15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

兵庫県議会 2000-10-04 平成12年第262回定例会(第5日10月 4日)

本県がこれまで進めてまいりましたイベントポリシーも、各地域のすぐれた魅力を全国的にアピールするということも一つ目的ではありますが、このイベントを通じて、その地域皆さんがみずからの地域のよさに誇りに持ち、あすへ向かって希望を持って努力をしてもらうということがその目的一つであります。

兵庫県議会 1988-09-29 昭和63年第210回定例会(第3日 9月29日)

本県イベントポリシーといたしましては、新しい地域づくりへの住民コンセンサスづくり、そして、それをエネルギーとする新たな地域活性化ということを軸として、今まで展開をしてまいりました。極めて新しい時代を迎える地域振興策として有効な手法であるということを評価いたしているところであります。

兵庫県議会 1988-03-04 昭和63年第207回定例会(第6日 3月 4日)

いずれにいたしましても、兵庫県のイベントポリシーは単なるお祭り騒ぎではなくて、イベントの開催を通じて、地域の将来にとって何が必要か、また、どうあるべきかなど地域未来像について住民の方々の合意形成を図り、地域活性化を図ることを目的といたしておりますので、今後、但馬地域皆さんがいろんな知恵を出し合いまして地域の熱意が盛り上がることを期待いたしたいと思います。

兵庫県議会 1987-12-01 昭和62年第206回定例会(第3日12月 1日)

今後におきましても、イベントポリシーに十分な意を用いてまいりたいと考えておるところであります。また同時に、それぞれの地域が持つ伝統文化基盤の上に、明石海峡大橋あるいは西播磨テクノポリス但馬空港高速道路基幹軸といった新しいプロジェクトを軸にいたしまして、私どもが築いていく新しい文化を花咲かせる努力をしなければなりません。

兵庫県議会 1987-10-01 昭和62年第205回定例会(第4日10月 1日)

ご案内のとおり、兵庫県のイベントポリシーは、いわゆるイベント屋さんが計画をし、それを実行して、お客さんを何人集めたとか、あるいは入場料収入が多かったとか、そのようなことを企図いたしてはおりません。ご質問にもございましたが、地域皆さん方一つのことを契機といたしまして、将来における自分たちのふるさとづくりにどのようなことをなすべきかということに全員参加の形で行う方式をとっておるところでございます。

兵庫県議会 1987-02-23 昭和62年第202回定例会(第5日 2月23日)

一昨年、淡路島全島挙げて催された「くにうみの祭典」によって確立された本県イベントポリシー手法を、私は高く評価しております。イベントポリシーとは、地域を限定して一大祭典計画を推進し、そのための地域整備を進め、祭典に結集した活力を起爆的に、地域振興を図ろうとするものであります。

兵庫県議会 1987-02-19 昭和62年第202回定例会(第3日 2月19日)

本県イベントポリシーといたしまして、従来から、一過性祭典ではなく、その祭典を通じて恒久的に地域活力を生む施策につながるような配意をしてまいりました。今回の「北摂丹波祭典」につきましても、そのようなイベントとして地域で推進されるよう期待し、県としても最大限の支援を行うつもりでございます。  

兵庫県議会 1986-09-16 昭和61年第200回定例会(第2日 9月16日)

知事は、地域自主性を持った企画に積極的に参加、支援していくというイベントポリシーをさきに示されておりますが、イベント地域活性化の柱とするために、やはり県が中心となりまして、まず青写真を描き、21世紀までにどこの地域で、どんなイベントを想定できるのか、もちろん民間活力の導入も予定に組み込みながら、県民の前に提示することが大事ではないかと考えるものであります。

兵庫県議会 1986-03-12 昭和61年度予算特別委員会(第3日 3月12日)

最後に、県のイベントポリシーについてお尋ねしたい。  昨年、くにうみの祭典ユニバーシアード神戸大会など、大成功に終わったのは、大変ご同慶の至りである。これを受けて63年には、いよいよ北摂丹波祭典(仮称)が開催されることになり、関係地域住民の皆様はもとより、県民の関心も一段と高まっている。

兵庫県議会 1986-03-03 昭和61年第197回定例会(第4日 3月 3日)

西播磨地域、今後西播磨テクノポリス構想を中核としまして、全国レベルあるいはむしろ国際的なレベルでの地域整備を進めていくという決意を新たにしておるところでございますが、それを先導するものとしまして、イベントポリシーというのが有効ではないかということにつきましては、ご提案の趣旨、十分理解できるところであります。

兵庫県議会 1986-02-22 昭和61年第197回定例会(第1日 2月22日)

ここで私は、地域、都市の開発と活性化対策としてのイベントポリシーについて申し上げておきたいと存じます。  昨年の「くにうみの祭典」「ユニバーシアード神戸大会」の例にまつまでもなく、イベント地域整備、発展や文化の創造、産業の再活性化に果たした効果は、まことに大きなものがあったと信じます。

兵庫県議会 1985-12-09 昭和60年度決算特別委員会(第7日12月 9日)

生活文化というとらえ方に加えて、地域づくり産業経済活性化のためにイベントポリシーを生かしていくということであり、まさしく昨年の「くにうみの祭典」がそうであったが、特にイベント後の産業経済活性化策についてどう考えていくか。堺屋太一さんなどは、「今までは公共投資波及効果は三、四倍ぐらいあった。

  • 1