運営者 Bitlet 姉妹サービス
396件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-04 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号 11候補地でありますが、候補地を定量評価、これは数値可能な評価、それから定性評価、数値できない評価によりまして、南アルプス市1カ所、中央市2カ所の3候補地を絞り込みました。  今後、最終的な候補地を選定することになります。   もっと読む
2018-09-21 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月21日−04号 15号 平成29年度韮崎市国民健康保険韮崎市立病院事業会計決算の認定について      認定第16号 平成29年度韮崎市水道事業会計決算の認定について 日程第7 請願第30−2号 教職員定数改善、少人数学級推進、及び義務教育費国庫負担制度堅持を図るための請願書 日程第8 請願第30−3号 移設後の韮崎警察署の名称に関する意見書を山梨県警察本部長へ提出する請願 日程第9 請願第30−4号 学校給食費の無償 もっと読む
2018-09-20 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−03号 一般質問の第1は、幼児教育・保育の無償についてであります。  政府は、来年10月から実施される予定の「幼児教育・保育の無償」の内容を経済財政運営の基本方針、いわゆる骨太の方針に盛り込みました。果たして幼稚園や保育園の料金はどこまで無償となるのか、幼保を利用している当事者のみならず、小さい子どもを持つ親をはじめ多くの方が知りたいと思います。そこで、詳しくお聞きしていきます。   もっと読む
2018-09-10 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月10日−03号 目18緊急防災・減災事業債、節4消防関係事業債の3,420万円は、そのうち510万円が小立分団消防軽ポンプ車整備として、また2,910万円が防災行政無線デジタル事業に対する起債であります。  歳入につきましては以上です。  次に、歳出についてご説明いたします。  まず、総務費の中で地域防災課に係るものをご説明します。   もっと読む
2018-06-18 都留市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号 国の財政諮問会議でいきますと、2019年、来年の10月から保育の無償が取り上げられています。現在都留市では、先ほどの入所率の状況であれば十分保育士が足りているという状況があるのかもしれないですが、実際、もし来年度そのようなことが起こってくると、保育士の取り合いになる可能性があると思います。 もっと読む
2018-03-19 甲州市議会 平成30年  3月 定例会-03月19日−04号 厳しい予算編成だという認識は理解するものでありますけれども、地方自治体は国の悪政からしっかりと市民生活を守るため、その先頭に立ち、福祉の充実、まちづくりの推進、地域経済の活性が求められております。  そこで、一般会計予算の中の幾つかの点について指摘したいと思います。   もっと読む
2018-03-15 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月15日−04号 山梨市では給食センター計画時から、給食の無料は重点課題と捉えて、調査研究、国への働きかけを行ってきました。学校給食の無料は、全国では、今年度だけでも20市町村が無料に踏み切りました。全体で83市町村が実施をしています。文部科学省でも、初めて全国市町村を対象とした学校給食無料の調査を行いました。  そこで、当局にお聞きします。   もっと読む
2018-03-14 富士河口湖町議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−05号 11節需用費、06修繕費146万7,000円でございますが、この中に西湖公民館のトイレの洋式の改修工事の費用を盛らせていただきました。ちなみに、29年度につきましては、根場の公民館のトイレの洋式をさせていただきました。   もっと読む
2018-03-14 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号 中期計画の基本戦略に基づき、少子高齢による人口減少対策、行財政改革や事務事業評価による効率を図り、限られた財源で市民ニーズに適切に届くよう、さらなる選択と集中による行財政運営をお願いしたいと思います。  次の質問に移らせていただきます。  山梨市の働き方改革についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-03-09 富士河口湖町議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月09日−02号 平成28年度末耐震の関係につきましては、耐震率は51.6%で、内訳は、大石地区70.97%、河口地区36.52%。有収率につきまして70.8%でございます。内訳は、大石73.8、河口70.7、浅川57.9%でございます。  節16原材料費100万円、漏水修理用及び水道工事用の配管資材を計上させていただきました。 もっと読む
2018-03-05 市川三郷町議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−01号 主な内容につきましては、新施設整備事業、六郷庁舎空調設備事業、八乙女公民館建設事業、町道矢作上野線新設改良事業の最終年事業費および子育て支援医療費助成など、子育て支援対策の継続事業と、新たに幼児児童給食無償などであります。  次に、保育所新園舎につきましては、7月中旬の完成を予定しております。   もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.16 先ほど中心市街地を本当に活性するのかというような発言もあったと思うんですけれども、本当に活性していくために、今アウトプットしているものをしっかり波及して、アウトカムとしての活性をつくっていくという段階かなと思っています。 もっと読む
2018-03-03 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.15 そのほか、妊娠初期の方、あるいは御希望をなさる方には無償で配布をしてまいりたいと思っております。  配布の場所ですけれども、私ども障がい福祉課の窓口と、それから甲府市障害者センターで配布を予定しているといった状況でございます。  以上でございます。 ◯中村副委員長 兵道委員。 ◯兵道委員 ありがとうございました。 もっと読む
2017-12-18 都留市議会 平成29年 12月 定例会-12月18日−02号 “農林産物直売所(道の駅)を核とした地域活性について”  平成28年度を開始年度として、平成38年度までの11年間において取り組まれている、第6次都留市長期総合計画で、プロジェクトⅡ農林産物直売所(道の駅)を核とした地域活性についてお聞きいたします。  今後の農林産物直売所の整備運営についてであります。  以上です。 ○議長(小俣武君) 産業建設部長。 もっと読む
2017-12-15 大月市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月15日−委員長報告・質疑・討論・表決−03号 また、立地適正計画に基づく事業などにおける代替地ともなり得るでしょう。そういう意見もありました。  現在大月市が抱えている重大な課題は、人口減少であります。その解決策の一つが移住定住と言えます。案件のゆりケ丘を18%減額販売したとしても、そう売れるものではないと確信しております。 もっと読む
2017-12-15 山梨市議会 平成29年 12月 定例会-12月15日−03号 少子、高齢、過疎の進む中、地域の象徴である小学校、保育園、診療所などが閉鎖となり、残された施設が荒廃することが予想されます。この大切な資産の有効活用を行い、里山地域の活性につながることを期待するものです。  近年、社会問題となっている鳥獣害対策、特に二ホンジカの駆除は環境庁、農水省、山梨県や市町村の大きな課題と伺っております。 もっと読む
2017-12-12 甲府市議会 平成29年総務委員会 本文 2017.12.12 こちらは各条項の勤務形態等を一覧したものとなっており、右側の網かけ2列が今回の改正部分となっております。任期付職員につきましては、行政の高度や専門、多様する市民ニーズに対応した行政サービスの充実を図り、公務の能率的な運用を促進するため、地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律が制定されました。 もっと読む
2017-12-07 市川三郷町議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−01号 それから、簡易水道に関しましては、一気に料金の統一も、当時平成22年の答申では料金の統一があったんですが、非常にバラつきがありまして、旧町単位でですね、料金の低いところを平均するために上げるということは、あまりやるべきではないということで、かなり抑えてあります。   もっと読む
2017-10-03 大月市議会 平成29年  9月定例会(第3回)-10月03日−委員長報告・質疑・討論・表決−03号 以前から建てかえを要望しておりますが、施設の老朽が著しく、修繕を重ね使用している状況であります。建てかえには財政負担が大きくなると考えられるが、近隣市との広域の検討を含め、国、県等に必要な財政支援措置を講じ、早急な建てかえを検討するよう強く要望をいたします。  2点目は、鳥獣被害についてでありますが、鳥獣による被害が依然として多く、農作物に多大な被害が出ております。 もっと読む
2017-10-02 甲斐市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月02日−05号 また、中3までの医療費無料については、漏れなく受けられる窓口無料にすべきです。さらに、マイナンバー制度の推進は、支持ができません。加えて、バイオマス産業都市推進事業について、今日に至るまで明確な見通しが示されていないのも問題です。   もっと読む