ツイート シェア
  1. 福井県議会 2019-03-06
    2019.03.06 平成31年議会運営委員会 本文


    取得元: 福井県議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-15
    ◯山岸委員長  ただいまから議会運営委員会を開会する。  本日の傍聴人はいない。  それでは、お手元に配付してある会議次第の順序に従って協議を進める。  まず、議題1「本日の本会議の運営について」、及び議題2「付託案件の取扱いについて」、議題第3「特別委員会の調査結果の報告について」を、あわせて議題とする。  事務局の説明を求める。 ◯議事調査課参事  まず、本日の本会議の運営についてであるが、本日の開議時間は午後2時となっている。議事日程については、資料1ページ、2ページ、資料No.1の議事日程案をごらん願う。  まず、開議宣告の後、書記から諸般の報告を行う。その主な内容は、意見書案、決議案の提出、例月現金出納検査の結果報告等である。  次に、議題2の付託案件の取扱いについてである。まず、議事日程案のうち、日程第1から日程第70までを一括して議題とし、委員長報告を行う。  委員長報告は、総務教育厚生産業土木警察の各常任委員会及び予算決算特別委員会の順に、口頭により行う。  次に、委員長報告に対する質疑であるが、通告者はないのでないものとして質疑を終結し、討論に入る。討論については、佐藤議員から「委員長報告に対し反対」の発言通告書が提出されている。討論の後、採決に入る。採決は、各会派からの賛否の意思表示に基づき行う。  まず、議案63件の採決については2回に分けて行う。1回目は、日程第1第1号議案から日程第9第122号議案までの9件を一括して。2回目は、日程第10第2号議案から日程第63第124号議案までの54件を一括して、いずれも起立により行う。  次に、請願7件の採決であるが、4回に分けて行う。  まず、1回目は、日程第64請願第38号の1件、2回目は、日程第65請願第37号の1件、3回目は、日程第66請願第35号、日程第67請願第36号の2件を一括して、いずれも起立により行う。続いて4回目は、日程第68請願第39-1号から日程第70請願第40号までの3件を、一括して簡易採決により行う。  次に、議題3の特別委員会の調査結果の報告である。  今定例会中に開催された予算決算特別委員会中間報告を、日程第71として議題とし、書面にて報告するものである。  その後、議事日程に記載のとおり、意見書案、決議案を議題とする。これらの案件については、この後の議題で取り扱いを協議願う。  すべての議事が終了した後、開会日の当委員会で説明したとおり、先例により、勇退される議員のあいさつ、続いて、議長閉会のあいさつがあり閉会となる。  以上である。
    ◯山岸委員長  ここで、議長から発言の申し出があるので、発言願う。 ◯山本(文)議長  私から、勇退議員のあいさつについて申し上げる。  今回、野田議員、山本正雄議員中川議員、松井議員、糀谷議員の5名の方より、今議会をもって県議会議員を勇退するため、本日の本会議においてあいさつを行いたい旨の申出があったので、全員の方にあいさつを許可したいと考えている。  協議をお願いする。 ◯山岸委員長  ただいま、議長より、今回勇退される5名の議員全員からあいさつの申し出があり許可したいということである。前回、平成27年においても、勇退される4名の議員全員にあいさつをしていただいているので、今回も全員の方にあいさつをしていただくということでよろしいか。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯山岸委員長  特に意見等もないようであるので、そのようにする。  それでは、本日の本会議の議事終了後の流れを、ただいまの件を含めて、事務局の説明を求める。 ◯議事調査課参事  まず、議事全部を終了した後に、勇退される5名の議員にあいさつを行っていただく。その際、5名の議員は前に出て並んでいただき、お一人ずつ、順に登壇してあいさつをしていただく。順番は、野田議員、山本正雄議員中川議員、松井議員、糀谷議員の順とする。  その際、議場に椅子を設置させていただくので、了承願う。  全員のあいさつが終わったら席にお戻りいただく。  あいさつ終了後、議長から、今定例会閉会及び18次民主議会の終わりに際してのあいさつがあり、閉会となる。  閉会宣告の後、副議長の要請を受け、議長の発声により万歳三唱が行われる。  なお、万歳三唱に際しては、撮影等のため、職員及び報道機関を議場内へ入場させていただくので、了承願う。  以上である。 ◯山岸委員長  ただいまの説明について意見、質問等があれば発言願う。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯山岸委員長  特に意見等もないようであるので、ただいまの説明のとおりとする。  次に、議題4「意見書案の提出について」を議題とする。  事務局の説明を求める。 ◯議事調査課参事  資料3ページ、資料No.2をごらん願う。  発議第44号「障害者・難病患者雇用拡充と雇用環境整備を求める意見書(案)」である。この意見書案は、2月26日の産業常任委員会において、全会一致で採択された請願に基づくものであり、会議規則第14条第2項及び申合せの規定に基づき、産業常任委員会委員長名で議長あてに提出されたものであり、日程第72発議第44号として、このまま本会議に提出することとしてはいかがかと考える。  以上である。 ◯山岸委員長  ただいまの説明について質問等があれば発言願う。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯山岸委員長  特に発言もないようであるので、委員の了承をいただけるかどうかをお諮りする。  発議第44号「障害者・難病患者雇用拡充と雇用環境整備を求める意見書(案)」については、このまま、産業常任委員会委員長名により本会議に提出することとしてよろしいか。       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯山岸委員長  異議がないようであるので、そのようにする。  それでは、意見書案の本会議での取り扱いについて、事務局の説明を求める。 ◯議事調査課参事  この意見書案については、本会議における提案理由説明を省略し、会議規則の規定により委員会付託は行わず、質疑、討論があれば行い、起立により採決してはいかがかと考える。  なお、意見書案に対する質疑、討論の通告は、当委員会終了後、速やかに提出願う。  以上である。 ◯山岸委員長  ただいまの説明について意見等があれば発言願う。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯山岸委員長  特に発言もないようであるので、ただいまの説明のとおりとする。  次に、議題5「決議案の提出について」を議題とする。  事務局の説明を求める。 ◯議事調査課参事  資料4ページ、資料No.3をごらん願う。  発議第45号「天皇陛下御即位三十年に関する賀詞奉呈決議(案)」である。この決議案については、会議規則第14条第1項の規定により、本日付けで、議長あてに提出されたものである。  提出者は、県会自民党の斉藤議員、賛成者は、自民党新生会の山岸議員、民主・みらいの糀谷議員自由民主党の笹岡議員公明党の西本恵一議員希望ふくいの井ノ部議員無所属の中井議員、細川議員の7名である。  この決議案については、日程第73発議第45号として、このまま本会議に提出することとしてはいかがかと考える。  以上である。 ◯山岸委員長  それでは、この決議案について、提出者から説明を求める。 ◯田中(宏)委員  決議案について説明する。  今回の天皇陛下の御即位30年に当たり、福井県議会として祝意を表し、これを奉呈したいと考え、決議案として提出した。  委員の皆様には御理解をいただき、賛同をよろしくお願いする。 ◯山岸委員長  ただいまの説明について、質問等があれば発言願う。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯佐藤議員  国会でも、この決議がやられているが、国民主権の立場に照らせば皇室の御繁栄をお祈りするという文言が入っているので、私としては賛成できない。  ただ、県議会決議ということでもあるので、採決時には退席させていただきたい。 ◯山岸委員長  それでは、ほかに発言等もないようであるので、委員の了承をいただけるかをお諮りする。  発議第45号「天皇陛下御即位三十年に関する賀詞奉呈決議(案)」を、このまま、本会議に提出してよろしいか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯山岸委員長  本決議案については、このまま本会議に提出することとする。  それでは、この決議案の本会議での取り扱いについて、事務局の説明を求める。 ◯議事調査課参事  この決議案については、本会議における提案理由説明を省略し、先例により委員会付託は行わず、質疑、討論があれば行い、起立により採決してはいかがかと考える。  なお、決議案に対する質疑、討論の通告は、当委員会終了後、速やかに提出願う。  以上である。 ◯山岸委員長  ただいまの説明について質問等があれば発言願う。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯山岸委員長  特に発言もないようであるので、ただいまの説明のとおりとする。  次に、議題6「福井県議会傍聴規則の改正について」を議題とする。  事務局の説明を求める。 ◯議事調査課参事  資料5ページ、資料No.4をごらん願う。  福井県議会傍聴規則の改正案である。  今回の改正は、今年5月1日の天皇の即位に伴い、元号が改められることにより、傍聴券の様式を案のとおり改正するものである。  傍聴規則第17条に基づく様式第4号委員会傍聴券の「平成」を削除するものである。  当委員会で了承いただければ、公布の日から施行を予定している。  なお、この改元に伴う議会関係の規定等の改正は、今回の傍聴規則のみとなっている。  以上である。 ◯山岸委員長  ただいまの説明について質問等があれば発言願う。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯山岸委員長  特に発言もないようであるので、ただいまの説明のとおりとする。  次に、議題7「その他」である。事務局より報告事項があるので報告願う。 ◯議事調査課参事  1点、報告する。  中川議員より、本日の本会議において、身体の都合により杖を使用したい旨申し出があり、これを議長許可しているので報告する。  以上である。 ◯山岸委員長  続いて、私から1点申し上げる。  本来であれば、次回の会期案をお示しするのであるが、今回は、改選年ということであるので、次回開かれる予定の臨時会については、改選後の世話人会において決定されることとなる。  しかし、ことしはゴールデンウィークが10連休となり、議員の任期の開始日(4月30日)が祝日となることから、臨時会の開催日について、現時点での予定をお示ししたい。臨時会を5月16日、これにあわせて、1回目の世話人会を連休明けの5月7日で調整している。  正式には、改選後に決定していただくことで了承願う。  他に何かあれば発言願う。       〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯山岸委員長  特に発言もないようであるので、議事はこれで終了する。  委員会記録の作成については、委員会条例第27条の規定により私に一任願う。  以上で、議会運営委員会閉会する。                               〜以  上〜                         議会運営委員会                            委員長  山岸 猛夫...