46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2018-06-13 平成30年環境水道委員会 本文 2018.06.13

◯山田委員 ぜひその辺のところも勘案していただいて、建設部等、これから組合もつくる要請もするわけですから、宅地化に伴い都市計画税もやがて上がる、宅地並みの課税にもなる、そして、土地の改良等々、建設すればこれらのものがあるということですから、その辺の台帳をお持ちなのが環境部だと思いますので、建設部と協力して市民の皆様のために頑張っていただきたいと思います。以上です。  

都留市議会 2018-03-16 平成30年  3月 予算特別委員会-03月16日−02号

すみません、答弁のほうがちょっと誤りがございました。イベント等につきましては全て道の駅管理者のほうで行っております。1周年とかそういうものにつきましては、市のほうで負担する分のほうはしておりますが、通常のイベントにつきましては道の駅つるのほうで負担をして開催をしております。  以上です。 ○副委員長(日向美徳君) 天野委員。

甲府市議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.13

◯坂本人事管理室長 施行期日を平成30年4月1日と申し上げましたが、平成31年4月1日の誤りでございます。訂正をお願いいたします。 ◯大塚委員長 訂正がありましたが、よろしいですか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯大塚委員長 再度言います。本案は当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               

都留市議会 2017-09-14 平成29年  9月 決算特別委員会-09月14日−01号

徴収率につきましては、現年課税分が98.55%、また滞納繰越分は13.29%で、現年課税分及び滞納繰越分を合わせますと89.7%で、前年度より1.14ポイントの増となっております。  不納欠損につきましては1,208件、3,163万2,491円であり、前年度と比較いたしますと、件数では338件の減となっておりますが、処分額については大型倒産の影響で535万6,217円の増となっております。  

大月市議会 2017-03-14 平成29年  3月定例会(第1回)-03月14日−代表質問・一般質問−02号

現在、住宅地として課税をしております桂台の土地につきましては、固定資産税は学校施設であるやまびこ支援学校の用地となりますと非課税となり、固定資産税額がおおよそでありますが、300万円の減収となることが想定されます。税収は、その75%が交付税算定における基準財政収入額に参入されることから、減収分の75%が普通交付税に措置されるため、実質25%の減収となります。

甲斐市議会 2016-12-16 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月16日−05号

同時に実施した平日1日当たり1時間以上勉強する県内の中学生、小はちょっと誤りでした。中学生が全国平均を下回っております。それから、中学生で家庭学習を全くしない、ということは数字上、全くしないのも上回っているということです。下回りはと誤りということになります。全くしない人が多いということです。そういう表現になります。訂正をお願いします。もう1回言います。

大月市議会 2016-09-30 平成28年  9月定例会(第6回)-09月30日−委員長報告・質疑・討論・表決・議長の選挙−03号

審査状況につきましては、担当課長等の説明を受け、慎重審査の結果、議案第64号「大月市空家対策の推進に関する条例制定の件」、議案第65号「大月市空家等対策審議会設置条例制定の件」、議案第66号「大月市地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例制定の件」、議案第67号「大月市税条例中改正の件」、議案第68号「大月市国民健康保険税条例中改正の件」、議案第69号「大月市和光生涯教育図書整備基金条例中改正

甲府市議会 2016-09-20 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.20

充用につきましては、固定資産税の土地の評価額の誤りのため、通知書等の送付が必要となったことから、予備費を郵便料に充用したものであります。  131ページ、132ページをお開きください。  2款3項戸籍住民基本台帳費につきまして御説明いたします。  

大月市議会 2016-09-06 平成28年  9月定例会(第6回)-09月06日−議案上程・説明・付託−01号

本市におきましても、今定例会に提案いたしました地方活力向上地域における固定資産税の不均一課税に関する条例により、本社機能の移転や拡充を考えている企業への固定資産税の優遇措置を設け、市内への企業誘致を図ってまいりたいと考えております。  次に、市内企業の支援についてであります。  産業の新興は、企業誘致とあわせまして、本市の発展に欠かせない施策でもあります。  

富士河口湖町議会 2015-09-25 平成27年  9月 決算特別委員会-09月25日−03号

個人町民税、節1の現年課税分は、収入済額12億6,056万1,855円で徴収率は99.2%です。課税内容ですが、納税義務者数1万4,362人のうち、特別徴収義務者7,709人で、全体の53%が特別徴収義務者になっております。  個人町民税、節2の滞納繰越分は、収入済額2,420万8,886円で徴収率は39.5%でした。  

甲府市議会 2015-09-17 平成26年度決算審査特別委員会 本文 2015.09.17

◯有賀福祉計画課長 臨時福祉給付金につきましては、対象者の支給要件が市民税均等割が課税されてない方、かつ課税されている方の扶養となってない方ということがございますので、申請をいただかないで全ての方に支給ということにはならないので、御理解いただきたいと思います。 ◯鈴木委員長 山田委員。 ◯山田委員 そうは言っても、最近難しいことでも何でも電算でやってくるじゃないですか。

甲州市議会 2015-09-10 平成27年  9月 定例会-09月10日−02号

この間、先日の本会議で監査委員より監査意見という部分で、改善をしていると言われましたけれども、経理の改善について、各部署の現金管理はどのように行われているのか、リアルタイムでの記録のチェック機能はあるのか、また物品の出入庫の管理のチェック機能はどうなっているのか、これら会計担当の正確な数字を把握できる経理出力があるのかなど、誤りや不正防止など、当然、管理者の責任において明確な管理が行われていると思いますけれども

甲府市議会 2015-06-19 平成27年総務委員会 本文 2015.06.19

次に、改正点のナンバー3、所得税における国外転出時課税の創設に伴う改正でございます。新旧対照表でいきますと、2ページのところになるかと思います。所得税において国外転出時の譲渡所得等の特例が創設されましたが、個人住民税所得割の課税標準の計算におきましては、当該譲渡所得等について、その当該特例の規定の例によらないものとするという規定を追加するものでございます。  

甲府市議会 2015-03-10 平成27年予算特別委員会 本文 2015.03.10

また、申し出を受けた行政機関に必要な調査の実施と、調査によって判明した行政指導の誤りがあれば、その中止等を講ずるべきことも義務づけられましたので、これを第34条の2第3項の規定として追加するものであります。  次に、5ページをお開きください。  第4章の2処分等の求め、第34条の3でありますけれども、同じく法改正により、処分等の求めも新設されたところであります。

甲府市議会 2015-03-05 平成27年民生文教委員会 本文 2015.03.05

それと給付率といいますか、申請率が低迷したという理由なんですけれども、まずこの給付金の対象者が市民税均等割の非課税者であるということ、かつ課税をされている方から扶養されていないという条件があるということで、対象者は非課税ということで高齢者が多いということが想定されるんですが、御自分で課税なのか非課税なのかという判断がつきづらいということが1点。  

甲府市議会 2014-12-11 平成26年総務委員会 本文 2014.12.11

第三者委員会からも病院の医療行為の誤りについて認めて謝罪をすることが求められておりまして、病院当局にとりましても、それから御家族の方々にとりましても、この問題については早く決着をつけて平和な日々が送れることが双方にとって幸せになると思います。  

甲府市議会 2014-09-22 平成25年度決算審査特別委員会 本文 2014.09.22

まず、今、決算書の御説明の中で、細かな点なんですが、14節ですか、使用料及び賃借料、コピー機等の賃借料が主なものということで、予算とそれから支出済額、不用額を見ますと、6割近くが不用額になっているんですが、この予算の積算、誤りがなかったかという点も含めて、何が不用になったのか。その辺をお答えいただきたいと思います。 ◯池谷委員長 宮川労政課長。

甲府市議会 2014-06-13 平成26年民生文教委員会 本文 2014.06.13

私、先ほど、あわせて工事を行うのが、配置図の右上の玉諸福祉センターと申し上げましたが、玉諸悠遊館の誤りでございました。申しわけございませんでした。 ◯池谷委員長 了解しました。  ほかに質疑はありませんか。  山中委員。 ◯山中委員 お願いいたします。最近、工務単価が変更されたということを聞いてはいるんですけれど、工務単価、労働……そういったのは、今回これには反映されているものなんですか。