運営者 Bitlet 姉妹サービス
96件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第6号) 本文 これに対し、早期に助成制度を確立し、市民への周知を図るなど、市民の安全を確保するよう求める意見がありました。  このほか、主な要望・意見は次のとおりです。 1 野間川の改修工事については、市民の財産等を守るため早期完成に努めること。 1 建築物の耐震化の促進については、積極的な広報活動に努め、安心・安全なまちづくりを推進すること。 もっと読む
2018-12-17 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号 (17番 一木長博君 登壇) ◆17番(一木長博君) 3番目の質問でございますが、消防体制の強化についてお伺いをさせていただきます。  第6次長期総合計画までは消防・救急体制の充実、この施策での取り組みの基本方針では、消防体制の強化として女性消防員の取り組みは行われてきませんでした。 もっと読む
2018-12-14 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.14 ◯照沼教育施設課長 教育施設を含めまして、市有施設につきましては、私ども建築営繕課という立場で、全て安全点検をさせていただきました。 もっと読む
2018-12-13 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.12.13 19款5項5目雑入のうち、消防本部分につきましては、消防員等福祉共済からの遺族援護金を増額するものであります。  20款1項13目臨時財政対策債につきましては、発行可能額の確定に伴い、今回の補正予算にかかわります一般財源として使用するため、増額をするものであります。  次に、歳出につきまして御説明いたします。22ページ、23ページをお開きください。   もっと読む
2018-09-18 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18 19節負担金補助及び交付金につきましては、甲府地区広域行政事務組合常備消防費負担金及び臨時負担金のほか、消火栓設置費負担金が主なものでございます。  211ページ、212ページをお開きください。  消防本部所管の2目非常備消防費につきましては、消防に係る経費及び耐震性貯水槽設置に要した経費であります。  補正予算につきましては、消防員の安全装備品の整備に係る増額補正であります。   もっと読む
2018-09-10 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.09.10 議案第59号 平成30年度甲府市一般会計補正予算(第3号)中、総務部、企画部、市民部及び消防本部にかかわります補正予算につきまして、一括して御説明いたします。  最初に、債務負担行為につきまして御説明いたします。26ページ、27ページをお開きください。   もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第3号) 本文 記憶に新しい7月の西日本豪雨災害において、愛媛県の大洲市では市内の広範囲、2,500棟以上が浸水し、消防が11隻のボートで多くの住民を救助したとの記事を目にしました。その中で今回の災害救助での消防の活躍は目立っており、日々の消防活動に伴う地域住民とのつながりや防災意識はもちろんだが、装備の重要性も明らかになったと言っておりました。   もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第2号) 本文 特に昨今、記録的な大雨をもたらしている線状降水帯や大型台風などによる水害への対策として、郷土愛護の精神に基づき地域の消防・防災活動を行うという消防員がその使命と役割を果たすためにも、消防員のさらなる安全を確保するとともに、被害を最小限に食いとめられるよう、その活動を支援するためのより一層の装備の充実を図るべきと思いますが、当局のお考えをお伺いいたします。 もっと読む
2018-06-18 都留市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号       杉本良之介君  消防署長     小林昌次君   消防課長     藤江 隆君   教育長      梶原 清君   教育次長     紫村聡仁君   学校教育課長   清水 敬君                    選挙管理委員会   生涯学習課長   紫村聡仁君   書記長・監査   田中正樹君                    委員事務局長   農業委員会             もっと読む
2018-03-14 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.14 1節報酬は、消防員の年報酬であります。  8節報償費は、消防員の退職報償金が主なものであります。  9節旅費は、消防員の出動に係る費用弁償が主なものであります。  11節需用費は、消防員の被服購入費、消防車両等の車検整備費、修繕費及び燃料費が主なものであります。  13節委託料は、消防員の健康診断及び道路下防火水槽改修設計業務委託に係る経費が主なものであります。   もっと読む
2017-09-20 甲府市議会 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.20 次に、消防本部所管の2目非常備消防費の主な節につきましては、1節報酬は、消防員1,262名分の年報酬であります。  219ページ、220ページをごらんください。  8節報償費は、消防員44名分の退職報償金が主なものであります。  9節旅費は、消防員の費用弁償といたしまして、各種災害出動、消防訓練などに伴う出動手当が主なものであります。   もっと読む
2017-09-12 甲府市議会 平成29年総務委員会 本文 2017.09.12 議案第91号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第2号)中市長直轄組織、総務部、企画部、市民部及び消防本部にかかわります補正予算の内容につきまして、一括して御説明を申し上げます。  最初に、地方債補正につきまして御説明いたします。8ページ、9ページをごらんください。   もっと読む
2017-09-07 富士河口湖町議会 平成29年  9月 決算特別委員会-09月07日−03号 次に、9目交通安全対策費ですが、節2給料から節4共済費につきましては、交通安全指導員1名の人件費であります。保育所や小学校、老人会等で交通安全教室の実施、交通安全街頭指導なども精力的に行っております。  節11需用費は、交通安全啓発の用品等の費用であります。  節19負担金、補助及び交付金は、各地区安協に対する運営補助が主なものであります。   もっと読む
2017-09-01 甲府市議会 平成29年9月定例会(第3号) 本文 消防装備についてお伺いいたします。  防火服は火災現場などで活動服の上に着用する服です。火災現場の炎に接近する現場で着用するので、火災の熱ですぐに燃えないよう、表地にはアラミド繊維を使用。耐炎性及び耐熱性にすぐれている繊維の1つであり、これにより消防員を熱から守っているものであります。 もっと読む
2017-03-13 甲府市議会 平成29年予算特別委員会 本文 2017.03.13 1節報酬は、消防員の年報酬であります。  130ページ、130ページをお開きください。  8節報償費は、消防員の退職報償金が主なものであります。  9節旅費は、消防員の出動にかかわる費用弁償が主なものであります。  11節需用費は、消防員の被服費及び消防ポンプ自動車等の維持管理に要する経費であります。   もっと読む
2017-03-02 都留市議会 平成29年  3月 定例会-03月02日−01号 ・   消防長      鈴木真二君            杉本良之介君                    消防署長   消防課長     根本久男君   教育長      梶原 清君   教育次長     小俣儀洋君   学校教育課長   長坂文史君                    選挙管理委員会   生涯学習課長   小俣儀洋君   書記長・監査   志村元康君                     もっと読む
2017-03-01 甲府市議会 平成29年3月定例会(第1号) 本文 消防・救急体制の充実につきましては、消防員がより安全に活動できる環境を整えるため、安全性、機能性が向上した新基準活動服を配備するとともに、消防の車両・資機材を整備してまいります。  また、消防水利については、消防水利整備計画に基づいた消火栓及び耐震性貯水槽の充実・強化を図ってまいります。   もっと読む
2017-03-01 甲府市議会 平成29年3月定例会(第3号) 本文 熊本地震では、延べ約10万人を超える消防員が救助活動などに目覚ましい活躍を見せたそうですが、全国的には少子高齢化の進展や就業構造の変化などにより、消防員の減少に歯どめがかからない状況であります。そのような状況の中、本市では女性員や学生員の入団もあり、若干ではありますが、消防員数が増加傾向であると聞いております。 もっと読む
2016-12-01 甲府市議会 平成28年12月定例会(第2号) 本文 続きまして、消防への支援について質問します。   もっと読む
2016-09-20 甲府市議会 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.20 次に、消防本部所管の2目非常備消防費の主な節につきまして御説明申し上げます。  1節報酬は、消防員1,253名分の年報酬であります。  5節災害補償費は、公務災害で死亡した消防員の遺族補償年金が主なものであります。  8節報償費は、消防員42名分の退職報償金が主なものであります。   もっと読む