2421件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2021-02-12 令和 3年健康福祉常任委員会( 2月12日)

ただできることは、今日申し上げたような、その辺をきちんと、つまり人材をきちんとそろえてシステムをしっかりつくって何かあったときに対応できるようにしておくということを全ての国でできれば、コントロールできないようなレベルに広まってしまう、今インドで起こったようなことが少なくなるだろうと思うし、そういった勧告とか制限とかをきちんと世界中にどうやって共有するかという問題もある。  

愛媛県議会 2021-02-04 令和 3年えひめICT未来創造特別委員会( 2月 4日)

また、去年に、アフリカの若者が来ているのでその人にパソコンを教えてくださいという依頼があって、うちは海外船舶関係の資料を作る仕事もしていて結構英語を使いますので、今、毎週金曜日にインド人の人に来てもらって英会話教室をしているんですけれども、本当に文化の違いを感じます。  

福井県議会 2020-12-14 令和2年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 2020-12-14

そこを解消するために、実はインドとかにIT教育を受けて比較的日本人より安い給料で能力がある方が多い。県内ではそれを試行的に使っておられる企業もあり、インドとかミャンマーとか、そういうIT人材を実際にあっせんする会社もある。そういった会社である程度日本語教育を受けた方を、しかもITのスキルを持った方を県内へ呼んできて、県内企業IT化DX化を進めていきたいということである。

広島県議会 2020-12-04 令和2年12月定例会(第4日) 本文

アフリカインドでは二十センチメートル程度のバッタが大量発生し農作物を食い尽くすなど、世界各地生態系の変化、干ばつ、火災、台風、豪雨洪水等の事象が発生し、食糧、水不足が起きております。また、日本においても、近年、猛暑や集中豪雨などが多発し、広島県においても甚大な災害が頻繁に発生している現状であり、決して対岸の火事ではありません。  

新潟県議会 2020-12-04 12月04日-一般質問-03号

インドで生まれたとされ、アイスランドやカナダなどの国々で、トリックアートを道路の横断歩道に応用した3D横断歩道が話題になり、日本でも交通事故対策の目的のため、立体に見える路面標示、イメージハンプの設置が見られるようになりました。 海外では、白のしま模様の周りを着色して、横断歩道自体立体ブロックに見えるようなものもあると仄聞いたします。 

神奈川県議会 2020-12-02 12月02日-13号

この厚木基地での米軍独自の訓練は、11月5日まで実施された日米共同統合動演習、キーン・ソード21の一環で、米軍インド太平洋地域での中国に対抗する戦略に基づく大規模演習でした。  2018年の相模総合補給廠ミサイル部隊が配備された際、指摘したように、我が国が新たなミサイル防衛システムに組み入れられ、アメリカ太平洋戦略の一翼を担わされるという懸念が、具体化してきたことを憂慮します。  

群馬県議会 2020-12-01 令和 2年 第3回 定例会-12月01日-10号

そして、北米ではハリケーン、また、オーストラリアでは森林火災インド、ミャンマーでは洪水ということで、もう数え上げれば切りがないという状況でございます。IPCCの報告書の中では、温暖化がこのまま進んでいくと、こういった気象災害は今後ますます増えていくだろう、こういう指摘をされているわけであります。

茨城県議会 2020-12-01 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2020-12-01

ことし2020年を振り返りますと,中国・武漢市から広まった感のある新型コロナウイルスは今や世界中に蔓延し,アメリカインド,ブラジルを初め,世界中で6,273万人の感染者,145万人の死者数に達しています。日本開催予定であった2020東京オリンピックパラリンピックは延期を余儀なくされるなど,いまだに人が集まることを制限せざるを得ない状況にあります。国民の生活も経済も大いに疲弊しています。  

青森県議会 2020-11-30 令和2年第304回定例会(第2号)  本文 開催日: 2020-11-30

イギリスとインドは二〇三〇年、フランス、カナダ、スペインは二〇四〇年を期限とするガソリン車ディーゼル車販売停止を表明、世界温室効果ガス排出削減に大きく動き始めています。  環境省は、二〇二〇年版環境白書の中で、政府文書として初めて気候危機という言葉を使い、人類を含む全ての生き物の生存基盤が揺るがされていると警鐘を鳴らしています。  

広島県議会 2020-11-05 2020-11-05 令和2年度決算特別委員会(第8日) 本文

ただ、交通死亡事故ゼロを目指すのであれば、本当に危ない箇所を徹底的に洗って重点的に解消していくことが重要であると同時に、例えば、インドで始まって、フィンランド等トリックアートと呼ばれている、白線が浮き出て見えるような横断歩道を実際導入している国もあって、非常に顕著な効果が出ているという話も伺っております。  

香川県議会 2020-11-04 令和2年11月定例会(第4日) 本文

そのような中、ワシントン大学が本年九月末に発表した推計によりますと、現在の世界GDP順位は、一位アメリカ、二位中国、三位日本で、二〇五〇年には、一位中国、二位アメリカ、三位インド四位日本となり、そして二一〇〇年には、一位アメリカ、二位中国、三位インド四位日本と予測されています。

山梨県議会 2020-11-01 令和2年11月定例会(第1号) 本文

皆川議員地域の信頼と期待を担い、県議会議員として一歩を踏み出されてからの歳月を振り返りますと、国際社会では、東西冷戦の終結後、新たな国際秩序の構築が進む一方で、民族や宗教観の対立による地域紛争テロ行為などが激化し、世界の平和を揺るがす深刻な脅威が続くほか、中国インドを初めとした新興国の台頭や、情報通信技術の発達などに伴うグローバル化が進んでいます。  

三重県議会 2020-10-02 10月02日-24号

大気汚染が深刻なインドで、数十年ぶりにヒマラヤが見えたそうです。  コロナ禍によって、二酸化炭素排出は1年間で、今年、約8%削減されそうだという計算がなされています。けれども、このような経済活動抑制による削減は、多くの人が望むところではありません。  反対に、今、パリ協定スタートの年なのに国際会議が開催できず、コロナの問題の深刻化によって環境問題の取組は優先順位が下がってしまうのではないか。