42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 富士河口湖町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月13日−03号 審査につきましては、地域防災課地域係長から、船津財産区特別会計補正予算(第4号)については、船津保育所駐車場借上料繰出金と予備費の減額、小立財産区特別会計補正予算(第3号)については、安協小立支部設立補助繰出金と予備費の減額、大石財産区特別会計補正予算(第1号)については、歳入では工事残土置き場借地料、県道拡幅工事に伴う用地及び立木補償料、歳出については県道拡幅工事に伴う樹木伐採工事費と予備費の増額 もっと読む
2017-03-16 市川三郷町議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月16日−02号 予算説明の中で、中部横断道の残土を6,500立方メートル土盛りするとの説明がありました。6,500立方メートルの盛土をしなくてはならないような低い土地へ、保育園舎を建設する用地に選ぶこと自体が間違いではありませんか。  第7に、4款衛生費1項1目21節の峡南医療センター貸付金6億5千万円です。歳入でも同額の峡南医療センターからの返還金が計上されています。 もっと読む
2016-12-15 甲斐市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月15日−04号 この赤坂とまとの生産農地は、旧竜王町のときに竜王北中学校の造成工事を自衛隊にお願いしてやっていただき、所有者から残土捨て場の提供を受け埋め立てた場所で、所有者から土質が悪く作物がつくれないということで、昨日も補助金の話がありましたが、保坂市長が骨を折られて国の補助金、補助率92%の農山漁村活性化プロジェクト支援交付金を受け、温室ハウス6,758万8,000円で整備されたと聞いておりますが、そこをモデル もっと読む
2016-06-20 大月市議会 平成28年  6月定例会(第4回)-06月20日−代表質問・一般質問−02号 また、もう一つ、ご質問の中にありました残土の処分先等々につきましても、私どものほうでは何カ所か処分先があるかということで、国のほうにも候補地等々について、数カ所、ここでは明言はできませんが、お伝えをしているところであります。  以上であります。 ○議長(西室衛君) 小泉二三雄君。            もっと読む
2016-02-04 富士河口湖町議会 平成28年  2月 臨時会(第1回)-02月04日−01号 それから、現地既存の舗装等の撤去に伴い、廃材処理や舗装残土等の量の確定による変更として11万円の増額。  3番目として、マンホールや量水器等が現地にたくさんございます。それの、いわゆる高さの舗装との調整工13カ所、それから、北側入り口から入っていきますと横断側溝があるんですが、そこが完全に詰まっておりまして、そこの清掃等で17万円の増額、以上の3つであります。   もっと読む
2015-12-18 甲斐市議会 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月18日−04号 第2章では、リニア中央新幹線が甲斐市の発展の好機との評価でありますが、動植物、生態系の影響、騒音、振動、電磁波、水枯れ、残土の処理等の自然生活環境破壊のリスクを踏まえた評価なのか疑問であります。  第3章では、市民アンケートの内容と結果、評価が市民の声として正確に反映されているのか疑問であります。  第4章は以下のとおりであります。   もっと読む
2015-12-14 甲斐市議会 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月14日−03号 ◎市長(保坂武君) 金丸議員のご質問で再質問とありまして、次から次に質問があるわけですけれども、私のほうは今聞いておった状況から鑑みますと、ご質問が特産品のブランド化について赤坂、大弐の話にもまた突っ込んでいくわけですが、赤坂とまとについては不耕作地があって、あそこに1町歩からの農地があって、もともとは農地だったんだけれども、中学校の残土捨て場になって、畑に戻すというのを戻さないで、そのままにして耕作 もっと読む
2015-12-11 甲州市議会 平成27年 12月 定例会-12月11日−02号 また、立ち会いの中で、当局の担当課長も県の担当者とお話をしていたようなので、補足説明や浚渫の残土処理の状況や価格、また立ち木伐採の材木の処理状況など県の動向などの情報があれば、ぜひともお聞かせください。 ○議長(中村勝彦君) 建設課長、三森今朝美君。 ◎建設課長(三森今朝美君) 議員の質問にお答えいたします。  山梨県全体にわたり河川の荒廃が進み、県においても補正予算を予定して対応中でございます。 もっと読む
2015-06-22 甲府市議会 平成27年経済建設委員会 本文 2015.06.22 ◯向山委員 今回の請願につきましては、採択をお願いしたいんですけれども、リニア周辺の開発に関して、残土を利用して荒川の河川敷の広大な土地のところに桜とモミジの回廊づくりということで、地域住民の方も協力を得て、今回、大津町の桜とモミジをつくる会ということで○○さんが代表をされていまして、またNPO法人の未来の荒川をつくる会の○○会長を初め、そこから発生をしたリニア日本一花街道(桜・モミジ)をつくる会の もっと読む
2014-12-18 韮崎市議会 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月18日−03号 そういうことが余りにも多くて、業者は非常に泣いておられるということが多く見られるわけでありまして、特に現在では建設工事から発生する残土の問題、先日も都市部では大分ストックをしておいた山が崩れて住宅を押し潰したとかいうような話もありますように、建設残土の処分というのは業者にとっては非常に大きな負担になっているのは、多分建設課長はじめ、農林課長たちは十分承知はしてくれてはおると思うんですが、なかなかそれを もっと読む
2014-12-15 甲斐市議会 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月15日−02号 膨大な残土や水枯れ、異常出水、大量の電力消費、電磁波の影響など、環境大臣も、環境破壊には枚挙にいとまがないと発言するなど、諸問題があります。この辺はどのようにお考えでしょうか。 ○議長(有泉庸一郎君) 答弁を求めます。  小田切部長。 もっと読む
2014-12-11 甲州市議会 平成26年 12月 定例会-12月11日−02号 甲州市といたしましては、毎年地元の浚渫、河床整正の要望を県に伝えておりますが、浚渫時に発生する残土処理場が確保されていなく、県においても対応に苦慮をしております。このことが最大の原因となっており、公共残土処理用地の確保が難しいため、応急対策として、荒廃河川の河床整正が可能な河川での実地を順次行っております。  以上です。 ○議長(中村勝彦君) 3番、黒川武雄君。 もっと読む
2014-12-11 大月市議会 平成26年 12月定例会(第5回)-12月11日−一般質問−02号 さらに、山梨県や本市が行う公共工事からの発生残土の処理につきましても、視野に入れて進める必要があると考えております。仮に本市内の国道に面する箇所に埋め立てが実現することとなる場合には、所有者や市民の皆様のご意見を聞いた中で、この土地の利用につきまして検討させていただくことになると考えております。   もっと読む
2014-09-17 甲斐市議会 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月17日−04号 最後7つ目ですが、甲斐市牛句字矢木羽沢に、北部開発株式会社が建設残土100万立米を搬入、転圧、盛り土をする事業は、平成26年6月27日に県の林地開発許可が下りておりますが、最近のゲリラ豪雨や広島の土砂災害を見れば下流域の不安は消えていません。 もっと読む
2014-06-24 都留市議会 平成26年  6月 経済建設常任委員会-06月24日−01号 ◆15番(小俣武君) 例えば、リニアの残土を搬入しましたよね。これは区画整理、要するに組合がリニアと折衝して残土を搬入したのか。 もっと読む
2013-09-12 大月市議会 平成25年  9月定例会(第4回)-09月12日−一般質問−02号 次に、花咲工区については、開削、トンネルの掘削工事等で残土は大量に発生する工事と思われます。この残土処理現場の確保等への協力はどんなふうにしているか、考えをお尋ねいたします。よろしくお願いします。 ○議長(小泉二三雄君) 古見金弥君の質問に対し、当局の答弁を求めます。  山田産業建設部長、答弁。            もっと読む
2013-03-15 山梨市議会 平成25年  3月 定例会-03月15日−04号 南棟部分はグラウンドの高さまで切り土し、残土は場外へ排出する計画を立てておりましたので、搬出可能な土壌か土質調査を行ったところ、盛り土台としてスラグが使用されていることが判明いたしました。スラグは鉱石から金属を精錬した際に残る固形物で、盛り土台等に使用され、埋設されたままの状態では特に問題はありません。 もっと読む
2012-12-18 山梨市議会 平成24年 12月 定例会-12月18日−03号 現在、野背坂線改良工事の残土処理場として使用していますが、工事の終了までに形状を決定してまいりますので、その形状を利用した上で、桜やカエデなどを植栽することを検討して、花見山構想を進めてまいりたいと思います。 ○副議長(雨宮悦子君) 松土茂治生涯学習課長。 ◎生涯学習課長(松土茂治君) 図書館建設資材の活用についてであります。   もっと読む
2012-12-11 甲斐市議会 平成24年 12月 定例会(第4回)-12月11日−01号 最近、甲斐市内の山林や荒れ地などに、残土の無秩序な堆積や、廃棄物の不法投棄が目立ち、ドラゴンパーク周辺にも土砂を堆積するなど、近隣住民の不安と生活環境の悪化を招く原因となっています。現在、県条例により、3,000平方メートル以上の土砂埋め立て、堆積については、届け出が義務づけられていますが、3,000平方メートル未満の行為については規制できないのが現実です。   もっと読む
2011-03-18 甲府市議会 平成23年予算特別委員会 本文 2011.03.18 ダム造成に伴いまして残土処理をしたのり面へ、3年ほど前でございますけれども、企業の森としてスーパーのオギノさんの財源の提供をいただきまして、県の森づくりコミッションという組織が仲介をとっていただく中で、水源林の造成を実施したというふうな経過がございます。 もっと読む