運営者 Bitlet 姉妹サービス
558件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-07 甲府市議会 平成31年総務委員会 本文 2019.03.07 条例で、首相とアメリカ大統領に通知を義務づけた有権者数の4分の1約29万人、また、昨年9月の沖縄県知事選挙での玉木デニー知事の39万6,632票も上回る結果です。  これまで安倍政権は「各種選挙結果については争点の1つではない。」と言ってきましたが、今回の沖縄県民投票は1つの争点で行われたものです。 もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第4号) 本文 1月27日の山梨県知事選で現職を破り、初当選を果たした長崎幸太郎知事は、当選直後からリニア中央新幹線開業に向けたリニア駅周辺整備に関して、限りなく一から見直すとの考えを示しています。おとといの山梨県議会では、前県政が進めていたリニア駅周辺整備基本計画の策定を見送り、駅整備のあり方を示す新しいビジョンの策定を進める方針を示しました。 もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第2号) 本文 昨年3月、国土交通省住宅局長は「公営住宅管理標準条例(案)の改正について」を各都道府県知事などに送付いたしました。改正理由は、2017年の民法の一部改正による債権関係規定(連帯保証人)の見直し、単身高齢者の増加など公営住宅を取り巻く最近の状況などを反映するためとしております。  主な改正の1つが、入居手続での保証人の義務づけを行わない、条例での規定の削除です。 もっと読む
2018-12-14 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.14 これに関して、来年1月10日に知事選が告示されるということで、韮崎市は東京エレクトロン韮崎文化ホールで成人式を行うときに、そこに期日前投票所を設置するということで、先日、新聞報道もありました。 もっと読む
2018-12-14 甲府市議会 平成30年経済建設委員会 本文 2018.12.14 国土交通省住宅局長がことし3月30日付で公営住宅管理標準条例についての改正について、都道府県知事、政令指定都市の長に送付したということで、それに関してお聞きしたいと思います。  これに関して、住宅課は今どのように把握していらっしゃるでしょうか。 ◯廣瀬委員長 秋山住宅課長。 もっと読む
2018-12-13 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.12.13 さて、本請願ですが、提出されたのが平成27年6月ということで、当時と状況も、例えば「翁長知事」ですとか「オバマ大統領」とありますが、請願の核心部分である団体自治及び住民自治を尊重するという憲法の趣旨を守るために地方から声を上げるというのは、全くそのとおりだと思いますので、採択をお願いしたいと思います。 ◯兵道委員長 ほかに御意見はありませんか。  鈴木委員。 もっと読む
2018-12-06 富士河口湖町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 県人口が82万人を割り込むのは、昭和59年8月、81万9,688人以来、実に33年8カ月ぶりのことで、後藤知事も「改めて大きな課題と感じた。特に、若年層の県内定着や子育て支援の充実を着実に実施する」とのコメントを発表しています。その後は、5月に一旦プラスに転じたものの、人口減少に歯どめはかからず、11月1日現在、県の人口は81万8,018人となっています。   もっと読む
2018-12-04 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号 その結果といたしまして、実質公債費比率が18%を超えると地方債発行に知事の許可が必要となる起債許可団体となりますけれども、合併直後の平成18年度には、旧3町の地方債残高もありまして、18.3%でありました。実質公債費比率は、平成29年度の決算時には、7.8%まで引き下げることができました。   もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 定率国庫負担の増額については、全国知事会、全国市長会、全国町村会などが政府に要望し続けています。2014年には全国知事会が、協会けんぽ並みの保険料に引き下げるために、公費1兆円の負担増を求めました。国庫負担の引き上げについては日本共産党も賛成ですが、住民の福祉を図ることを本旨とする甲府市としても、負担軽減策を強めることが求められています。   もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第4号) 本文 この制度は、鳥獣の捕獲等に係る安全管理体制や、適正かつ効果的に鳥獣の捕獲等をするために必要な技能及び知識を有する鳥獣捕獲等事業を実施する法人について、都道府県知事が認定をするものです。  そこで質問します。  高齢化による猟友会の担い手不足になっている地区を周辺地区の猟友会に補っていただいていると聞いています。 もっと読む
2018-09-18 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18 3代前の山梨県知事の天野知事が、これやっていたらしいんですけれども。月に1回ぐらいらしいんですけれども、公用車に乗らないで、御自宅から公共交通で山梨県庁へ登庁されていたと。本当にトップリーダーの方が、こうやって身をもってやることで、どんなことが必要なのかなと、政策のことがわかってくる、すばらしいことだったのかなと思っています。 もっと読む
2018-09-14 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.14 また、藤村紫朗が知事に就任し、当時は県令と言ったそうなんですが、明治6年には学制解訳を発布し、電気や水道もない時代に学校建設や教育の重要性を説き、今日の発展があるのではないかと改めて温故知新、先人の培った歴史を継承していくことが未来につながる礎になるのではないのかなと思うところであります。 もっと読む
2018-09-10 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.09.10 ◯内藤委員 沖縄をめぐりましては、翁長知事の急逝ということもありまして、近く沖縄県知事選挙が行われるというようなことで、本当に激動しております。ということもありますが、採択をお願いしたいと思います。 ◯兵道委員長 ほかに御意見はありませんか。  金丸委員。 もっと読む
2018-09-07 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月07日−02号 また、渡仏の際に知事と同行し、日本政府観光局においても本町のPRを行うことができました。  続きまして、56ページ、57ページをごらんください。   もっと読む
2018-09-04 富士河口湖町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月04日−01号 長年の懸案であった扇崎トンネル付近の県道の2車線化でありますが、山梨県への要望や知事への陳情活動の成果により、トンネルの拡幅を含め、これまで155メートルを整備し、トンネルから大石側につきましては、湖側へ拡幅し2車線化と歩道の設置工事を進めていただいております。今年度は60メートルを整備することとなっているところであります。   もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第4号) 本文 また、JR東日本は、山梨県と長野県の知事が名前を連ねて正式に提出する公文書である要望書に、口頭での対応のみで、文書での回答もないとお聞きしました。何か極めて尊大に思えるこの態度は、JR当局の皆さんの態度が尊大に感じるのは私だけではないと思います。 もっと読む
2018-06-18 都留市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号 全国知事会では、国保と他の医療保険との負担格差を解消し、今後の給付費増大に耐え得る財政基盤をつくるためとして、国保への国庫負担率の引き上げ、子供の医療費無料化の国の制度の創設、子供の均等割の軽減、重度心身障害児や障害者、また、ひとり親家庭などに対して現物給付による医療費助成を行った場合の国保の国庫負担減額調整措置を廃止することなどを盛り込んだ要望書を国に提出したとのことです。   もっと読む
2018-06-12 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.06.12 ◯石原子ども保育課長 まず、放課後児童支援員につきましては、都道府県知事が行う研修を修了した者となっております。ことしも10月から12月にかけて、全6回で研修を行いますので、そういった研修を受けていただくこととなります。 ◯岡委員長 鮫田委員。 ◯鮫田委員 ありがとうございます。 もっと読む
2018-06-01 甲府市議会 平成30年6月定例会(第1号) 本文 中核市移行に関しましては、ことし3月の市議会定例会において、中核市の指定に係る国への申し出について議決いただいたことを受けまして、4月20日は山梨県庁を訪問し、後藤知事に中核市移行への同意の申し入れを行ったところであります。今後、山梨県議会の議決を経て、後藤知事の同意をいただいた後に、総務大臣に対して中核市の指定を申し出ていくこととなります。 もっと読む
2018-06-01 甲府市議会 平成30年6月定例会(第4号) 本文 山梨県を見ると、国立社会保障・人口問題研究所と山梨県人口ビジョンとの推計人口の乖離が指摘されましたが、後藤 斎知事は、4月の定例会見で、2060年に75万人を掲げた山梨県人口ビジョンは見直さず、現計画を実行して対応する考えを示しました。企業でいえば、景気や社会情勢により業績見通しが悪くなったにもかかわらず、下方修正せずに過去の見通しのまま経営計画を立てるようなものではないでしょうか。 もっと読む