62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.14

まず、救命胴衣購入費ということで、水防活動時における消防員の安全を確保するための救命胴衣の配備に係る経費69万円の件でございますが、これは、今まで消防にはなかった装備で本当にありがたいなと思っているところでございますが、この数とこれからどのような配付をするのかお教えいただきたいと思います。 ◯鈴木委員長 坂本消防本部次長。

韮崎市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号

(17番 一木長博君 登壇) ◆17番(一木長博君) 3番目の質問でございますが、消防体制の強化についてお伺いをさせていただきます。  第6次長期総合計画までは消防・救急体制の充実、この施策での取り組みの基本方針では、消防体制の強化として女性消防員の取り組みは行われてきませんでした。

甲府市議会 2018-12-13 平成30年総務委員会 本文 2018.12.13

19款5項5目雑入のうち、消防本部分につきましては、消防員等福祉共済からの遺族援護金を増額するものであります。  20款1項13目臨時財政対策債につきましては、発行可能額の確定に伴い、今回の補正予算にかかわります一般財源として使用するため、増額をするものであります。  次に、歳出につきまして御説明いたします。22ページ、23ページをお開きください。  

甲府市議会 2018-09-18 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18

19節負担金補助及び交付金につきましては、甲府地区広域行政事務組合常備消防費負担金及び臨時負担金のほか、消火栓設置費負担金が主なものでございます。  211ページ、212ページをお開きください。  消防本部所管の2目非常備消防費につきましては、消防に係る経費及び耐震性貯水槽設置に要した経費であります。  補正予算につきましては、消防員の安全装備品の整備に係る増額補正であります。  

甲府市議会 2018-09-10 平成30年総務委員会 本文 2018.09.10

議案第59号 平成30年度甲府市一般会計補正予算(第3号)中、総務部、企画部、市民部及び消防本部にかかわります補正予算につきまして、一括して御説明いたします。  最初に、債務負担行為につきまして御説明いたします。26ページ、27ページをお開きください。  

都留市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号

      杉本良之介君  消防署長     小林昌次君   消防課長     藤江 隆君   教育長      梶原 清君   教育次長     紫村聡仁君   学校教育課長   清水 敬君                    選挙管理委員会   生涯学習課長   紫村聡仁君   書記長・監査   田中正樹君                    委員事務局長   農業委員会            

甲府市議会 2018-03-14 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.14

1節報酬は、消防員の年報酬であります。  8節報償費は、消防員の退職報償金が主なものであります。  9節旅費は、消防員の出動に係る費用弁償が主なものであります。  11節需用費は、消防員の被服購入費、消防車両等の車検整備費、修繕費及び燃料費が主なものであります。  13節委託料は、消防員の健康診断及び道路下防火水槽改修設計業務委託に係る経費が主なものであります。  

上野原市議会 2018-03-14 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月14日−02号

消防部局としましては、防災訓練時以外にも火災時の対応として、消防との連携が不可欠なことから無線を活用する中での連携消火訓練を実施しており、火災予防運動時には地域の集会所等で行う防火教室を開催し、出向いて実施する地域に根差した業務として指導に当たっております。  また、消防の分団においても地域の特性により、防火水槽がない想定での長距離中継訓練等が行われています。

富士河口湖町議会 2018-03-09 平成30年  3月 予算特別委員会-03月09日−02号

続きまして、目2非常備消防費について説明いたします。  非常備消防費ですが、224万1,000円増の3,222万7,000円を計上しております。主に、町の消防の活動、運営に係る経費ですが、条例改正でもお願いいたしました消防員の報酬の増額が予算増額の主な要因であります。  節1報酬569万5,000円は、消防員の年間報酬であります。

中央市議会 2018-02-21 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月21日−01号

本市では、その一環として多様な防災協定の締結を進めてきており、12月には、ドローンを使った災害時の被害調査の支援を受ける協定を、県内2社の測量会社と、1月には、被災者の生活再建支援として無料法律相談会を開催する協定を山梨県弁護士会と、また先週には、市内にある田富、田富花輪、豊富、田富流通団地の4つの郵便局合同による、平常時および災害時の地域の安全安心に関する情報提供を中心とした協定を締結いたしました

甲府市議会 2017-09-20 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.20

次に、消防本部所管の2目非常備消防費の主な節につきましては、1節報酬は、消防員1,262名分の年報酬であります。  219ページ、220ページをごらんください。  8節報償費は、消防員44名分の退職報償金が主なものであります。  9節旅費は、消防員の費用弁償といたしまして、各種災害出動、消防訓練などに伴う出動手当が主なものであります。  

甲府市議会 2017-09-12 平成29年総務委員会 本文 2017.09.12

議案第91号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第2号)中市長直轄組織、総務部、企画部、市民部及び消防本部にかかわります補正予算の内容につきまして、一括して御説明を申し上げます。  最初に、地方債補正につきまして御説明いたします。8ページ、9ページをごらんください。  

甲府市議会 2017-03-13 平成29年予算特別委員会 本文 2017.03.13

1節報酬は、消防員の年報酬であります。  130ページ、130ページをお開きください。  8節報償費は、消防員の退職報償金が主なものであります。  9節旅費は、消防員の出動にかかわる費用弁償が主なものであります。  11節需用費は、消防員の被服費及び消防ポンプ自動車等の維持管理に要する経費であります。  

中央市議会 2016-12-15 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月15日−02号

また、市の独自研修としては、新採用職員を対象とした「消防規律訓練」、若手職員を対象とした「主体性発揮研修」や、「プロフェッショナル思考研修」、リーダー等を対象とした「変革リーダー研修」、保育士を対象とした「保護者への伝え方研修」等々、さまざまな内容の研修を年間を通して実施しております。  

甲府市議会 2016-09-20 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.20

次に、消防本部所管の2目非常備消防費の主な節につきまして御説明申し上げます。  1節報酬は、消防員1,253名分の年報酬であります。  5節災害補償費は、公務災害で死亡した消防員の遺族補償年金が主なものであります。  8節報償費は、消防員42名分の退職報償金が主なものであります。  

富士河口湖町議会 2016-08-03 平成28年  8月 臨時会(第3回)-08月03日−01号

1、契約の目的は、消防ポンプ自動車、800リットル水槽・圧縮空気泡消火装置搭載型消防ポンプ自動車、型式はCD−T型で、この車両の購入でございます。  車両の主な規格ですが、総排気量4,000cc、乗車定員5名、全長は6メートル以下、総重量は8トン以下となっております。  車両には、800リットルの水槽と、そのほか、消防活動に必要な各種機器、艤装品を装備しております。  2、財産の種類は物品。  

富士河口湖町議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月08日−01号

消防費は、消防装備充実事業費348万3,000円、足和田分団大嵐詰所新築事業費1,600万円、上九一色分団消防ポンプ車購入事業費3,500万円を計上いたしたところであります。  防災費は、備蓄食糧配備・防災備品整備事業費409万2,000円、地域防災計画(改定版)策定事業費270万円、国土強靭化計画策定事業費270万円を計上いたしました。