運営者 Bitlet 姉妹サービス
75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 甲府市議会 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.13 甲府の魅力を高める1つの方策として、起業して移住する者への支援、まちづくり活動を新たに行う者への支援など、甲府のまちづくりへの参加意欲を高め、内発的・主体的なまちづくりをより進めるためのこうしたインセンティブな補助金について、当局の見解を伺います。 ◯鈴木委員長 中村企画部長。 ◯中村企画部長 まちづくりに係る補助金についてお答えいたします。   もっと読む
2018-12-17 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号 それにはやはり店舗の改修に対します空き店舗対策の事業であるとか、事務所の事業であるとか、それから起業支援補助金というようなものを基本に、今回計画の中では新規でまちなか空間設置事業であるとか、それとか駐車場案内をするまちなかPRルートマップ作成事業、それから情報共有事業、それから韮崎市の特性として登山口というようなところを生かした登山客まちなか誘致事業というようなものが考えられるかと思います。   もっと読む
2018-12-06 富士河口湖町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 来年度の予算編成も、この会議が終わったら本格的に入っていくことだと思いますけれども、県外や他の市町村からの定住促進のための施策や企業立地も大変重要ではありますが、高校卒業後、一旦この町を離れた子供たちにも目を向けて、常に富士河口湖町の魅力を発信し、やがてこの子供たちが町に帰ってこれる就業の支援、起業の支援に対する施策も、今以上に考えるべきではないかと思いますが。 もっと読む
2018-12-05 富士河口湖町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−01号 また、任期終了後も隊員の多くは引き続き同じ地域に定住し、同一地域内に定住した隊員の約2割はみずから起業するなど、さらにステップアップを図られているといいます。  昨年の10月31日付で、大石地区よりご要望のございました大石紬を初めとした大石地区の伝統文化継承を目的とした地域おこし協力隊の導入につきましては、本年1月に地域おこし協力隊を大石地区に導入する旨の回答をさせていただきました。 もっと読む
2018-12-04 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号 県は、平成28年から女性起業家養成事業を進めています。市川三郷町として、女性が事業を起こすのを応援する事業の創設について質問します。   もっと読む
2018-09-20 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.20 本年度融資対策事業費の中で、創業支援資金というのが出ていると思うんですけれども、お見受けする限り1件ずつということとあわせて、起業していただいている方というのは123件という形で、100件以上あるんですけれども、ここに対する分析をお願いしたいんですけれども、どういう形で分析しているかを。 ◯廣瀬委員長 櫻林観光商工室長。 もっと読む
2018-09-14 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.14 2つ目の計画目標の実現も、中小若手起業家支援、ワインのブランド化のほかにも、ジュエリー特区とかマップの作成など、我が会派提案の政策を多く推進していただきました。  3つ目、4つ目にも、ごみ分別アプリ、路上喫煙禁止区域の指定など、基本目標における政策の階層性での各施策項目について、我が会派議員が行った政策提言を取り入れていただきました。   もっと読む
2018-06-12 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.06.12 ◯伏見人権男女参画課長 本市では、男女共同参画社会の実現を目指し、平成25年6月に甲府市男女共同参画都市宣言を行い、男女共同参画を推進し、気運の醸成を図るとともに、昨年度3月に策定した第3次甲府男女共同参画プランに基づき、女性の起業に向けたロールモデルセミナーやイクメン養成講座、女性活躍推進事業者等の表彰など、女性活躍に向けた新たな事業を展開しているところです。   もっと読む
2018-03-16 都留市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月16日−02号 ◎産業課長(宮下洋一君) 定住できるかどうかというのは非常にやはり難しい問題でございまして、移住はこちらに住んでいるんですが、今のところ進路を確認するところ、定住できるかどうか、やはり職が地域起こすための起業ということが非常に難しいような状況だということは本人のほうからは聞いております。  以上です。 ○副委員長(日向美徳君) 小澤 眞委員。 もっと読む
2018-03-16 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.16 その中でも市内で創業する、起業する方々への融資等についてもメニューがあると思っておりますが、現状、こうした創業支援に対する実績、それと今後の見通しについて、お伺いをしたいと思います。 ◯大塚委員長 櫻林観光商工室長。 ◯櫻林観光商工室長 平成29年度にそれまでの中小企業従業員独立開業資金というものを見直しまして、創業支援資金というものを創設させていただきました。 もっと読む
2017-09-22 山梨市議会 平成29年  9月 定例会-09月22日−04号 また、牧丘地域の市長を囲む座談会において、6次産業化の起業をしたいとの意見もいただいたが、こちらの方への対応も可能になると思われるとの答弁がありました。  議案第70号 平成29年度山梨市一般会計補正予算(第2号)の関係付託部分についてであります。   もっと読む
2017-09-19 甲府市議会 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.19 さらに、起業を希望するジュエリー・クラフト系のクリエーターのチャレンジショップとして、拠点店舗甲府クラフトラボを開設し、新たな起業やジュエリー・クラフト集積エリアの空き店舗への出店、雇用の創出に努めてまいりました。   もっと読む
2017-09-13 甲府市議会 平成29年経済建設委員会 本文 2017.09.13 ◯向山委員 起業短期経済観測調査等、また有効求人倍率等も含めて、少しずつですけれども、地方経済にも波及効果があるのかなというところも見られるので、路線価も一部だけで、山梨全体で見ると、甲府市全体で見るとなかなか厳しいところもありますが、少しでも芽吹いてきた芽をしっかり大きくするための施策を、また継続ではなくて新しい分野も含めて、商工の分野ではぜひ進めていただければなと思いますので、要望で終わります。 もっと読む
2017-09-12 甲斐市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月12日−01号 農林高校の家庭科クラブでは、特産品のヤハタイモを原材料にしたマドレーヌを地元和菓子店と商品開発したり、また商工会が主催するちびっこ起業家育成事業では、子供たちが経営の体験学習ゲームを行うなど、各種の企業と団体等の協力をいただきながら取り組んでおります。  今後も商店や企業などと連携し、協働で子供たちが社会参画しやすい環境づくりに努めてまいります。  以上でございます。 もっと読む
2017-09-11 山梨市議会 平成29年  9月 定例会-09月11日−02号 本機構設置の目的は、市内外の組織、人材、資源を結ぶハブ機能の構築、地域資源の掘り起こしとその活用、マーケットイン思考による商品開発の支援、市外からの起業家、就業者受け入れ支援及び農林業を中心とした地域産業の活性化など、本市のもうかる仕組みの下支えとなることを目的としております。   もっと読む
2017-06-26 大月市議会 平成29年  6月定例会(第2回)-06月26日−代表質問・一般質問−02号 ④の「起業家の育成、創業の誘致」についてもお願いいたします。  また、⑤の「首都圏通勤者への支援」についてもご答弁をお願いいたします。  続いて、(2)、「将来を見据えた担い手育成及び希望や能力に応じた雇用機会の創出」のうち①、「後継者不足の解消及び地域おこし協力隊の活用」についてもお願いいたします。   もっと読む
2017-06-20 富士吉田市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月20日−02号 このことから、国の規制緩和措置が実施されることにより、民泊事業を起業しやすい環境が整うことは、本市の宿泊観光の強化を図る上で追い風になるものと考えております。  本市といたしましては、新たな基準が明確化される時点を捉え、民泊への認識を高めるよう、まずは広報やホームページ等で市民の皆様に基準内容を周知してまいります。 もっと読む
2017-03-14 大月市議会 平成29年  3月定例会(第1回)-03月14日−代表質問・一般質問−02号 現在の隊員の活動状況及び起業支援の状況を伺います。  2番目に、協力隊事業終了後の隊員の定住、定着が目的と思っておりますが、定住、定着への見通しをお伺いいたします。  3番目に、来年度、地域おこし協力隊の隊員を募集しておりますが、大月市を活性化するための隊員の活動テーマについてお伺いいたします。  以上3点について、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2017-03-14 富士河口湖町議会 平成29年  3月 予算特別委員会-03月14日−04号 ◎赤池政策財政課長 まず、本栖地区につきましては、家族で移住してきて定住をしたいということで、現在アウトドアスポーツの教室とか、そういったセンターを立ち上げたいということでもう既にいろんな資格も取り始めたりして、定住して起業を本栖湖でするという道筋になっております。 もっと読む
2017-03-10 甲府市議会 平成29年予算特別委員会 本文 2017.03.10 当然、起業、創業も含まれる。2番目がやはり住まいの確保。3番目、子育てのしやすさ。これらは生活を組み立てることを可能とする条件だと思っております。4番目に、そもそも甲府市を選ぶ、甲府市に住んでみたい、ここで暮らしを組み立てていきたいと、そうした甲府市を選ぶという動機づけです。特に経済的な側面というよりも、メンタルな側面あるいはふるさとへの愛着とも言うべきエモーショナルなもの。 もっと読む