3097件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井県議会 2019-10-02 2019.10.02 令和元年予算決算特別委員会 本文

要するに、このエレベーターに乗ったら、3階ぐらいかなと思ったのが10階まで連れていかれるということになりかねないわけである。だから、やはりそういう点では非常に議員議会に対して不親切だと。全体像が見えないままで賛成するということは、これは極めて議員も無責任だし、理事者も無責任だというように思う。  また、市道の廃止など地元商店街からの不満や批判もお聞きをする。

北海道議会 2019-10-01 令和元年第3回予算特別委員会第1分科会-10月01日-04号

◎(船橋総務部次長) 今後の取り組みについてでありますが、道では、これまでも、遊休資産の売却や貸し付けに取り組むとともに、庁内のエレベーターデジタルサイネージを活用した広告事業のほか、スポーツ施設へのネーミングライツの導入など、さまざまな道有財産を活用した歳入確保に取り組んでいるところでございます。  

福井県議会 2019-09-27 2019.09.27 令和元年長期ビジョンに関する特別委員会 本文

先ほど山本文雄委員や仲倉委員が言われるとおり、土地改良を一生懸命やって米をふやすという話をしていたし、特に、お米を一気に乾燥するシステムでは、乾燥調整施設は必要だというようなことで、福井県は、全国で一番のカントリーエレベーターの設立を図って、農家の方にはここで乾燥してほしいというお話をした。日本全国から福井県に視察のバスが訪れた。  

北海道議会 2019-09-27 令和元年第3回予算特別委員会第2分科会−09月27日-02号

そこでまず、管理する道営住宅で、エレベーターが設置されていない高層住宅は道内にどのくらい存在しているのか、それをお聞かせいただきたいと思います。 ○(畠山みのり委員長) 住宅課長高橋信二さん。 ◎(高橋住宅課長) 道営住宅エレベーターの設置状況についてでありますが、道営住宅は、平成30年度末で全道で2万2304戸を管理しているところでございます。

石川県議会 2019-09-26 令和 元年 9月第 4回定例会−09月26日-05号

次に、障害のある人もない人も共に暮らしやすい石川県づくり条例が制定されることで、今後より障害のある方に配慮したインフラ整備を進める必要があるのではないかとただしたところ、これまで土木部が新たに施設を整備するに当たってはバリアフリー条例に基づいて全ての方が使いやすいものとなるよう、エレベーターの設置等の配慮を行ってきたところである。

群馬県議会 2019-09-24 令和 元年 第3回 定例会(暫定版)-09月24日-02号

◎吉野努 農政部長 農業協同組合等が所有・運営しております共同利用乾燥調製施設、ライスセンターやカントリーエレベーターと言っているものですけれども、これらは地域における農業生産にとって非常に重要な施設となっております。ただ、整備後長時間が経過し、老朽化が進んでいる施設も多くなっております。

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日環境農林建設委員会-09月24日-01号

エレベーターもありません。つまり車椅子の方は鱗町交差点を横断できないということになります。離れた横断歩道のあるところまで行かないと渡ることができません。もちろん道路幅がない状況など、いろんなことがあるのはわかっておりますが、今回、条例が通った場合、こういった障害のある方もない方もともに暮らしやすいインフラ整備がどんどん求められることになるかと思います。その点に関して見解をお聞きします。

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日厚生文教委員会-09月24日-01号

あと、エレベーターについては、2階建て以上の学校にということで、特別支援学校は今11校のうち10校で、もう既に後づけも含めましてエレベーターはきちんと整備を順次しているような状況です。  また、特に特別支援学校環境については、現場の声も聞きながら、予算の関係もありますけど、できる限り適切に対応していきたいと思っています。

滋賀県議会 2019-08-09 令和 元年 8月 9日教育・文化スポーツ常任委員会−08月09日-01号

車いすのお客様も5名ほどいらっしゃったのですが、財団職員が付き添い、エレベーターを使って移動しました。避難いただいたメインロビーには、休憩用の椅子を用意して、観客の皆様には定期的に現在の状況をお伝えしていました。  16時50分に、中断した第2幕の途中から公演を再開し、再開時には、山中館長から状況説明と謝罪をいたしました。  

北海道議会 2019-08-07 第31期 令和元年第4回北海道地方路線問題調査特別委員会会議録−08月07日-01号

それから、バリアフリーについても道議会質問させていただきましたけれども、市民署名を集めて一生懸命頑張って、自治体の負担により深川駅にエレベーターをつけるとか、自治体負担が前提でしかバリアフリーが進められないような状況です。  皆さん一生懸命取り組みを求めてきたと言いますけれども、本当に利便性が実感できるような取り組みが実現しているのでしょうか。披瀝してください。

滋賀県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会議(第2号〜第8号)−07月02日-07号

文化スポーツ委員会委員長 田 中 松太郎            ………………………………………………………………………………  議第134号 令和元年度滋賀県一般会計補正予算(第1号)                可決すべきもの   第1条 歳入歳出予算の補正のうち    歳出の部 款11 教育費   第2条 債務負担行為の補正のうち    1 追加 253 高等学校施設整備事業(水口東高等学校エレベーター

長野県議会 2019-07-01 令和 元年 6月定例会県民文化健康福祉委員会-07月01日-01号

やっぱり金額的に、この5億を超えないものですから議案の対象にはなってこないわけですけれども、その内容を御説明いたしますと、まず高圧の受変電設備の改修・更新ですとか、火災報知機の改修、または既存のエレベーターの改修、それからトイレの改修、こういったものも合わせてやるということになりますので、トータルの工事期間としてこの期間を予定しているということでございます。  

滋賀県議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日教育・文化スポーツ常任委員会−06月27日-01号

◎山田 教育総務課長  教育委員会としましては、エレベーターが設置されていない学校に入学が決まりましたら、このような対応をさせていただきたいと考えています。 ◆節木三千代 委員  対象となる生徒が入学されたら、設置されるのですけれど、全ての高校でエレベーターはどのぐらい設置されているのか、状況を教えてください。

滋賀県議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会議(第2号~第8号)-06月25日-06号

令和元年度滋賀県一般会計補正予算(第1号)   第1条 歳入歳出予算の補正のうち    歳出の部 款6 健康医療福祉費         款7 商工観光労働費 〇教育文化スポーツ常任委員会  議第134号 令和元年度滋賀県一般会計補正予算(第1号)   第1条 歳入歳出予算の補正のうち    歳出の部 款11 教育費   第2条 債務負担行為の補正のうち    1 追加 253 高等学校施設整備事業(水口東高等学校エレベーター

石川県議会 2019-06-20 令和 元年 6月20日予算委員会−06月20日-01号

加えまして、省エネの話でございますが、県有施設の省エネの取り組みといたしまして、県庁舎においては空調運転時間の短縮でございますとか、夜間電力を利用した蓄熱、廊下、エントランスホールでの消灯やエレベーター内部の照明のLED化などの節電対策に取り組んでいるところでございます。  今後も引き続きこういった環境負荷の低減につながる取り組みを進めてまいりたいと考えております。

愛媛県議会 2019-06-19 令和元年第364回定例会(第4号 6月19日)

県内の動きを見ると、県はハートビル法の趣旨を踏まえ、1996年に人にやさしいまちづくり条例を制定し、県内の公共建築物を初め、道路公園、民間の宿泊施設などでエレベーターやスロープ、多機能トイレなど、高齢者や障がい者の方々が利用しやすく、安心して外出できるようになる施設の整備を進めています。

茨城県議会 2019-06-17 令和元年保健福祉医療常任委員会  本文 開催日: 2019-06-17

中央病院につきましては,本館エレベーター更新工事や空調設備改修工事等,こども病院につきましては,手術室設備の改修工事に係る繰越金となってございます。  続きまして,右肩に病院局資料2と記載しております県出資団体等改革工程表,病院事業会計の資料をごらん願います。  1ページをお開きください。  平成30年度の主な実績について御説明いたします。  

鹿児島県議会 2019-06-13 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文

二点目は、エレベーターの設置箇所やハートフル対応トイレ─多目的トイレ─の案内板が少なく、初めて利用される方でもわかるような案内板の設置が必要と考えますが、どのように対応するのかお聞かせください。  三点目として、障害者差別解消法を踏まえて、両大会の競技が開催される県内全域の会場における現状と、目標実現に向けた取り組みについてお示しください。  四点目は、各ボランティアの問題です。