運営者 Bitlet 姉妹サービス
59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 福井県議会 2018.12.05 平成30年第404回定例会(第3号 一般質問) 本文 福井県では、敦賀港に大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が3度、ほかにも「飛鳥II」や「ぱしふぃっくびいなす」も何度か入港いたしましたが、海外からの乗船客の受け入れについて体制が十分整っていない状況と考えます。乗船客の多くがバスで県内の観光地を訪れたり、市内の観光も楽しまれたりと好評であったと伺います。しかし、岸壁に戻ってくる乗船客の手にはお土産が少ないように感じたところでございます。 もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第4日目) 本文 館山港多目的桟橋は房総地域の観光振興のかなめとして整備され、マイナス7.5メートル岸壁では、「にっぽん丸」や「ぱしふぃっくびいなす」等のクルーズ船や東京と大島を結ぶ高速ジェット船のほか、官公庁船や海洋実習船などが利用しています。地元の商業や観光サービス業では、プレジャーボートなどの船舶利用者の来訪を新たなビジネスチャンスと捉え、小型船係留施設の整備に大きな期待を寄せてきたところです。 もっと読む
2018-06-27 福井県議会 2018.06.27 平成30年第402回定例会(第3号 一般質問) 本文 敦賀港は関西や中京圏からのアクセスのよさから、これまで国内船の「ぱしふぃっくびいなす」や「飛鳥II」といったクルーズ船が寄港していました。ただ、乗客がおりて観光する寄港型クルーズの実績はほとんどなく、さらに大型外国クルーズ客船の入港も昨年9月2日の「ダイヤモンド・プリンセス」が初めてでありました。 もっと読む
2018-03-08 茨城県議会 平成30年第1回定例会(第6号) 本文 開催日:2018.03.08 来年度は,これらの継続的な寄港に加え,国内で最新のクルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」が9年ぶりに茨城港に寄港する見込みとなっております。   もっと読む
2017-12-12 鹿児島県議会 2017-12-12 平成29年企画観光建設委員会 本文 99 ◯日高委員 状況説明が出ているわけですが、平成十年には「ぱしふぃっくびいなす」やいろいろなクルーズ船が来ていたようでございますが、平成二十七年以降は来ていないという状況であります。 もっと読む
2017-12-04 三重県議会 平成29年定例会-12月04日−28号 飛鳥Ⅱ、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなす、これは日本の船でありまして、コスタネオロマンチカ、これはイタリアの客船であります。これはダイヤモンド・プリンセス、大きな客船でありまして、実際にこのダイヤモンド・プリンセスもこの四日市港にも、そしてまた鳥羽港にも来ていただくということでございます。  ちなみに、この四日市港クルーズファンクラブというのが創設をされまして、今ここの下にございます。 もっと読む
2017-11-01 香川県議会 平成29年[11月定例会]経済委員会[商工労働部、交流推進部] 本文 大会当日には、クルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」が来航して、海の上から花火を観覧していただくとともに、4月7日、8日には、瀬戸大橋記念公園においてキックオフイベントなどを開催したいと考えており、今定例会に、その準備のため、債務負担行為の設定に係る議案を提案しているところです。   もっと読む
2017-09-01 富山県議会 平成29年9月定例会 一般質問 また、富山新港では現在、海王岸壁につきまして2万トン級のクルーズ客船が接岸可能となっておりまして、これまでに「ぱしふぃっくびいなす」、あるいは「にっぽん丸」などの2万トン級の客船が延べ18隻寄港しております。   もっと読む
2017-06-30 山口県議会 平成 29年 6月定例会-06月30日−06号 中でも七月のにっぽん丸のあるかぽーと寄港、また八月の海峡花火大会に合わせたぱしふぃっくびいなす、にっぽん丸同時寄港などでは、地域の方々も一緒になって大いに盛り上がりました。 もっと読む
2017-06-08 福岡県議会 平成29年6月定例会(第8日) 本文 現在、国内クルーズ船といたしましては、商船三井の「にっぽん丸」、日本クルーズ客船の「ぱしふぃっくびいなす」、そして郵船クルーズの「飛鳥II」の三隻がございます。日本各地のさまざまなルートでこれらが運航され、県内では、博多港、北九州港を寄港地とする旅行商品が年二十回程度催行されているところでございます。 もっと読む
2017-04-13 香川県議会 平成29年[閉会中]交流促進特別委員会[交流推進部] 本文 開催日:2017年04月13日 ことしについては、外国船では、フランスの運航会社の「ロストラル」が初寄港の予定であるとともに、日本船では5年ぶりに「ぱしふぃっくびいなす」が寄港するなど、現時点で昨年を上回る10回の寄港が見込まれているところです。  2点目の誘致の取り組みについてです。 もっと読む
2017-03-15 鹿児島県議会 2017-03-15 平成29年企画建設委員会 本文 これまで「ぱしふぃっくびいなす」など三万トン級のクルーズ船や大阪・上海を結ぶ「蘇州号」の寄港があったところでございます。しかしながら、平成二十七年以降クルーズ船の寄港実績がなくなりましたことから、ポートセールスの機会を捉まえまして、地元と連携を図りながらクルーズ船の誘致に努めているところでございます。   もっと読む
2017-03-09 福井県議会 2017.03.09 平成29年予算決算特別委員会 本文 そこで、このクルーズ船の誘致については、「ぱしふぃっくびいなす」や「にっぽん丸」のような、日本人も多く乗り込み、2万トンクラスのクルーズ船誘致を提案したいと思う。本港地区は──金ヶ崎C、D岸壁、このあたりになるけれども──過去に「ぱしふぃっくびいなす」が接岸している。 もっと読む
2016-12-20 長崎県議会 平成28年  観光振興等対策特別委員会-12月20日−06号 それともう一点、五島市に客船が寄港したという、「ぱしふぃっくびいなす号」の今後の予定とか、例えば、今までの間にまた来たであったり、今後また来ますという予定がありますならば、教えていただければと思います。 ◎浦観光振興課長 離島へのクルーズ客船の入港ですけれども、平成28年の実績、予定で申し上げますと、五島市には、全て国内のクルーズ船ですけれども、4回入港しております。 もっと読む
2016-12-01 和歌山県議会 平成28年12月 和歌山県議会定例会会議録 第5号(全文) 近年、新宮港には、材木やチップなどを運搬する船以外にも、5万トンクラスの国内最大豪華客船・飛鳥Uを初め、ぱしふぃっくびいなす、にっぽん丸といった国内全てのクルーズ船が入港するほか、フランスのロストラルやバハマのマンション型豪華客船ザ・ワールドなど、外国豪華客船も入港するようになってまいりました。   もっと読む
2016-11-30 大阪府議会 平成28年度会計決算特別委員会-11月30日−05号 ぱしふぃっくびいなす号ですか、期待をしております。  来年十月の寄港というのは、とても大切な機会ですよね、初めて来るんで。第二、第三のクルーズ船を誘致するためにも、来年の十月、ぜひとも成功させないといけません。ぱしふぃっくびいなす号には、もう一度リピーターとして堺泉北港に寄港していただかないといけませんし、非常に大切な機会だと思っております。 もっと読む
2016-10-20 秋田県議会 平成28年 第2回定例会《10月議会》 決算特別委員会 第4日 9月11日に「ぱしふぃっくびいなす」という船を、夜の打ち上げ花火でお見送りをしたということに関しましては、直接船から評価するお声を頂きました。「ぱしふぃっくびいなす」でも花火を焦点に当てたクルーズの取組というものもほかにもやっているのですけれども、それよりもむしろ今回の能代の見送りというのが非常に評価が高かったと、クルーの皆様方の中でも「一番だったのではないか」というような御評価を頂きました。   もっと読む
2016-09-08 長崎県議会 平成28年  観光振興等対策特別委員会-09月08日−04号 経過といたしまして、平成26年3月から4月にかけまして福江港に入港実績のある「ぱしふぃっくびいなす」を有する日本クルーズ客船と、地元食材の船への提供に関する協議を実施してまいりました。  先方の考え方といたしましては、基本的に地元の食材を船内のレストラン等で提供、活用することは、お客様の満足度を高める上で非常に寄与できるということで前向きな意向を持っておられます。   もっと読む
2016-03-16 石川県議会 平成28年 3月16日予算委員会-03月16日-01号 この岸壁を完成させたことで岸壁が130メーターから220メーターに延伸されたということで、これまで接岸できなかった日本丸、それからぱしふぃっくびいなす等の客船のほか、貨物船などが利用されております。また、利用者の方からは「きれいな埠頭で充実した歓送迎が開催されている」とか「埠頭用地での貨物の積みおろし、運搬が容易になり作業効率が向上した」などの評価をいただいております。 もっと読む
2016-02-29 福井県議会 2016.02.29 平成28年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 ◯企業誘致課長  福井港には、「にっぽん丸」、「ぱしふぃっくびいなす」は入る。しかし、昔入っていた「飛鳥II」は、今は入れない状況である。あそこはしゅんせつをしないと砂がたまってしまうので、深さが足りなくなっているという状況である。 ◯斉藤副分科会長  それは、これからの客船誘致においては非常にデメリットである。 もっと読む