運営者 Bitlet 姉妹サービス
103件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 甲府市議会 平成31年予算特別委員会-1 本文 2019.03.20 ぜひそういう市民にとって痛みのないところで改善、工夫を努力していただきたいと思います。  あと、要望ですが、障がい者雇用率は本庁と違ってまだまだ低かったです。この辺をぜひ改善していただきたいと思います。  それから障がい者施設からの物品調達もまだまだでした。企業体ですからそういう努力をぜひ今後とも続けていただきたい。  あと、よくいわれる月45時間、月80時間、月100時間の時間外勤務。 もっと読む
2017-03-16 富士河口湖町議会 平成29年  3月 予算特別委員会-03月16日−06号 ◆渡辺[美]委員 平成28年度の補正予算のときに外川委員が質問した件に関連するんですけれども、サッカー場の芝の管理委託の件ですけれども、これ前年度とほぼ同額だと思うんですけれども、貸出料、金額を減らして使用量がふえると思うんですけれども、そうすると、芝の痛みとかそういうものも当然出てくると思うんですけれども、その辺についてはどういうふうに考えているのかお伺いします。 もっと読む
2017-03-15 中央市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月15日−03号 厚生労働省の検討部会は、筋肉注射という針の痛みや医師の説明不足などからの心身の反応が原因と結論づけています。一方、副反応痛み研究チームの信州大学医学部池田修一教授は、「心身の反応」や「自然発生的」なものでは説明できないとし、自律神経の異常を指摘しています。  また、東京医科大学医学総合研究所所長西岡会長は、「HPVワクチンには効果を高めるためアジュバンドとしてアルミニウムなどが使われている。 もっと読む
2016-09-15 富士吉田市議会 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月15日−02号 痛みはなく、検査は数分で終わります。生後3日以内に行う初回検査と、その際に再検査とされた赤ちゃんを対象に、生後1週間以内に実施する確認検査があります。こうした検査を全国の病院で退院するまでの間に受けることが推奨されていますが、本市の取り組みをお聞かせください。  3点目、検査費用は医療機関によっても異なりますが、1回の検査当たり2,500円から5,000円です。 もっと読む
2016-09-09 甲州市議会 平成28年  9月 定例会-09月09日−02号 私たちは今、甲州市が今後緩慢なじり貧の10年に終わるのか、痛みを伴う躍進になるかの大きな分かれ道に立っているように思われます。トップリーダーに求められるのは、将来を予測し、未来に備えることです。現任期を含め、今後10年の本市の財政と防災から見た公共施設のあり方を、どのようにお考えになるのか、市長の見解をお尋ねいたします。 ○議長(矢野義典君) 財務経営課長、手塚秀司君。 もっと読む
2016-03-04 市川三郷町議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月04日−01号 収入が少なく、貯蓄もなく、頼れる人もいない高齢者が、食事は1日1回、医療費が払えず市販薬を飲んで痛みに堪える。誰にも看取られずに孤独死するなど、これまでにない状況が生まれています。  こうした事態を生み出している最大の要因は低年金問題の深刻化です。今、国民年金だけを受給する人の平均受給額は月5万1千円、厚生年金も女性の平均受給額は基礎年金分を含めて、月10万2千円に過ぎません。 もっと読む
2015-12-17 富士河口湖町議会 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月17日−01号 手術や抗がん剤の痛みや苦しみに比べたら痛いうちに入らないので、ぜひ受診してほしい。早期発見につなげてほしい」と訴えていました。また、検診促進全国大会では、三原じゅん子参議院議員が子宮頸がん患者としてお話をしてくださり、がん検診促進に力を注いでいく重要性を強く感じて帰ってきました。   もっと読む
2015-09-16 甲府市議会 平成26年度決算審査特別委員会 本文 2015.09.16 ◯山田委員 特に節約というと、すぐ高齢者の敬老祝い金だとか、そういう関係を切るというのが事業評価で言われるわけですけれども、実際こここそ痛みがなくて、市民のために役立つものはないわけで、ぜひそういう努力をしていただきたい。  ただ、この起債調べを見ると、まだまだ政府関係のほうが高いということもありますけれども、山梨県の金利においても2%から3%ぐらいのものが結構まだ残っているんです。 もっと読む
2015-09-15 富士河口湖町議会 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月15日−01号 さて、町長の容体については、8月中旬から肩の痛みがあり、町内の病院に通院していましたが、呼吸器系に疾患があることがわかり、8月24日から甲府市内の病院に入院しております。症状は快方に向かっておりますが、当分の間は加療が必要であると報告を受けております。   もっと読む
2015-06-19 甲州市議会 平成27年  6月 定例会-06月19日−03号 そういう中で、今、財政標準比率も13.7%というような格好になってきたということで、これは努力ということだと思うわけなんですけれども、これは改革ですから市民、職員等も痛みを感じているわけでございますけれども、先ほど課長の答弁ですと、特別職の職員の給料の改定、減額ですね、それから職員の管理職手当、また時間外手当等ももう19年1月1日から施行されて現在に至っているわけなんです。 もっと読む
2014-12-11 中央市議会 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月11日−02号 何か、中央市でも新しい事業、企業でもそうなんですが、新しい事業をするということは、必ずいろいろな痛みを伴うということでございます。  例えば、各家庭で家を建てると、これもローンを組んで建てなければならないと。何か事業を行うには必ず投資が必要ということでございますが、ぜひ他県でやったことのないようなことを、ぜひやっていただきたいと、このように思っております。   もっと読む
2014-12-11 甲府市議会 平成26年民生文教委員会 本文 2014.12.11 ◯坂本総合相談室長 内容的には神経損傷ということなんですけれども、ちょっと状況は違っておりまして、今回の方につきましては、採血時には痛みを訴えなかったということなのですけれども、以前のときには採血時に痛みを訴えていたというような違いがあるかと思います。 ◯長沼委員長 植田委員。 ◯植田委員 了解しました。ありがとうございました。 もっと読む
2014-09-18 山梨市議会 平成26年  9月 定例会-09月18日−03号 ワクチン接種後に慢性的な全身の痛みが続くなど訴える人が相次いで、接種勧奨が一時中止されている問題をめぐり、8月29日、厚生労働大臣が副反応報告の収集を強化することを明らかにしました。厚労省によりますと、本年3月末までにワクチンを接種した人は全国で338万人と推定され、このうち運動障害などの重い副反応の訴えが176件報告されています。それにより、厚労省は昨年6月以降勧奨を一時中断しております。 もっと読む
2014-09-11 甲府市議会 平成26年総務委員会 本文 2014.09.11 ◯山田(厚)委員 この北富士の演習場の訓練というのは大変危険でして、そもそも1997年でしたか、先ほど石原(剛)委員が言われました沖縄県の痛みを軽減する。そういうことで、155ミリ榴弾砲の実弾演習を北富士演習場で開始したわけです。  私はずっと現地へ行って、これは抗議をしているわけですけれども、毎年レベルが高くなってくるんです。 もっと読む
2014-09-11 甲府市議会 平成26年民生文教委員会 本文 2014.09.11 この在宅医療相談室におきましては、退院後の不安に対応するため、退院後の生活について相談に乗ったり、地域で往診ができるかかりつけ医の紹介、それから訪問看護師の紹介、それから在宅における緩和ケア、これは痛みとか苦痛となる症状を取り除く、緩和するといったことについての相談を受け付けております。   もっと読む
2014-06-20 富士吉田市議会 平成26年  6月 定例会(第3回)-06月20日−03号 加えて、今まで厚労省が一貫して筋肉注射の痛みや医師の説明不足などの心身の反応が原因とされてきたものが、厚労省の副反応痛み研究チームの最新の研究成果によりますと、全てのことを心因反応で説明することは医学的に不可能という内容でした。 もっと読む
2014-06-18 山梨市議会 平成26年  6月 定例会-06月18日−03号 実は昨日、朝方より腹部に急激な痛みがありまして、それでも朝10時からの議会に出席するために、こちらの山梨市役所のほうに来たんですけれども、先輩議員や同僚議員の皆様から、まずはしっかりと病院に行って検査をしたほうがいいというアドバイスをいただきまして、議会のほうを欠席とさせていただきました。昨日の望月市長の答弁の中でもおっしゃられていたように、山梨市内にはたくさんの病院施設があります。 もっと読む
2014-06-13 甲府市議会 平成26年民生文教委員会 本文 2014.06.13 その中で1つ改めて確認ですけれども、その懇談の中で、やっぱりそういった当事者の方たちの心の痛みと、市立甲府病院で、時々温度差を感じるような対応をされることがあったということを、やはりまた重ねてお伺いしまして、改めて確認ですけれども、調査報告書にもありましたように、やはり過量投与があったということそのものが今の御負担をかけている原因であるし、それは結果として健康被害が出るか出ないかではなくて、過量投与 もっと読む
2013-12-16 甲州市議会 平成25年 12月 定例会-12月16日−03号 もはや行政があれもこれも実現できた時代は去り、あれかこれかを選択して、痛みをわかち合わなければならない、縮約時代に入っていると私は認識しています。生産年齢人口増、税収の増加を片目では追いつつ、もう一方の目では公共事業、社会保障、教育等の質を落とさず経費削減も同時に図らなければなりません。  そのためには、第一に公共施設の機能の縮約、統合化等を進めなければならないと私は考えます。 もっと読む
2013-12-11 富士吉田市議会 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月11日−02号 最後に、平成23年3月11日の東日本大震災以降、復興財源の痛みを分かち合い、全国的に既存施設のリフォーム等にて有効活用を図っており、また7年後の東京オリンピックの開催に伴い、メーンスタジアムの改修工事をはじめ、基本構想の段階で、国を挙げて大幅な費用削減を全身全霊で取り組んでおられます。 もっと読む