846件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2021-03-11 03月11日-08号

こうした需要拡大状況に対応して、企業設備投資を進めていく上で、立地企業周辺環境が大事であり、特にインフラとしてのアクセス流通環境円滑化が、企業にとって最重要課題ではないでしょうか。 半導体産業が集積する菊池地域においては、主要幹線道路の慢性的な渋滞が続いており、流通及び通勤環境阻害要因になっているため、地方議会でもこの渋滞対策が度々取り上げられ、陳情もなされてきました。

東京都議会 2021-02-24 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

これらの構想路線は、都心部と開発が進む臨海地域や品川とのアクセス向上させる極めて重要なものです。  コロナ禍を乗り越えた先の将来を見据え、東京社会経済活動の基盤となる構想路線具体化を加速すべきですが、知事見解を伺います。  あわせて、都心部臨海地域を結ぶ鉄道構想については、将来の中央防波堤の活用を見据え、羽田空港まで結ぶ鉄道構想検討するよう要望しておきます。  

神奈川県議会 2020-12-02 12月02日-13号

また、大きな打撃を受けた観光業の持続的な振興を図るためには、観光地へのアクセス向上させる道路整備も必要であります。  新型コロナウイルス感染症感染拡大は、これまでの人の行動や社会経済に大きな変化をもたらしております。今後の道路整備に当たっては、ポストコロナを見据え、引き続き、経済のエンジンを回すために、物流観光の視点も重要であります。  そこで、知事に伺います。  

茨城県議会 2020-12-02 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 開催日: 2020-12-02

茨城空港アクセス道路は,常磐道石岡小美玉スマートインターチェンジ茨城空港をほぼ直線で結ぶ延長約12.6キロメートルの幹線道路であり,常磐道茨城空港とのアクセス向上により,茨城空港利用促進地域振興活性化を図るとともに,災害時には,防災拠点である茨城空港への物流機能強化効果も期待されております。  

茨城県議会 2020-12-01 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2020-12-01

石岡小美玉スマートインターチェンジ茨城空港を結ぶアクセス道路が来年度に全面供用開始される見込みでありますが,茨城空港国道6号のアクセスが格段に向上する半面,国道6号の交通量がさらに多くなるのは確実であり,渋滞がさらに悪化するのではないかと思います。  そこで,国道号小美玉市区間の4車線化に向けた進捗状況について,土木部長にお伺いをいたします。  

東京都議会 2020-11-26 2020-11-26 令和2年公営企業委員会 本文

取り組みの説明については、長い文章で、文字による説明が多くて、これ、ウエブサイトの構成として、このつくり方の問題として、本当に都民が知りたい情報へのアクセスということを考えると、ちょっとサービス精神が足りないんじゃないか、アクセスが悪いんじゃないかというふうに感じています。  

香川県議会 2020-11-02 令和2年11月定例会(第2日) 本文

高松西インターチェンジ高松空港を結ぶ空港連絡道路は、高速交通体系整備効果を生かした高松空港へのアクセスを画期的に向上させることで、空港利用圏域を大幅に広げ、空港拠点性を高めるとともに、並行する国道百九十三号などの既存道路交通を分散させることにより交通円滑化を図るという観点からも、大変重要な道路であります。  

佐賀県議会 2020-11-02 令和2年新幹線問題対策等特別委員会 本文 開催日:2020年11月02日

また、本州方面から佐賀、武雄、嬉野の時間短縮効果、直通化することによって観光地へのアクセス向上による交流人口拡大ということが期待できるというふうに思っております。この佐賀の大きなポテンシャルを生かしていくためにどういうことができるか。そのためには武雄温泉、嬉野温泉佐賀もそうですけど、重要なポジションになるんじゃないかなと思っております。  

富山県議会 2020-11-01 令和2年11月予算特別委員会

北アルプス横断道路は、北アルプスの下をトンネル等富山県と長野県を結ぶ道路構想で、実現すれば富山長野間の所要時間に短縮効果があることから、長野だけではなく、首都圏とのアクセス向上する。また、今、委員がおっしゃったように、伏木富山港の優位性を生かした物流活性化広域観光振興などに大きく寄与する、将来の富山県の飛躍につながる夢のある構想であると承知をしております。  

群馬県議会 2020-09-30 令和 2年 第3回 定例会-09月30日-04号

本県は、豊かな自然環境に恵まれますとともに、東京へのアクセスが高いことから、テレワークで仕事をしながら、必要なときには東京圏への通勤も行える地域でございます。ゆとりある生活空間を志向する東京圏の人々にとって、希望のライフスタイルを叶えることができる移住先として最適であり、現在、多くの移住相談をいただいているところでございます。  

栃木県議会 2020-09-25 令和 2年度栃木県議会第367回通常会議−09月25日-03号

県内各地でいろいろ特徴がございまして課題も異なっておりますけれども、例えば県南地域のように、議員のご指摘のように、東京圏との近接性、それからアクセスを最大限に生かした施策が取り組まれているところでございます。新型コロナウイルスの影響もありまして、地方への志向の高まりも見られる今日でございます。

佐賀県議会 2020-09-24 令和2年地域交流・県土整備常任委員会 本文 開催日:2020年09月24日

44 ◯中村委員=御答弁のように、スマートインターチェンジには、高速道路利便性向上だけでなく、交通渋滞の解消や地域活性化災害拠点へのアクセス向上など、様々な効果が期待されていると私も認識しているところでございますが、県内スマートインターチェンジ設置状況はどのようになっているのか、御答弁をお願い申し上げます。

千葉県議会 2020-09-07 令和2年9月定例会(第7日目) 本文

長生グリーンラインは、茂原台田地先県道茂原大多喜線と接続され、茂原大多喜線を利用することで茂原中心部グリーンラインとのアクセスが大きく向上します。その一方で、茂原大多喜線交通量が増加するのではないかと懸念しています。茂原大多喜線は、現在も朝夕の通勤時間帯においては、交差点を起点とした渋滞が発生しております。

愛知県議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第5号) 本文

その際、知事は、国道百五十一号の一宮バイパス太和金バイパス等整備は喫緊の課題であり、それらを着実に推進するとともに、港湾の物流機能強化のため、新たに三河港から豊川インターチェンジまでのアクセス向上させる検討にも取り組む、また、県道東三河環状線整備を一層推進するとともに、ボトルネックとなっております姫街道踏切につきましては、立体交差早期事業化に向けて引き続き検討を進める旨御答弁されました。