ツイート シェア
  1. 兵庫県議会 2020-03-24
    令和 2年建設常任委員会( 3月24日)


    取得元: 兵庫県議会公式サイト
    最終取得日: 2020-04-30
    令和 2年建設常任委員会( 3月24日)           ┌────────────────────────┐           │ 建設常任委員会                │           └────────────────────────┘   開会の日時 令和2年3月24日(火)       午前10時28分開会       午前10時43分閉会 場   所 第6委員会室 議   題 (県土整備部関係)       1 付託議案審査 出 席 者 委員長   北  口  寛  人    副委員長   天  野  文  夫       委員    北  上  あきひと    委員     き  だ     結       委員    和  田  有 一 朗    委員     石  川  憲  幸       委員    北  川  泰  寿    委員     あ し だ  賀 津 美       委員    徳  安  淳  子    委員     上  野  英  一       委員    村  岡  真 夕 子    委員     五  島  壮 一 郎 説明のため出席した者の職氏名       技監       伊 藤 仁 志    公営企業管理者   片 山 安 孝       県土整備部長   濱   浩 二    企業次長     大 谷 俊 洋       まちづくり部長  出野上   聡    企業次長     寺 谷   毅
          県土企画局長   廣 田 俊 彦    企業総務課長   種 池   寛       土木局長     服 部 洋 平       県土整備部県土安全参事                高 谷 和 彦       まちづくり局長  佐 藤 将 年       住宅建築局長   西 谷 一 盛       県土整備部住宅参事                山 下 孝 文       県土整備部総務課長                釜 江 義 明             その他関係課室長、参事 会議の概要  開   会(午前10時28分) ○(県土整備部関係) ○(1 付託議案審査)   令和元年度関係     第166号議案 令和元年度兵庫県一般会計補正予算(第6号)中              第2表 関係部分     第167号議案 令和元年度兵庫県港湾整備事業特別会計補正予算(第2号)     第168号議案 令和元年度兵庫県住宅事業特別会計補正予算(第3号)  以上3件を一括議題とし、県土整備部総務課長の説明を聴取した後、質疑並びに意見の開陳を行った。          (主      な      発      言) ○(きだ 結委員)  第166号議案についてである。コロナウイルス感染症対策として、施工中の公共事業の一時中止措置等がとられている。公共事業道路橋りょう新設改良事業、国道178号浜坂道路Ⅱ期トンネル設計業務は、受注者の出社禁止方針により最終打ち合わせを実施できないため、履行期間を延長するとのことで、もう少し詳しく教えてほしい。また、他に、コロナウイルス感染症に関連して資材、人の問題などで繰越になった事業はあるのか。 ○技術企画課長(多田欣也)  今回のコロナウイルスの関係で、コンサル担当の会社自身が会社全体として出社を見合わせることを決定し、それに基づく一時停止希望されており、我々もそのような対応をとった。全体で13件ある。 ○(きだ 結委員)  2月27日付国交省通知で、感染拡大防止のために工期の延長を認めたり、必要に応じて請負金額もしくは業務委託料を変更するなど、適切に対応することとされている。4月以降の資材や感染拡大の終息が見えない状況の中で、受注した企業にデメリットが生じないように気を付けてもらいたい。次の見通しについてはどうか。 ○技術企画課長(多田欣也)  一時停止を19日までかけていた業者にヒアリングする中では、工期延長の希望はでていない。資材についてもいろいろな業界団体ヒアリングしているが、今のところコロナウイルスの関係による資材不足で工期を延長するなどの話は聞いていない。以降、またそのような話が出てきたら丁寧に対応していきたい。 ○(きだ 結委員)  議案に対する意見表明をする。第168号議案について、建替そのものに反対していないが、今回の山本住宅など、戸数の集約、削減ということもある計画の繰越ということで賛同できない。 ○(徳安淳子委員)  県単独道路緊急自然災害防止対策事業について、内容は県道本郷東浜谷線、丹波篠山の12箇所分であるが、計画や設計業務で日時を要したことにより15億円繰り越し、その進捗率は0%となっている。緊急であれば、少し前に進めるべきものではないかと思うが、他にも緊急というところで進捗率が2、3割のところもある。その点、優先順位の付け方など教えてほしい。 ○道路保全課長(山田 弘)  当該事業は補正予算で15億円付いており、全て繰り越すが、補正で付いたので工事を発注する時間がなかった。新年度に速やかに対応したい。 ○(審査結果)  以上で質疑並びに意見の開陳を終局し、直ちに表決の結果、第168号議案については賛成多数で、第166号議案中関係部分及び第167号議案の2件については賛成全員で、いずれも原案のとおり可決すべきものと決した。  なお、委員長報告については文書で行うことに決した。  閉   会(午前10時43分)...