52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滋賀県議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会議(第2号~第8号)-06月25日-06号

このパナソニック株式会社アプライアンス社以外にも、長浜市のカネボウ株式会社や三菱樹脂株式会社委任を受けて信号機を管理しています。  必要性が高い箇所であれば公安委員会管理の信号機として設置すればよいとは思いますが、委任信号の設置状況に関しまして、改めて、これら民間企業委任している理由を公安委員会委員長にお伺いをいたします。

長野県議会 2018-12-12 平成30年11月定例会県民文化健康福祉委員会-12月12日-01号

そして、きのう竹内委員からもありましたけれども長野市とか、たまたま日赤病院なりが建て直しされているとかいろいろなことが言われていて、地元からはビックハットの駐車場とか、カネボウの元多目的広場駐車場として便利に使わせていただいているようなところが、もろもろの計画の中でどうなんだろうというところの一つに、今回のこの県社会福祉総合センターの取り壊しということが計画に乗っているんじゃないかという、うがった

長野県議会 2018-07-03 平成30年 6月定例会県民文化健康福祉委員会-07月03日-01号

あそこは、いろいろと日赤が改築をする予定もあったりして、一説には長野市とはもう既に前のカネボウ跡地のところにお互い了解し合ったという話なんですが。そうすると、今度はビックハットの駐車場がなくなってしまうという問題も発生してくるということで、あそこの境は日赤が移転することによってかなり変化が生まれてくるんじゃないかと思います。

宮城県議会 2017-12-06 平成29年 11月 定例会(第362回)-12月06日−05号

鐘淵紡績工業カネボウという化粧品メーカーに、東洋紡績は有機化学工業にといった具合であります。石炭産業とともに衰退した夕張市のように、白石も衰退するということは願い下げであります。輸出の花形だった家電も今は昔の話です。つい最近でも、亀山ブランドの液晶パネルがシャープの経営破綻で先が見えなくなるという状況になりました。産業の盛衰は予測が難しく、その上、国策にも左右されます。

山口県議会 2015-03-06 平成 27年 2月定例会-03月06日−06号

私の地元であります防府市でも、中国電力とエア・ウォーターが、旧カネボウ防府工場跡地でのバイオマス・石炭混焼発電所の共同建設を公表し、先日、両者の共同出資により発電事業を担う新会社防府市に設立されました。  また、大和ハウス工業はJT防府工場跡地で工業団地を造成し企業誘致に取り組むなど、地域産業の再生・強化につながる大きな動きが出始めてまいりました。  

山口県議会 2014-12-17 平成 26年11月定例会-12月17日−04号

こうした中、県内景気も上向いてきており、旧カネボウ防府工場跡地に木質バイオマス等を利用した発電所建設が計画されるなど、今後、ますます輸出貨物の量が増大することが予測されます。  このため、中関地区においては、三号岸壁の延長及び耐震強化岸壁の建設、薫蒸倉庫等の港湾施設の整備充実を図り、背後地に立地する企業の利便性を高めていかなければならないと思います。  

北海道議会 2014-06-03 平成26年第7回環境生活委員会会議録-06月03日-01号

その要因といたしましては、健康食品の送りつけ商法やアダルトサイトの不当請求事案などが増加の傾向にありますことや、カネボウ化粧品の白斑様症状の発生やアクリフーズの冷凍食品への農薬混入事件といった事案が発生したことが、前年度に比べ相談件数が増加した要因と考えているところでございます。

滋賀県議会 2013-08-05 平成25年 8月 5日政策・土木交通常任委員会−08月05日-01号

◎中井 県民活動生活課長  カネボウの話だと思いますけれども、県のほうの相談というのは、1件か何件か、数件しかほとんどなかったと思います。それで、そちらのほうの会社でこのことがわかって以来、窓口を設けられて消費者の方のそういう被害の相談に応じているということでございます。なので、こちらのほうには余りかかってこないという状況でございます。

群馬県議会 2010-06-04 平成22年  5月 定例会−06月04日-04号

また、サントリー味の素カネボウハナマルキや、あるいはマルハニチログループの大きな工場が食品関係の工場として、いわゆる食品工場群をなしているわけでございます。  そこで、例えば、ブルドックなんかも県央のトマトをかなり使っていただいているようでございますし、また千代田では、地元のビール麦、いわゆる大麦を契約栽培として採用していただいているんですね。

長野県議会 2009-06-29 平成21年 6月定例会総務企画警察委員会−06月29日-01号

「例えば今の場所を移して、丸子のカネボウの跡地の利用を考えられないか。」という質問をしたところ、警察本部長は、「その場所については承知をしていない。」というような話がありました。これは、既に上田の専売公社の跡の話が進んでいるので、例えば経費的に安くても変えることができないという解釈なんでしょうか。

長野県議会 2009-06-24 平成21年 6月定例会本会議-06月24日-03号

立地については、旧北御牧、東御市や観光地美ケ原、菅平高原を視野に入れても、旧丸子町にございます旧カネボウ跡地に上田市が所有する大きな空き地があるわけでございまして、この厳しい財政の中、そちらの利活用も視野に再検討が考えられないか。また、土地取得費の低減、地域活性化にも効果があると思われますが、いかがか。お伺いをいたします。       

石川県議会 2008-03-06 平成20年 2月第 1回定例会−03月06日-04号

聞くところによりますと、地域力再生機構は平成十九年度まであった再生機構とは違い、例えばダイエーやカネボウなど一社単独の経営再建をするのではなく、支援をする企業が立地している地域全体の底上げを目指したり、民間企業の再生ではなく第三セクターの再建をも支援するなどが大きな特徴だそうです。  

茨城県議会 2007-03-16 平成19年予算特別委員会  本文 開催日: 2007-03-16

民間企業の分野について申しますと,2003年4月に創設された産業再生機構,銀行不良債権や,あるいはそれぞれの企業の過重債務をどう処理するか,できるだけ国の直属機関がそれを支援しようじゃないかということで,2003年4月に産業再生機構が設立をされたわけですけれども,この産業再生機構は,ダイエー,カネボウ,あるいはスカイネットアジア航空など41件の企業再生支援をすべてなし終えて,この3月末には予定を1

宮崎県議会 2006-09-14 平成18年 9月定例会-09月14日−03号

カネボウの粉飾決算事件で、民間監査法人東京地裁で有罪判決を言い渡されました。粉飾を知りながら、5年以上にわたり、ずるずると容認していたことが判決の趣旨のようであります。もちろん、公認会計士が行う民間企業監査と、監査委員が行う県の会計行政監査とは、おのずから違いがあることは理解をします。

山口県議会 2006-07-07 平成 18年 6月定例会-07月07日−07号

このほか、 O 戦略企業誘致PR事業について O 大阪事務所の体制強化と中部圏での誘致活動について O 進出協定を結ばない事案についての市町との調整について O 防府市カネボウ跡地へのロック開発の進出について O 中小企業庁「がんばる商店街七十七選」の県版の作成と公表について O 地元の意欲を引き出す商店街振興について O 中小企業総合経営支援事業と中小企業成長育成支援事業について O 若者就職支援

岐阜県議会 2006-07-07 平成18年  6月 定例会(第3回)-07月07日−04号

多くの事業を温存したカネボウは、再生を産業再生機構にゆだねる結果となりました。  格差を生んだもう一つの要因は、日本が法治社会に変わったということであります。長期の不況の間に中央官庁が業界寄りの姿勢のため国民の怒りを買い、結局、信頼回復のため、国民消費者に顔を向けた行政に変わらざるを得なくなりました。

山口県議会 2006-06-29 平成 18年 6月定例会-06月29日−05号

しかし、カネボウの撤退が顕著な例で、産業の動きは急です。  先をにらみ、企業産業の動向をしっかりとつかみ、この地域産業のあり方を考えていかなければ、いつ衰退の波に襲われるかわからないのが経済産業です。  このためには、幅広い視点も求められています。さきに、国が、地域課題にも対応した戦略として、「新経済成長戦略」を公表しました。

山口県議会 2006-06-28 平成 18年 6月定例会-06月28日−04号

また、カネボウ跡地に県内最大級、四万平米の店舗面積と言われるイオングループの大型商業施設建設が計画されている防府市商店街連合会などは、県議会に「県内への出店にかかわるガイドライン」を早急に作成するよう求めているわけであります。  県は、このほど「まちづくり三法改正に対応した商業振興方策検討委員会」を発足させました。  

群馬県議会 2005-12-21 平成17年 12月 定例会-12月21日-04号

そのほか、新町紡績所に関連して、今般正式に決定したカネボウの支援企業との今後の交渉や地元との調整など、県の取り組みについて質疑をされました。  続いて、県民局に関連して、設置後9カ月経過した中で、これまでの評価について県の所見が質されるとともに、各県民局長に、その効果とリーダーとしての抱負について発言が求められました。