11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐賀県議会 2020-02-05 令和2年2月定例会(第5日) 本文

原発事故放射能の影響はアンダーコントロールどころか、増え続ける汚染水の問題、いまだ帰宅することができない帰還困難区域、原発事故の影響は年を重ねるごとに大きくなっています。  福島第一原発事故以降、動いた原発は全国で僅か五つの原子力発電所にとどまり、昨年一年間は新たに再稼働される、そういった原発は一基もありませんでした。

東京都議会 2017-01-26 2017-01-26 平成29年オリンピック・パラリンピック等推進対策特別委員会 本文

しかし、招致の際に、収束していないにもかかわらず福島原発事故アンダーコントロール、オールジャパンで取り組むと世界に発言したのですから、国への必要な措置を求めていくことを要望していただきたいと思います。  九月二十九日の調査報告書には、都内の仮設施設の費用は、都が一千億円から一千五百億円を負担するという案の記載があります。

愛媛県議会 2015-10-06 平成27年エネルギー・危機管理対策特別委員会(10月 6日)

○(石川稔委員) この論議は、やはり福島事故が出発点になるというふうに思うわけで、福島事故をどういうふうに認識するのかによってものの見方、考え方も違ってくるんだろうというふうに思うんですけれども、まず、過去の発言なんですけれども、安倍総理がオリンピックを東京に誘致するためにというプレゼンの中に、福島アンダーコントロール、もうコントロールをしているんだというふうな発言をされたと思いますし、さらには

愛媛県議会 2015-09-17 平成27年第343回定例会(第3号 9月17日)

福島第一原発事故の原因は十分には究明されず、汚染水問題などは、安倍総理の言うアンダーコントロールとは裏腹に、事故の収束もおぼつかない状況にあります。  このような中、あの福島の重大な事故歴史のかなたに追いやるがごとく、原子力規制委員会は、九州電力川内原発1、2号機や関西電力高浜原発3、4号機が新規制基準を満たしていると決定し、九州電力は8月11日に川内原発1号機を再稼働しました。  

北海道議会 2015-07-07 平成27年第2回予算特別委員会第1分科会−07月07日-04号

安倍首相が、東京五輪の誘致演説で、福島原発は、アンダーコントロール、つまり管理下にあると発言し、その後ひっそりと、収束という言葉を使う状況にはないと訂正したものの、政権は、原発再稼働を目指しての動きを続けています。  原子力規制委員会の審査が徐々に進んでおりますけれども、これに伴って課題となっているのは、地元の範囲と安全協定であります。  

石川県議会 2014-09-17 平成26年 9月第 4回定例会−09月17日-03号

汚染水のアンダーコントロール、規制基準の世界最高、これも安倍さんは信じておられるのかもしれませんが、言葉だけだと多くの国民が思っております。ですから、再稼働に賛成は各紙世論調査でも約三〇%、反対はその倍という結果になっているわけであります。  さて、政府が言う世界一厳しい規制基準について知事はどのように捉えておられますか。

千葉県議会 2014-06-08 平成26年6月定例会(第8日目) 本文

残念ながら国や関西電力は聞く耳を持たず、アンダーコントロールできていない福島原発事故への反省も責任もとらず、再び安全神話をつくり出そうとしています。  国のつくったエネルギー基本計画では、原発を重要なベースロード電源として、再稼働、核燃料サイクル政策の推進を国の方向性とし、国土強靱化政策と新成長戦略と連携させようとしております。しかし、今こそ脱原発の再生可能エネルギー社会へと転換すべきときです。

青森県議会 2014-03-07 平成26年第277回定例会(第6号)  本文 開催日: 2014-03-07

オリンピック誘致のために、福島の汚染水はアンダーコントロールと胸を張って国際社会訴えた安倍総理です。そのためにも、まずは福島の汚染水問題を解決しなくてはならないはずです。  昨年十月、私は、県議数名でアメリカ原子力規制委員会通称NRCのウィリアム・マグウッド委員との会談のため、ワシントンDCを訪れました。

鳥取県議会 2013-11-01 平成25年11月定例会(第6号) 本文

これについて、先ほどお話がございましたけれども、1つはテレビを見ていて東京オリンピックの誘致の際にシチュエーションはアンダーコントロールであると、状況は完全に統制下にあるというふうに安倍総理がおっしゃったわけでありますが、余りにも単純明快な言葉と裏腹に本当かなというふうに思った地元の方がおられたというのは何となくわかるような気がいたします。  

  • 1