運営者 Bitlet 姉妹サービス
7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2015-03-06 市川三郷町議会 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月06日−01号 過日、80代の方から神明神社の祭りで、相撲大会が行われていたときの写真や、草相撲の力士たちの遺品が写っている写真を見せてもらいました。  70歳になった私が、小学生になったころまで続いていたと思います。  今、役場職員の駐車場に使っている、元市川小学校には土俵があって、嶋錦さんの土俵入りを見た記憶があります。   もっと読む
2014-03-10 大月市議会 平成26年  3月定例会(第1回)-03月10日−一般質問−02号 さらに、小山田氏の子孫を名乗る方がいらっしゃいますが、この小山田氏にかかわる遺品などの寄附の申し出もあると聞いております。こうした市内の歴史文化を発信することも有効な活性化の方策と考えますが、いかがでしょうか。  以上さまざま提案をさせていただきました。市のご見解をいただきたいと思います。よろしくお願いします。 ○副議長(山田善一君) 山田政文君の質問に対し、当局の答弁を求めます。   もっと読む
2010-09-13 甲州市議会 平成22年  9月 定例会-09月13日−03号 天目山栖雲寺の虚空蔵菩薩画像は、これまで九州のキリシタン大名有馬晴信の遺品、あるいは肖像画と伝えられていました。しかし、近年の研究成果から、今から約700年前の中国の元王朝時代の宗教にかかわる貴重な聖像画であることが判明いたしました。研究の成果は、論文はもとより新聞、テレビ等でも報道され、多くの方々の関心や注目を集めたところであります。 もっと読む
2010-06-01 甲府市議会 平成22年6月定例会(第4号) 本文 移築復元後の活用策といたしましては、オープニングイベントとして、藤村紫朗の遺品を展示する特別企画展を行うとともに、藤村式建築や教育関係資料の常設展示、さらに甲府駅北口という立地条件を生かす中で、武田氏館跡や甲府城跡、武田神社や昇仙峡など、甲府市民をはじめ、本市を訪れた観光客に対する史跡や観光地めぐりのための情報発信機能と観光ガイダンス機能をあわせ有した新たな活用策を構築してまいります。   もっと読む
2010-03-23 富士吉田市議会 平成22年  3月 定例会(第2回)-03月23日−04号 市制施行60周年記念事業について、厳しい財政状況ではあるが、名誉市民などの遺品の展示など、ソフト面を重視した事業展開をしてほしいとの要望がありました。  慶應義塾大学との連携事業については、その知的財産を活用しながら、市民にもわかりやすい事業を実施するべきであるとの意見がありました。  交通安全推進事業について、登校時のボランティアによる支援活動等を積極的に推進してほしいとの要望がありました。   もっと読む
2010-03-01 甲府市議会 平成22年3月定例会(第4号) 本文 本記念館移築後の活用策といたしましては、移築前と同様、山梨県令藤村紫朗の事績を顕彰する遺品や、旧睦沢学校関係資料及び学術的教育資料等を展示するとともに、新たに武田氏館跡等からの発掘出土品のうち中世戦国期の稀有な異物等の展示、さらには土器等復元体験コーナーを設置し、文化財建造物と埋蔵文化財を融合した一体型記念館としての活用を行ってまいります。   もっと読む
1997-09-01 甲府市議会 平成9年9月定例会(第2号) 本文 最近特に発掘物からなる数点の遺品から、甲府城の存在が確実視されてきており、それも徳川時代をさらにさかのぼり、豊臣時代に完成したという説が急浮上しております。ことし6月に行った試掘調査において、甲府駅北口の国鉄清算事業団用地より約400年前と思われる石垣が出土し、新たな問題に発展してきております。歴史的遺産は、基本的には大切に保存すべきものであり、さらに後世に引き継いでいく使命もあると考えます。 もっと読む
  • 1