運営者 Bitlet 姉妹サービス
1009件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-07 甲府市議会 平成31年総務委員会 本文 2019.03.07 (追加)     第 7 閉会中継続審査中の請願について         請願第27−6号  沖縄県民の声に共感し地方自治の堅持を国会と政府に求める                 意見書提出を求める請願                 紹介議員  石原  剛  内藤 司朗  清水 英知                       木内 直子  山田  厚         請願第28−1号  安全保障関連法 もっと読む
2019-03-07 甲府市議会 平成31年民生文教委員会 本文 2019.03.07 人がいないとやっぱり肝心な社会保障、子どもを育てる、そういう大事な事業において力が失われてくることになると思いますので、ぜひその辺の配慮を今後ともしっかりしていただきたいと思います。  以上です。 ◯坂本委員長 ほかに質疑はありませんか。                (「なし」と呼ぶ者あり) ◯坂本委員長 それでは、以上をもって子ども未来部所管分の質疑を終結いたします。   もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第6号) 本文 これに対し、健康で文化的な最低限度の生活が憲法第25条において保障されていることから、保険料の負担軽減を求める意見がありました。  以上が、総括質問の主な内容であります。  次に、各条例案の審査の経過と結果について申し上げます。   もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第1号) 本文 そして今、止まらない人口の減少や地域活力の低下、増大する社会保障費など、私達は、様々な困難を抱えています。 もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第2号) 本文 さきに行われた市長選挙において、我が党公認候補は、介護保険制度に典型的に見られるように地方自治体が安倍政権の社会保障削減路線にそのまま追随してよいのか、それとも住民の福祉の増進という地方自治体本来の使命を果たすかを、基本的な争点として闘いました。結果については私どもも真摯に受けとめます。 もっと読む
2018-12-26 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月26日−05号 なぜ、若者が安心して結婚し、子どもを産み育てることが困難なのか、国が非正規雇用、派遣労働など不安定な雇用と低賃金、長時間労働を広げ、教育費、税金や社会保険料などの負担増など、子育て支援に逆行することばかり進めてきた結果です。  国に対して、正社員が当たり前の社会、賃上げ、教育費や子育ての経済的負担を軽減する政策への転換を求めた上で、市としても独自の支援策を図るべきです。   もっと読む
2018-12-14 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.14 ◯山田委員 この場合、法律にも書いてある減額・免除制度、それから医療機関での患者負担、その100%患者負担の金額を払えないときには考慮するという制度も法律的にもあるわけですよね。その周知が甲府市のほうは意外と足りなかったということで、この間の御案内にも患者の一部負担金の減免制度が載っていなかったですよね、残念ながら。 もっと読む
2018-12-13 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.12.13 そのLGBTという人たちのことにつきましては、一般社会においてはなかなか理解ができないというんですか、まだ広がっていないという感じがするわけでありまして、こういったことを現在の時代におきまして、やはり正しく理解をいたしながら、差別のない社会環境に持っていかなくちゃならないという、この1つの流れを答弁の中に感じております。   もっと読む
2018-12-13 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.13 資料は、資料1、甲府市社会福祉審議会条例の制定についてとなります。  それでは、資料1に基づきまして説明をさせていただきます。  まず、1ページをごらんください。1の制定理由につきましては、中核市への移行に伴い設置をいたします甲府市社会福祉審議会の組織及び運営に関し、社会福祉法及び社会福祉法施行令に定めるもののほか、必要な事項について条例で定めるものであります。   もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 しかも、その間、社会保障は改悪に次ぐ改悪で、安倍政権になってからの6年間だけでも、高齢化などで必要な社会保障予算の抑制や年金、医療、介護の制度改悪で、社会保障予算は3.9兆円も削減されました。一方、毎年ふえ続けた軍事費は、ついに5兆円を突破しました。  質問します。  消費税増税は、市民生活や地域経済に大きな打撃を与えます。市長として反対の意思を表明することを求めますが、どうか。 もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第4号) 本文 現在、制度を利用したカップルは全国で200組を超えており、埼玉県さいたま市、千葉県千葉市、神奈川県横須賀市、愛知県名古屋市、長崎県長崎市、埼玉県川越市、東京都港区などの自治体においても、パートナーシップ制度の導入を検討中と伺っております。  直接的な法的効力はないものの、企業や社会に与える効果は大きく、日本でもようやく性の多様性を社会制度に反映する動きが始まりました。   もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 介護保険制度は、家族介護から社会で支える介護へというスローガンを掲げて導入されました。しかし、実際には、要介護度に応じてサービス内容や支給額が制限され、重い自己負担がサービス利用を阻むハードルとなることなどから、保険あって介護なしと言われてきました。さらに、制度の持続可能性の名のもと、給付削減や負担増が繰り返されてきました。 もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第5号) 本文 この法律は、世代間及び世代内の公平性が確保された社会保障制度を構築することにより、支え合う社会を回復することを目的に、社会保障の安定財源の確保及び財政の健全化を同時に達成させることを目指す観点から、消費税の使途の明確化及び税率の引き上げを行うものであります。  今後、現役世代の減少が急激に加速していく一方で高齢者が増加していくことから、社会保障のための財源がこれまで以上に必要となってまいります。 もっと読む
2018-09-25 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会-2 本文 2018.09.25 また、全国的には前進が見られる中、子どもの医療費の窓口無料制度の対象年齢の拡大や就学援助の準要保護認定基準の拡大、新3項目と呼ばれるクラブ活動費・生徒会費・PTA会費の支給などは、本市において実施されませんでした。   もっと読む
2018-09-20 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−03号 多くの市町村においても年々この割合が増え続け、社会問題の一つと考えられています。本市においてもこの傾向は同様と考えますが、後期高齢者医療制度での被保険者数、また医療費総額などについてお伺いをいたします。 ○議長(田原一孝君) 内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 後期高齢者医療費問題についてお答えいたします。   もっと読む
2018-09-19 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.19 いずれにいたしましても、もろもろの事情によって生活保護を受けているわけでございますけれども、日本国憲法によると、国民は最低限の生活を保障されているということでありますけれども、いずれにしてもこのお金は国民の税金であります。 もっと読む
2018-09-19 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−02号 世界に類を見ない少子高齢化や人口減少、情報化社会やグローバル化など、これらの進展により社会構造は大きく変化し、地方自治体の行政運営は複雑かつ多様化が求められることとなる中、努力を重ねてこられてきたことに敬意を表するものでございます。   もっと読む
2018-09-18 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18 あるいは、この制度、市内の中小企業の仕事をふやす上に、とても大切な事業だと思っておりますけれども、この制度の利用促進にどのように取り組まれたか、御説明をお願いいたします。 ◯廣瀬委員長 太田契約管財室長。 ◯太田契約管財室長 小規模工事等契約希望者登録制度について、お答えをいたします。 もっと読む
2018-09-14 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.14 社会保障の充実につきましては、低所得者への支援として、生活困窮世帯の子どもに対して家庭訪問による学習支援を行うとともに、家計支援相談員を配置し、生活困窮者の早期の生活再建に向けて、個別世帯の実情に配慮した支援に努めてまいりました。   もっと読む
2018-09-11 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月11日−04号 その中で除却の支援策や補助の制度化もあるだろうし、その辺のところを県内7市町村で、ワーキンググループを来年度から県のほうで設置をして、勉強会を重ねながら、2年がかりでいろいろな問題点を抽出しながら策定していく予定です。県も状態的には模索段階にあるようです。  以上です。 ○委員長(三浦康夫君) よろしいですか。  ほかには。  9番、山下利夫君。 もっと読む