暖房、浴用に利用されています。

熊本県議会 2045-06-12 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号

御指摘の生名子から段を経て古田に至る四・七キロメーターにつきましては、おっしゃるように幅員が狭く三・五メーター未満の狭隘道路でございます。現在、古田工区から段までの約一キロメーターを昭和五十二年度から着手いたしております。鋭意努力を重ねており、昭和五十七年度も引き続き用地補償及び一部工事を促進する予定でございます。  

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

昭和四十七年ごろから始まった改修は、全長十一キロにわたるうち、残念ながら野田ぜき及びその下流一部だけしか完成しておらず、遅々として進まずとしか言わざるを得ません。川尻の元三排水機場も、加勢川の水位が四メートル以上になりますと運転ができません。秋津・木山・飯野地区において基盤整備でつくりましたポンプもフル運転ができない状態であり一〇〇%の効果が発揮できません。

福井県議会 2019-07-19 2019.07.19 令和元年予算決算特別委員会 本文

知事は出馬表明から選挙戦を通じて約2万キロ地球半周分、福井県内、移動されたということである。そういう意味では、隗より始めよではないけれども、徹底現場主義をみずから実践されたことになる。県内の隅々まで回られて、本県の魅力や課題等について、改めて気づかれた点について、お聞きするとともに、気づかれたさまざまな課題や魅力を、これまでどのように生かされてきたのか伺う。

福井県議会 2019-07-12 2019.07.12 令和元年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文

距離でいうと3.8キロである。 ◯辻委員  交通安全関係でお伺いしたいが、補正で、大分予算がついている。補正予算案説明資料4ページの交通安全施設整備事業、これは道路建設課。それから9ページの、同じ事業名で道路保全課。22ページ同事業、同じ事業名で都市計画課とそれぞれ上がっている。

福井県議会 2019-07-11 2019.07.11 令和元年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文

◯副部長(福井米戦略)  エコ米は、キロ当たり540円ぐらいである。特栽は、2,000円を超える価格がついていて、ほかの県のブランド米に比べても遜色ない価格をつけていただいている。 ◯田中(敏)委員  つくり方のそういう囲い込みの話で、つくりたいという人もなかなかつくれない状況である。

福井県議会 2019-07-11 2019.07.11 令和元年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文

これからインバウンドで中京圏から入ってくるのに、米原−敦賀間の60キロのために途絶えてしまうのではないかという不安もある。例えば、静岡へ行くときにどうやって行くかということなのであるが、ここの60キロの時間と料金、そして、乗りかえの回数がもう少しスムーズにならないといけないと思うので、そのあたり考え方を聞かせてもらえるか。

福井県議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第407回定例会(第3号 一般質問) 本文

博物館の数キロ手前からの大渋滞。到着後、入場券を買っても入場するのにさらに1時間以上の行列。入館しても館内は大混雑で落ち着いて展示を見られないし、ショップやレストランも数時間待ち。このような現状に勝山市民、地元の方々は心を痛めています。遠くから来てもらったのに申しわけない。勝山を嫌いにならないで帰ってほしいという願いを持っています。  

福井県議会 2019-07-03 2019.07.03 令和元年第407回定例会(第2号 代表質問) 本文

こうした中で、今回、全国で4,400億、85キロメートルの4車線化が決定をされまして、それから舞鶴東−小浜西間におきましても、630億円で12キロ区間につきまして付加車線の設置がされるということで、4車線化に向けて大きな弾みになるものと考えているところでございます。まずはこの付加車線、できるだけ早く工事に着手していただいて、供用開始ができるようにやってまいりたいと思っているところでございます。  

福岡県議会 2019-07-01 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-01

この産業廃棄物処分場は、筑紫野、太宰府、小郡の三市、約二十三万人の市民の命の水がめである県営山神ダムの約一・二キロ上流域に立地し、平成十一年十月六日に高濃度の硫化水素ガスが原因で三名のとうとい命が奪われるという大変痛ましい事故が発生して二十年が経過をしようとしております。  そこで、これまでの当該産業廃棄物処分場に係る県の改善に向けた主な取り組みについて、資料の要求をいたしたいと存じます。

福井県議会 2019-06-28 2019.06.28 令和元年第407回定例会(第1号 開会日) 本文

金沢−敦賀間の工事進捗については、先月、九頭竜川橋梁の橋桁の仮設が完了するとともに、新北陸トンネルは既に延長約20キロの9割の掘削を終え、年度内に貫通する見込みとなりました。県内のあらゆるところで工事が急ピッチで進み、開業への期待が高まってまいりました。  敦賀−新大阪間については、先月、鉄道・運輸機構が大まかな駅の位置及びルートを明らかにし、環境アセスメントに着手いたしました。

福岡県議会 2019-06-28 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-06-28

北九州市大分県日田市を結ぶJRの日田彦山線は、添田駅と大分駅の間の夜明駅の間、約二十九キロ間において、二年前の九州北部豪雨で線路が寸断されましたが、いまだに復旧に至っていません。この豪雨で久大線も十七億円の被害を受けたのですけれども、発災から復旧工事が始まり、復旧工事には三年かかると言われていた中、一年で復旧されました。

青森県議会 2019-06-28 航空自衛隊三沢基地所属の航空機による事故の再発防止を求める意見書 開催日: 2019-06-28

1 (可決)      航空自衛隊三沢基地所属の航空機による事故の再発防止を求める意見書 (発議第2号・原案可決)  平成31年4月9日19時27分頃、航空自衛隊三沢基地第3航空団所属の戦闘機F‐35Aが、青森県東方太平洋上(三沢基地東方約135キロ

千葉県議会 2019-06-20 令和元年_総合企画企業常任委員会(第1号) 本文 2019.06.20

例えば、京成千葉─京成津田沼間が営業区間12.3キロで260円に対して、京成千葉─ちはら台間が営業区間11.5キロで430円と、1.65倍以上の運賃の差があります。これまでも運賃の値下げについては多くの要望があったかと思いますが、なかなか運賃の差が縮まらない要因、どういった要因があるのかお伺いいたします。 ◯委員長(實川 隆君) 三林交通計画課長