15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福岡県議会 2018-10-01 平成29年度 決算特別委員会 本文 開催日: 2018-10-01

近年、日本国内各地で目撃や捕獲がされておりますワニやアリゲーターガー、カミツキガメなどの、いわゆる人に危害を加えるおそれのある外国からの外来生物が、日本国内におきましても地球温暖化の影響なのか越冬できるようになっておりまして、東京多摩川ではブラジルアマゾン川に例え、タマゾン川と呼ばれている現状に危機感を抱いているのは私だけではないと思います。  

鹿児島県議会 2013-12-02 2013-12-02 平成25年第4回定例会(第2日目) 本文

また、広大なアマゾン川流域では自然条件が厳しく適した作物がないと言われる中、日本人がジュートとコショウの栽培を開発し大成功をおさめるとともに、現地農家の所得の向上にも大きく貢献したのであります。  そして、このたびの訪問の中で県費留学生との意見交換会を行う機会がありました。

東京都議会 2011-12-12 2011-12-12 平成23年環境・建設委員会 本文

一週間前には、国立環境研究所の報告において、地球環境温暖化の影響により緑豊かな南米アマゾン川の流域が乾燥するおそれがあるといわれております。南米アンデス山脈から大西洋に注ぐ大河でありますが、世界第二位の長さで六千三百キロ日本の倍ぐらいの長さでしょうか。また、河口は三百キロ。どうでしょう、京都あるいは名古屋のちょっと先でしょうか、そのぐらいのキロ数があるわけであります。

鳥取県議会 2007-06-01 平成19年6月定例会(第7号) 本文

世界最大のバイオエタノール生産国であります米国では、中西部のトウモロコシ産地でエタノール生産工場の建設ラッシュであり、またブラジルでは、エタノール燃料輸出が有望であると見込んで、アマゾン川流域のジャングルを切り開いてサトウキビ農地が拡大しています。また、中国でもエネルギー節約と汚染廃棄物の縮減の全国テレビ電話会議で、中国エネルギー環境問題は依然として厳しい。

滋賀県議会 2005-10-05 平成17年 9月定例会(第18号〜第23号)−10月05日-05号

このピラニアは、南米大陸のアマゾン川などで生息し、他の魚や動物を群れをなして襲うどうもうさがあると言われています。もちろん人間にも攻撃してくると言われています。そのピラニアが琵琶湖で発見されましたが、ちまたでは、亜熱帯に生息するため、冬場に水温が摂氏10度を下回る琵琶湖では生きられず、繁殖のおそれはないと、楽観論が出ています。しかし、生き物は置かれた環境適応していこうとする力を持っています。

鳥取県議会 2000-12-01 平成12年12月定例会(第6号) 本文

リオもそうでありますが、当時はブラジル国をかなり広く回ったものですから、例えばアマゾン川の河口のベレンという町までも行きました。余り日系人が多くないところでありますが、しかし、そういうところでも本当に一生懸命人生を切り開いている方に何人もお会いをいたしました。私が参りましたら、会うためにアマゾンの奥の方から2日がかりで出てきたという方もおられました。

埼玉県議会 2000-06-01 08月04日-06号

以前議会の視察でブラジルアマゾン川を訪問する機会を得まして、世界には信じられないような様々な種類の淡水魚あるいは水生哺乳類がいることを確認いたしました。それはピンク色のイルカ、あるいは三メートルナマズなのでございます。このピンク色のイルカは、今でも私にとりましては永遠の恋人と思っておる次第でございます。

群馬県議会 1998-09-30 平成10年  9月 定例会−09月30日-02号

さらに、ブラジルアマゾン川流域に熱帯雨林保全のシンボルとしてのアマゾン群馬の森を設置すべく、小寺知事を会長に、アマゾンに群馬の森をつくる会を結成し、県議会議員全員の賛同のもとに、県民に募金を呼びかけ、ブラジル・ベレン市で活動する在北伯群馬県人会と協力し、エコアジア’96の開催された年の10月、約540ヘクタールアマゾン群馬の森を購入し、登記も完了したと伺っております。

千葉県議会 1997-09-06 平成9年9月定例会(第6日目) 本文

そうした観点からも、かずさDNA研究所を擁する本県としても、アマゾン川の流域にあるパラー州との交流で新たな可能性が見出せるかもしれません。  そこで質問いたしますが、県としては姉妹県州関係にあるパラー州を初め、ブラジルとの友好関係を今後どのように発展させていくお考えなのか、御所見を伺います。  次に、旅券発給事務についてお伺いします。  

東京都議会 1991-09-12 1991-09-12 平成3年_第3回定例会(第15号) 本文

また、日本の高度の造船技術の例として、十二年前、昭和五十四年、日本のドックで、長さ二百三十メートル、幅四十五メートルの台船上にパルプ工場を建造したものと、長さ二百二十メートル、幅四十五メートルの台船の上に動力工場を建造した二つの巨大な台船を、遠くアマゾン川流域へ曳航して設置したプラントの例もあります。  

愛知県議会 1990-06-01 平成2年6月定例会(第4号) 本文

アマゾン川の河口部で、地形や潮差によって起きる大逆流ポロロッカと言うのだそうですが、まさに日本出稼ぎポロロッカと指摘さえされています。  ここにはブラジル国籍の二世、三世に対し、入管法の運用を特別な事情を考慮して緩和し、三年以内なら単純労働を認めるといったことがその背景の一つにあると思われます。

北海道議会 1973-10-16 昭和48年第3回予算特別委員会第1分科会−10月16日-05号

ただ、安全性の問題であとで申し上げますということで私残しておりましたので申し上げますが、あなたはいろいろとコーラル・プリンセスをお調べになったようでありますが、実は局長、このコーラル・プリンセスはアマゾン川の川船だったわけです。したがってこれを改良したものなんです。

  • 1