15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

富士河口湖町議会 2017-03-15 平成29年  3月 予算特別委員会-03月15日−05号

◆渡辺[美]委員 供用開始区域内で、まだが行っていない。 ◎渡辺環境課長 それは認可区域内ということで。 ◆渡辺[美]委員 そうそう。 ◎渡辺環境課長 それにつきましては、以前から議会でもたびたび、補助金を単独でというような意見もありましたけれども、その後、下水道が通って、そうすると補助金の該当になるわけですね。

甲府市議会 2015-09-25 平成26年度決算審査特別委員会-1 本文 2015.09.25

◯山田委員 これは要望にしておきますね、環境部にも絡むんで、浄化槽の点検というものと、それから、やはり雨水対策とか、その辺のことをしっかりしていただきたいという気持ちで言ったんですね。例えば、積翠寺、武田神社の裏のほうは下水道渠ができていないと。流れる水なんか泡が立っているんですよね。家庭の雑排水なんかが流れているので、立派な観光施設なのに、こういうことだとちょっと厳しいかなと。

富士河口湖町議会 2015-09-25 平成27年  9月 決算特別委員会-09月25日−03号

節15工事請負費の支出済額1,827万6,840円は、大雪被害によるバイオセンターメタン発酵プラント液肥貯留槽屋根張りかえ工事820万8,000円、同じくメタン発酵プラント一次発酵槽修繕工事833万7,600円、二次発酵槽外壁修繕工事44万9,280円、メタン発酵プラントレベルセンサー交換工事128万1,960円です。  節16原材料費1万8,900円は、試作品のソーセージ用鹿肉の購入費です。  

甲府市議会 2015-09-14 平成27年環境水道委員会 本文 2015.09.14

陥没が発生した排水渠が水処理施設において発生する汚泥の脱水に伴って分離される水の排水であることから、補修のために汚泥の脱水を一時的に停止し、その間に発生する汚泥については、各施設の余裕率を勘案してそれぞれの施設内に一時的に貯留することといたしました。  なお、このことは水処理施設の運転に大きな負荷を加えるものではなく、放流水の水質は従前と同様に保持されることになります。  

甲府市議会 2015-09-11 平成27年経済建設委員会 本文 2015.09.11

判断の中では橋とか大きいものに限られると思うんですけれども、今後、下水も含めて水道等の道路陥没等もところどころである可能性もあると思いますので、全市的に見るというのはなかなか難しい状況もあるかと思うんですけれども、ぜひなるべく網を張り巡らして判断できるようにしていただければと思います。  済みません、もう1点だけ。

山梨市議会 2013-12-16 平成25年 12月 定例会-12月16日−02号

、ある面では庁舎内の1室に9面マルチディスプレイと6面の独立ディスプレイに、国・県、民間事業者CATVの映像カメラ、市内各地の定点カメラの映像、GPS付携帯電話による現場写真、気象情報等を映し出し、さまざまな情報を対策本部で同時に共有でき、的確で迅速な判断と意思決定ができる災害対策本部の常設、また、平時は市民の憩いの場の公園として、災害時は100トンの飲料水用の循環水式貯水槽、60トンのトイレ用の雨水貯留施設

上野原市議会 2012-09-28 平成24年  9月 定例会(第3回)-09月28日−04号

議案第73号、上野原市税条例の一部を改正する条例制定については、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律が施行され、地域決定型地方税制特例措置が導入されることに伴い、雨水貯留浸透施設及び下水道除害施設に対する固定資産税の課税標準の特例を設けるものであります。  

甲府市議会 2008-03-19 平成20年予算特別委員会 本文 2008.03.19

中区配水池の給水対策ということで、石綿の布設工事、それから各配水池の機器類の取替工事を予定しております。  次に配水関係でございますけれども、15億2,264万円を計上いたしました。  更新計画といたしまして、まず創設の取替工事、1,115万5,000円、工事の延長が115メートルとなっております。  次に老朽取替工事、2億2,848万5,000円、工事の延長が2,275メートル。  

中央市議会 2007-06-20 平成19年  6月 定例会(第2回)-06月20日−01号

雨水排水については、ご質問のとおり清川排水、東花輪川、常永川の3つの水系に分けて排出されます。  まず、清川排水系ですが、調整対象流域面積が6.5ヘクタールで、1カ所に地下貯留方式の調整池を設置します。総貯留量1,140立方メートルを設け、ポンプにより調整し、排水が行われます。  

  • 1