運営者 Bitlet 姉妹サービス
44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号 次に、基本方向4の「安全・安心に暮らせる強いまちづくり」につきましては、近年全国で大規模な災害や水害が発生していることなどから、防災行政無線のデジタル化にあわせ、防災アプリ機能を導入し、災害等の発生時における迅速な対応と情報収集の強化を図ってまいります。   もっと読む
2018-09-19 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−02号 次に、より正確性の高い情報伝達方法につきましては、地域住民の共助の力の強化に加え、防災行政無線のデジタル化に伴い、防災アプリやSNSなどでの文字情報の配信、電話応答機能などを新たに追加し、伝達方法の多様化を進めてまいります。  続きまして、土砂災害(洪水)ハザードマップについてであります。   もっと読む
2018-06-18 都留市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号 現在、本市におきましては、被災外国人や観光客に適切に対応できる通訳ボランティアなどの体制は整備されておりませんが、今後におきましては、社会福祉協議会や都留文科大学と連携し、通訳ボランティアや学生ボランティアの育成・確保について努めてまいりたいと考えております。  以上です。 ○議長(小俣武君) 小澤議員。 もっと読む
2018-03-15 都留市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−01号 6項1目入湯税につきましては、温泉浴場が所在する市町村において、環境施設、消防施設のほか観光の振興に要する費用に充てるため、温泉を利用する入湯客1人1日につき150円を課税する目的税であります。  本市におきましては、芭蕉月待ちの湯の入湯客が課税対象となっております。年間の入湯客数を7万6,849人と見込み、前年度より99万円増の1,152万7,000円を計上いたしました。  以上です。 もっと読む
2018-03-14 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号 このような厳しい状況下ではありますが、新たな観光資源の発掘による魅力ある観光地づくりや、税の優遇措置、企業訪問等による企業立地の促進などを着実に行いながら、地域経済の活性化や新たな課税客体の確保等を図ることにより、さらなる自主財源の確保に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(小野鈴枝君) 根津和博議員。 もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.19 今後は、国の動きも見ながらなんですけれども、中学生はスマートフォンなどで利用できるアプリ、LINEを頻繁に使い、またそのLINEの中でもいじめが始まる。 もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.14 また、観光に関するものとして、経費を2款の総務費に計上をしたところでございます。記念誌に係る配布等々につきましては、開府500年事業課が所管をしておりまして、今のところの予定でありますが、小冊子につきましては、市民、観光客、関係都市を初め図書館、学校などへの配布、また武田氏館跡ガイダンス施設の入館者への配布などを考えております。 もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.03.07 また、都市のイメージアップが図られまして、経済や観光など幅広い分野で活性化が期待でき、これまで以上に県都としての拠点性が強化されることにより、圏域全体を率いるリーダーとして近隣自治体とも連携することで、人口減少に対して地方が踏みとどまるための拠点の形成にもつながっていくものと考えております。   もっと読む
2017-12-14 中央市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号 収納対策監     降矢嘉也    福祉課長      桜木達也    高齢介護課長    田中浩夫    子育て支援課長   田中俊浩    健康推進課長    中込裕司    保健師長      相田幸子    建設課長      薬袋正仁    都市計画課長    田島幸一    水道課長      河西利広    下水道課長     相川浩記    農政課長      石田秀博    商工観光課長 もっと読む
2017-12-12 甲府市議会 平成29年環境水道委員会 本文 2017.12.13 また、ごみの分別アプリなどで、その辺の周知を図っているところでございます。また、年末ぎりぎりまでできるだけの回収を行って、できるだけ対応をしていくという予定にしているところでございます。  以上です。 ◯長沼委員長 中村委員。 ◯中村委員 ありがとうございます。  本当に今高齢化が進んで、有価物の回収等もだんだん実施する自治会も少なくなってきて、資源物回収が多くなってきていると。 もっと読む
2017-12-11 大月市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月11日−代表質問・一般質問−02号 JTBの行ったアンケートによると、地元の食やご当地グルメを目的にした観光をしたことがあるという人は76%にもなるそうです。  本市では、平成21年に観光振興計画を策定し、本市の観光の強み、弱みを整理し、的確な観光政策を打ち出しています。 もっと読む
2017-09-09 甲府市議会 平成29年民生文教委員会 本文 2017.09.12 特に開府500年を迎えるに当たって、甲府歴史ボランティアガイドさんというものの役割は大きくなってくるのかと思いましたが、現在のガイドさんの人数と今後の養成計画についてどのようになっているのかということと、あと、この甲府観光ボランティアガイドということで、甲府市観光協会、観光課でもボランティアガイドの養成をしているのかというところですが、その辺の関係とか、生涯学習文化課としての考え方というのか、その辺 もっと読む
2017-09-09 甲府市議会 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.19 観光の振興につきましては、新しい夏のイベントとして、小江戸甲府の夏祭りを山の日に開催し、市民はもとより、市外・県外からの観光客・帰省客など、多くの方々に御来場いただきました。   もっと読む
2017-08-29 甲州市議会 平成29年  9月 定例会-08月29日−01号 まちなか歩き構想は、中心市街地や長良川周辺などの歴史や文化の魅力を掘り出し、まちなかをゆったり歩いて巡ることができる空間づくりと、にぎわい創出を図るために、岐阜市街地の4地区でまちなか歩き構想を策定し、それぞれをつなぐ回遊観光と、まち並み整備等を合わせもったものであります。  現地視察では、川原町という、かつて川湊が置かれた町の整備状況を視察いたしました。 もっと読む
2017-03-21 甲府市議会 平成29年3月定例会(第6号) 本文 2017.03.21 最初に、平成29年度予算の重点配分についてただしたのに対し、人口減少や少子高齢化への対応を念頭に、こうふ未来創り重点戦略プロジェクト【2016年度改定】等に掲げた施策・事業として、甲府の未来を担う子どもたちの健やかな成長と子育てへの積極的な支援や、中小企業・小規模企業への新たな支援、本市が持つ重層的な歴史や文化などを活用した観光戦略の展開のほか、成年後見制度普及促進や空家等の適切な管理などを着実に推進 もっと読む
2017-03-14 大月市議会 平成29年  3月定例会(第1回)-03月14日−代表質問・一般質問−02号 ○議長(山田善一君) 鈴木産業観光課長、答弁をお願いいたします。           (産業観光課長 鈴木邦彦君登壇) ◎産業観光課長(鈴木邦彦君) 鈴木基方議員の大項目3の2、3についてお答えをさせていただきます。  12月議会において求めた調査結果についてお答えいたします。 もっと読む
2017-03-13 都留市議会 平成29年  3月 定例会-03月13日−02号 観光全般の取り組みといたしましては、道の駅つるに設置いたしました「つる観光案内所」の運営とあわせて、富士の麓の小さな城下町振興事業として道の駅つるを拠点とした観光交流事業を推進しているところでございます。   もっと読む
2017-03-10 甲府市議会 平成29年予算特別委員会 本文 2017.03.10 次に、観光戦略ですが、同じくこうふ未来創り重点戦略プロジェクト【2016年度改定】では、観光戦略の全市的な展開という考えのもとで、体制の充実強化を図るとともに、さまざまな観光資源を開発した観光メニューを造成し、普及に取り組むという施策が示されておりますが、具体的にどのように取り組まれていくのか、お伺いいたします。  以上です。 ◯大塚委員長 市長 樋口雄一君。 もっと読む
2017-03-07 甲府市議会 平成29年民生文教委員会 本文 2017.03.07 来年から子育て支援アプリなんていうのもできると聞いておりますので、そういったものも活用していただいて、ぜひ周知の徹底をしていただければと思います。  次に、2点目がパパママクラスですけれども、母子保健課のほうでお伺いをしたいと思います。妊娠期のプレママ・パパのつどいというのと、パパママクラスというのを2つ承知しているんですけれども、それのすみ分けといったものをお示しいただけますでしょうか。 もっと読む
2017-03-06 甲府市議会 平成29年3月定例会(第4号) 本文 2017.03.06 そこで、こうふ開府500年から信玄公生誕500年までの3年間の期間限定でも、これらをめぐる観光用の周遊バスの運行を提案いたしますが、いかがでしょうか。  もちろん、使用するのは、今月1日に新聞報道のありました、惜しまれつつ運休となったレトボンです。あのスタイルは絶対に観光向けだと思いますので、レトボンの観光用の周遊バスとしての活用も御提言いたします。よろしくお願いします。 もっと読む