16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

東京都議会 2019-03-28 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第7号) 本文

今後は、都内の全区市町村にフレイル対策事業の導入がなされるよう、東京都として積極的に働きかけを行うとともに、オーラルフレイル対策健康に関心が薄い層へのアプローチを積極的に行うことを要望いたします。  さらに、本予算案に盛り込まれました認知症対策の強化、シルバー人材センターを初めとするシニア就労支援、介護におけるICTの活用などを積極的に推進をしていくことを求めます。  

東京都議会 2019-03-26 2019-03-26 平成31年予算特別委員会(第6号) 本文

今後は、都内の全区市町村にフレイル対策事業の導入がなされるよう、東京都として積極的に働きかけを行うとともに、オーラルフレイル対策健康に関心が薄い層へのアプローチなどを積極的に行うことを求めます。  さらに、私たちが要望し、本予算案に盛り込まれた認知症対策の強化、シルバー人材センターを初めとするシニア就労支援、介護におけるICTの活用などを積極的に推進していくことを求めます。  

北海道議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会-02月22日-04号

歯科保健医療推進計画では、高齢者に対する口腔ケア提供体制の整備が重要施策とされておりますが、特に、ささいな口の衰えがもたらす食欲低下や、食事バランスなどの悪化が見られる状態であるオーラルフレイルに該当する高齢者においては、身体機能が低下したり、死亡リスクが高まるとされております。  

福岡県議会 2019-02-18 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18

また、六十歳代においてそしゃくできる者の割合は改善しているものの、現行の計画の目標は達成しておらず、また、食べこぼしやわずかなむせなど、口腔機能の低下、オーラルフレイルと呼ばれておりますが、これを放置しますと、そしゃく障害や摂食嚥下障害を来し、全身の健康を損なって要介護状態へと移行することから、口腔機能の維持向上の取り組みが必要であると考えております。  三、計画の概要でございます。

香川県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第1日) 本文

また、成人期や高齢期の歯周病検診の受診率向上を図るため、新たに健康増進法に基づく歯周病検診にあわせ、歯の表面クリーニングを追加して実施する各市町に対し、その経費の一部を助成するとともに、加齢に伴う口腔機能の低下が心身の虚弱を招いて要介護状態に進むオーラルフレイルの予防や改善の方法等について普及啓発を図ることにより、歯と口腔の健康づくりを推進いたします。  

東京都議会 2018-11-22 2018-11-22 平成30年厚生委員会 本文

次に、口腔ケアの方に移りますが、フレイルというと、もう一つ、オーラルフレイル対策というものがありまして、そして歯周病対策でございます。  オーラルフレイルというのは、歯の衰えといわれておりまして、いわゆる滑舌が悪くなったり、かみ合わせが悪くなったり、口から、よく衰えがわかってくるといわれているようにお話もいただいているところでございます。  

栃木県議会 2018-10-01 平成30年10月生活保健福祉委員会(平成30年度)-10月01日-01号

今年度は、この計画に基づき、ライフステージに応じた切れ目のない取り組みや、歯と口腔機能の衰え、オーラルフレイルの予防を通しまして、県民の健康寿命の延伸を図るため、(1)から(4)に記載しております事業に取り組むこととしております。  健康増進課の説明は以上です。 ○佐藤良 委員長 加藤障害福祉課長。 ◎加藤 障害福祉課長 それでは、障害福祉課から2点ご報告させていただきます。  

香川県議会 2018-09-02 平成30年9月定例会(第2日) 本文

さらに、近年、加齢に伴って滑舌の低下や食べこぼし、かたいものがかめないなどといった口腔機能の低下が、次第に栄養の偏りや社会性の低下、心身の虚弱を招き、要介護の状態に進んでしまういわゆるオーラルフレイルという新しい概念が、歯科医療関係者の間で提唱されており、増加を続ける高齢者介護予防などの観点からも、今後の施策を考える上で参考にできるのではないでしょうか。  

栃木県議会 2018-05-31 平成30年度栃木県議会第350回通常会議-05月31日-03号

2期計画では、県民のライフステージに応じた歯科保健対策の強化や、歯と口腔の機能の衰え(オーラルフレイル)の予防のための施策を積極的に展開するとしております。この歯科治療の先進県であります神奈川県では、もう既に県議会の中にオーラルフレイル議員連盟ができたと聞いておりますが、栃木県も、ぜひこのオーラルフレイルの問題を取り上げていただきたいと思っております。  

群馬県議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会発議条例等の検証に関する特別委員会-03月06日-01号

◆金子渡 委員   そのとおりだと思うが、歯科医師会としてはオーラルフレイルの予防に積極的に関わって、地域包括ケアの一翼を担っていこうという意思がある。条例の中の提言であるから、100%結びついていなくても、むしろ提言に盛り込んだ方がいいと思う。 ◆金井康夫 委員   平均寿命健康寿命の差を縮めることも言われているので、認知症予防に限らず、等などをつけてはどうか。

長野県議会 2017-09-28 平成29年 9月定例会本会議-09月28日-04号

歯や口腔の機能が衰えるオーラルフレイルを予防するため、住民への口腔リハビリテーション等の知識の普及や、医師歯科医師等の専門職種への研修、医療介護に携わる他職種による連携体制づくり等の取り組みを充実させてまいります。  学齢期、青年期等の歯科保健事業の取り組みについての御質問がございました。  

北海道議会 2017-09-11 平成29年第13回保健福祉委員会会議録-09月11日-01号

次期計画は、本道における虫歯の有病状況が全国平均より高いことや新しい概念であるオーラルフレイル対策推進の必要性などを踏まえて策定することとしており、離島や無歯科医地区への巡回診療、特殊歯科医療に対応するための研修実施など、歯科保健医療推進のための施策を推進してまいります。  次に、10ページの「北海道医療費適正化計画」についてです。  

  • 1