24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

甲府市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会(第4号) 本文

これまでの一般質問でも、荒川を渡る(仮称)大里橋の新設や甲府市と富士山を結ぶアクセス道路の新設などを要望してきましたが、今回は新駅周辺の2本の市道についてです。  先月16日付けの山梨日日新聞には、リニア新駅の北側に建設予定の中央自動車道スマートインターチェンジをめぐり、地域住民から異論が出ているという記事が掲載されました。

甲府市議会 2017-06-01 平成29年6月定例会(第3号) 本文

リニア新駅周辺地域の水害対策につきましては、山梨県との役割分担の中で、本市は流川左岸区域の雨水排水対策を行うこととなっております。このため本市では、昨年度、雨水排水計画を検討した結果、当該区域内において一部水路の新設や増設等が必要であることが明らかとなりました。  

中央市議会 2015-03-17 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月17日−02号

      桜木達也    工事検査監     功刀裕章    政策推進監     田島幸一    リニア交通政策監  橘田 修    市民課長      三井久規    環境課長      飯室隆人    保険課長      中込裕司    税務課長      今井 賢    収納対策監     中楯孝博    福祉課長      中澤美樹    子育て支援課長   田中浩夫    健康推進課長    荒川千百合

甲斐市議会 2014-06-20 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月20日−02号

亀沢川流域の山、荒川左岸の山もほとんど甲斐市の山々でありまして、別に甲斐市の市有林というわけではないですけれども、防災上大きな役割を担っている、山々からの水は甲斐市だけでなく、甲府市の水源としての役割も大きく、万が一大災害が発生したときは、甲府市、昭和町、はたまた中央市までも被害が及ぶ可能性があるとも森林組合の組合長さんが言っていらっしゃいました。

甲府市議会 2014-03-01 平成26年3月定例会(第3号) 本文

号 甲府市下水道条例の一部を改正する条例制定について 第35 議案第35号 字の区域の変更について 第36 議案第36号 指定管理者の指定について 第37 議案第37号 市道路線の認定について            (岩窪町中線) 第38 議案第38号 市道路線の認定について            (国玉5号線) 第39 議案第39号 市道路線の認定について            (流川左岸

甲府市議会 2014-03-01 平成26年3月定例会(第2号) 本文

号 甲府市下水道条例の一部を改正する条例制定について 第35 議案第35号 字の区域の変更について 第36 議案第36号 指定管理者の指定について 第37 議案第37号 市道路線の認定について            (岩窪町中線) 第38 議案第38号 市道路線の認定について            (国玉5号線) 第39 議案第39号 市道路線の認定について            (流川左岸

甲府市議会 2013-12-01 平成25年12月定例会(第2号) 本文

災害時の緊急輸送道路については、甲府市には山梨県が指定した第1次緊急輸送道路として、国道20号線外7路線、同じく山梨県が指定した第2次緊急輸送道路として国道358号線外14路線、甲府市が指定した緊急輸送道路として、荒川左岸1号線外52路線が指定されていると承知しております。  

甲府市議会 2012-03-01 平成24年3月定例会(第3号) 本文

このことから、荒川という大きな川を挟んだ城南中学校に山城地区の生徒が通学する危険さと不便さ、これは生徒、また父母はもちろん、山城地区に住んでおります住民としても大変危険に感ずるところでもあります。  甲府市で1万5,400人を抱える最も人口の多い山城地区から他地区に通学する不条理も考えたとき、現状はいたし方ないかなと思いますけれども、何とも納得がいかないかなというふうなことも思われます。  

甲府市議会 2011-09-01 平成23年9月定例会(第4号) 本文

災害時の緊急輸送道路については、山梨県が指定した第1次緊急輸送道路として国道20号線ほか7路線、32.6キロメートル、第2次緊急輸送道路として国道358号線ほか14路線、81.1キロメートル、甲府市が指定した緊急輸送道路として、荒川左岸1号線ほか52路線、47.4キロメートル、総延長で161.1キロメートルが指定されております。  

甲府市議会 2011-03-18 平成23年予算特別委員会 本文 2011.03.18

それから蛭沢川の左岸関係でございますけれども、こちらの方も実は3.7ヘクタールございますが、これにつきましては当然新環状の東部の区間ということになりまして、そちらの予定路線に入っておりますが、現在あります機能として市民農園とか公園緑地の方での圃場として活用しているところがございますので、それは現状を維持しながら考えていきたいというように思っております。  

甲府市議会 2011-03-15 平成23年予算特別委員会 本文 2011.03.15

◯小野委員 それでは、未来の荒川をつくる会という会が発足をいたしまして、今700名の会員が皆さん方の浄財を出してスタートをしているようであります。  今、荒川橋を建設しておりますけれども、あそこが建設されると耐用年数が50年。それが平面交差だと。

山梨市議会 2009-12-15 平成21年 12月 定例会(第4回)-12月15日−02号

山梨市駅舎改修、根津記念館整備、笛吹川左岸の遊歩道整備、かのがわ古道整備、山梨市駅東山梨線電線類地中化事業、地域交流センター及び他目的広場建設など、すべてマスタープランに沿った市街地の整備であります。整備された環境を市民の皆様がどう生かして地域の活性化に結びつけていくのかが今後の課題であると考えております。

韮崎市議会 2009-06-15 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月15日−02号

まだ、左岸側を中心に大量の立木が残っております。ただ、地域の要望の一つであります有害鳥獣被害防止の観点から、伐採された地域に限るならば、シカなど有害鳥獣からの水田被害は若干でも減少したものと思われます。  しかし、左岸側を中心にいまだ大量の立木が残っていることから、皮肉なことに、清哲町中谷地区のように、今回の伐採から除かれた地域では、シカによる被害が以前より増しております。

甲府市議会 2009-03-17 平成21年予算特別委員会 本文 2009.03.17

残せ荒川の清流。市民が結束してNPO法人をつくって、清流を次代に残そう。甲府市を流れる荒川の自然保護と環境整備を進めるという有志の会が21日に発足をして、それから23日の予定ですが、市長さん、それから知事さんにもこのような催しを提言をなさるという日程になっております。  

甲府市議会 2009-03-01 平成21年3月定例会(第3号) 本文

最後に、未来の荒川をつくる会の行政支援についてお伺いいたします。  未来の荒川をつくる会の前身は、今から5年前の平成16年11月22日に、同様の趣旨で宮島雅展甲府市長、山本栄彦山梨県知事に提言書が提出されております。要望者は、山梨経済同友会環境委員会会長竹内克雄、副会長松葉 惇氏の代表であります。

韮崎市議会 2006-03-13 平成18年  3月 定例会(第1回)-03月13日−02号

何かと暗い話題ばかりの中で、過日の冬季オリンピックでは、日本選手があと一歩メダルに手が届かない、悔しい思いが続く中、荒川静香選手の金メダルは、列島が歓喜に沸き返った感動の瞬間でありました。日本フィギュア界の悲願であった金メダルの獲得に、心から祝福のエールを送るものであります。  

甲府市議会 2004-09-01 平成16年9月定例会(第4号) 本文

これは東京都の荒川区が実施しているが、この取り組みについて政府も参考にして検討していく。こういうひとつ資料が、インターネットが出ているんですね。やはりこういったことが、これからの検討の中で必要なことは、もし災害が来たというたときに、我々一人ひとり、市民の一人ひとりが、その時になったらば、何をすべきかということ。私は、「地震が起きた。

  • 1
  • 2