運営者 Bitlet 姉妹サービス
27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 このリニア駅周辺整備では、スマートインターチェンジ及びパーク&ライド用駐車場の設置、そして、産業振興・交流振興機能の整備を軸としておりますが、産業振興では、山梨県らしさの象徴をテーマに、半導体や水素・燃料電池及び医療機器等の既存産業と最先端技術としてのアグリテック等を核として位置づけております。   もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第4号) 本文 山梨県が目指す水素社会の実現に向け、1水素エネルギーの利用拡大、2CO2フリー水素サプライチェーンの構築、3水素・燃料電池関連産業の振興の3つを目指すべき方向と設定しました。  水素・燃料電池関連産業の振興では、県内に山梨大学燃料電池ナノ材料研究センターを初め、水素・燃料電池に関する研究開発拠点が集積している強みを生かし、やまなし水素・燃料電池バレーを目指すと明記されております。 もっと読む
2018-03-01 甲府市議会 平成30年3月定例会(第3号) 本文 国土交通省は、未来投資戦略2017において、2030年ごろの大規模な水素サプライチェーンの構築を目指し、FCVの本格的な普及を進めるなど、水素社会の実現を進めていくことがうたわれています。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までに、燃料電池バスを東京都中心に100台以上導入することも既に決まっております。   もっと読む
2017-03-08 甲府市議会 平成29年環境水道委員会 本文 2017.03.08 1点、水素の関係で、水素を使った、そういった取り組み等々が、いろいろ前は太陽光使ったりということで出てきたんですけど、公用車の中にもミライというのがあったり、その辺の本市の取り組みについてお伺いしたいんですけども、お願いいたします。 ◯坂本委員長 宮澤環境保全課長。 もっと読む
2017-03-01 甲府市議会 平成29年3月定例会(第3号) 本文 それを石炭と混ぜ、1200℃の高温の炉で加熱すると、炭化水素油、コークス、コークス炉ガスが発生します。炭化水素油は容器包装や塗料、電子材料の原料に使用され、コークスは鉄をつくるための還元剤として利用され、コークス炉ガスは発電所で利用されています。無駄なものは一切出ません。今まではプラスチック製容器は可燃ごみと一緒に回収され、焼却されていました。 もっと読む
2016-09-20 甲府市議会 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.20 その中できょう質問させていただいたのは、この内の平成27年度リース更新した中において、1台水素を動力源とする次世代型車両、燃料電池自動車をリースしていただいたということで。これ私、前に電気自動車を導入してほしい、それからそのときにいずれ水素の燃料電池車も出てくるんでということで質問したことがありましたので、きょう質問させていただきましたが。   もっと読む
2016-09-01 甲府市議会 平成28年9月定例会(第4号) 本文 道路を走る車はほとんどが電気自動車や燃料電池車などのクリーンエネルギー自動車となり、幹線道路沿いには多くの充電設備や水素ステーションが整備され、行先や移動距離を気にすることはありません。中心市街地と各居住地域は公共交通で結ばれており、デマンドバスも利用できるので、不便さはあまり感じません。LRTでリニア中央新幹線駅に行けば、短時間で都心に出かけることもできます。 もっと読む
2015-09-17 甲府市議会 平成26年度決算審査特別委員会 本文 2015.09.17 これからもやっていっていただけたらと思っておりますが、その中で、これからまたもっとすごい環境対応車としては、水素を燃料とした燃料電池車みたいなものも出てきます。いろいろな形の中で環境にやさしいものが出てきますので、そんな形のものもまた学習の中の一環へ入れていっていただければありがたいかなと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  この質問を終わります。   もっと読む
2015-09-14 甲府市議会 平成27年環境水道委員会 本文 2015.09.14 ◯佐野委員 これは硫化水素ガスの要因というのは大きいでしょうか。 ◯鈴木委員長 前嶋下水道管理室長。 ◯前嶋下水道管理室長 今回の原因につきましては、硫化水素の原因については、あったかどうかについては明確にはお答えすることが今はできませんが、基本的には鉄筋コンクリートの経年劣化、また素材、施工方法なども管渠の寿命には影響をしてくることがございます。 もっと読む
2014-03-10 大月市議会 平成26年  3月定例会(第1回)-03月10日−一般質問−02号 本補助制度は、2度にわたり申請期間が延長されておりますが、初期投資は少ないものの長期的に見た場合、維持管理に要する費用が見込まれること、今後において電気自動車のほかにも燃料電池自動車や水素自動車の開発が進められていることなどから、設置の必要性、利用頻度などを検討の上判断をしてまいりたいと考えております。  以上であります。 ○議長(小泉二三雄君) 卯月政人君。            もっと読む
2012-12-01 甲府市議会 平成24年12月定例会(第4号) 本文 また、小曲町及び増坪町の最終処分場は、公害防止協定は締結しておりませんが、生活環境の保全に関する水質基準であるpH(水素イオン濃度)、SS(浮遊物質量)や大腸菌群数などの5項目について、国の排出基準より厳しい自主基準値により、管理を行っているところであります。   もっと読む
2011-09-01 甲府市議会 平成23年9月定例会(第3号) 本文 次世代自動車とは、電気自動車、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル自動車、燃料電池自動車、水素自動車等でありますが、その中の電気自動車はまだ本市には導入されておりません。   もっと読む
2011-09-01 甲府市議会 平成23年9月定例会(第4号) 本文 現に福島第一原発の4号機は点検のため停止中でしたが、水素爆発まで引き起こしています。  すべての原発をやめて、安全な自然エネルギーに転換するしかありません。特に浜岡原発のような危険な原発は早期に廃炉にして、完全に放射能汚染の心配がなくなるようにしていくべきです。  この浜岡原発の地盤が非常にもろいと言われています。 もっと読む
2011-05-30 大月市議会 平成23年  6月定例会(第2回)-05月30日−一般質問−02号 もちろんこれは在来型のまきや炭利用の復活を意味するものではなく、ペレットを含みますバイオマスの直接燃焼やガス化による効率的な発電であり、行く行くは次世代のエネルギーとされるメタノールや水素の生産が期待されるものと認識をしております。 もっと読む
2011-03-08 甲斐市議会 平成23年  3月 定例会(第1回)-03月08日−05号 塩ビ製品を焼却すると有害なダイオキシン、塩化水素が発生することは知られておりますが、どのような対策がとられているのか、お伺いいたします。 ○議長(内藤久歳君) 質問が終わりました。  当局の答弁を求めます。  保坂市長。 もっと読む
2010-09-15 大月市議会 平成22年  9月定例会(第5回)-09月15日−一般質問−02号 光化学スモッグとは、大気中に排出された自動車の排出ガスや工場の煙の中に含まれている炭化水素や窒素酸化物などの物質が太陽の強い紫外線を受けて光化学反応を起こし、光化学オキシダントを発生させたときに、空が白くもやがかかった状態となり、この状態を光化学スモッグと言い、全般的には5月から9月に発生をしています。 もっと読む
2009-09-17 甲斐市議会 平成21年  9月 定例会(第3回)-09月17日−02号 先日、庁舎の駐車場にて、トヨタ自動車が究極のエコカーとして開発を進めている水素をエネルギーとする燃料電池ハイブリッド車、トヨタFCHVを見学することができました。地球全体で排出されるCO2のうち、車からのものが約17%であるとのことであります。2015年までには燃料電池ハイブリッド車の市場化を目指し、開発を進めております。車体をすべて手づくりであり、1台の車体価格は1億円とのことでありました。 もっと読む
2009-03-10 甲斐市議会 平成21年  3月 定例会(第1回)-03月10日−03号 現在、地球温暖化が世界じゅうで大きな社会・環境問題になっている中、国は、水素による次世代エネルギーの燃料電池の研究開発に取り組み山梨大学、産業界、県などの連携事業に7年間で70億が総事業費として予算化されたと聞いております。   もっと読む
2008-12-01 甲府市議会 平成20年12月定例会(第3号) 本文 また、燃料電池製造工場誘致の問題についてでありますが、既に愛知県や三重県では、新エネルギー関連産業振興計画を策定し、燃料電池をはじめ新エネルギーの研究、産業の集積地域を目指して研究に取り組む中小企業に補助制度を創設したほか、水素エネルギーをテーマにしたシンポジウムの開催など、他地域に先んじたさまざまな取り組みを展開しています。 もっと読む
2008-09-14 中央市議会 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号 そういった点を把握することも重要だと思っておりますし、いろいろな事例として例えば義歯を作るときに、フッ化水素、フッ化水素を使うわけですけれども、虫歯予防に使うフッ化ナトリウムと取り違えて、死亡事故を起こしているという事例もあるわけですね。 もっと読む
  • 1
  • 2