281件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2019-03-18 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.18

13節委託料につきましては、市有林の造林事業費、松くい虫防除事業費、林道の維持管理業務、市営林道橋梁定期点検業務等に係る委託料であります。  15節工事請負費につきましては、小規模治山工事、市営林道御岳線法面改良工事等に要する費用であります。  19節負担金補助及び交付金につきましては、第4回「山の日」記念全国大会負担金、甲府市森林整備事業補助金及び特定鳥獣適正管理事業補助金等であります。  

甲府市議会 2018-12-14 平成30年経済建設委員会 本文 2018.12.14

14款2項11目・3項、                     第19款5項5目中産業部分、                     第20款1項6目                  歳出 第6款、第7款1項2目、第11款                 第2表 繰越明許費補正(追加)中                     農業施設等管理事業、                     既設林道維持管理事業

富士吉田市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−01号

また、継続費として、小学校校舎等維持管理事業5,874万4,000円、中学校校舎等維持管理事業717万1,000円を追加し、林道維持管理事業740万円を繰越明許費とするものであります。  以上、一括して御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げます。 ○議長(渡辺幸寿君)   質疑はありませんか。      

甲府市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第1号) 本文

第6款農林水産業費は、農業施設等管理事業費に係る農業費及び既設林道維持管理事業費に係る林業費を追加するための補正であります。  第7款商工費は、産業立地等推進事業費等を追加するための補正であります。  第9款消防費は、甲府地区広域行政事務組合消防費負担金等を更正するための補正であります。  

甲府市議会 2018-09-20 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.20

6款2項2目林業振興費につきましては、森づくり推進事業、森林保護事業、小規模治山事業、既設林道維持管理事業などに要した経費であります。  補正予算につきましては、急傾斜地崩壊対策事業負担金の増額に伴う小規模治山事業に係る負担金補助及び交付金の増額であります。  予備費及び流用額につきましては、平成30年3月に発生しました市営林道高成線法面崩壊に伴う工事請負費であります。  

甲府市議会 2018-09-18 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18

14款1項1目予備費につきましては、充用額258万2,000円は、本年3月に発生しました市営林道高成線の石積みの崩落に伴う法面改良工事にかかわる経費として、6款2項2目林業費、既設林道維持管理事業費へ充用したものあります。  以上で説明を終わらせていただきます。御審査のほど、よろしくお願いいたします。 ◯廣瀬委員長 以上で説明は終わりました。  

富士河口湖町議会 2018-09-04 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月04日−01号

これは、大嵐財産区有地の大田和林道の一部に崩落している箇所があり、通行に支障があるため、補修工事の費用として計上するものであります。  その下ですが、4款1項目1予備費は12万円を減額して、補正後の額を269万3,000円とするものであります。ただいま説明いたしました歳出予算、歳出補正予算に係る財源として補正をするものであります。  以上、大嵐財産区特別会計補正予算について説明をいたしました。

都留市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号

県道大野夏狩線につきましては、東桂地域の国道139号交差点から県営林道細野鹿留線までの全長2,962メートルの道路であり、その機能は、鹿留・沖地域住民の暮らしの基盤をなす生活道路としてだけではなく、県営林道を利用し忍野村・山中湖村方面への観光ルートとしての多面的な用途に供されております。  これまで県において、幅員狭小で見通しの悪い箇所や危険な箇所の改良工事を継続的に行ってきております。

甲府市議会 2018-03-16 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.16

前年度比291万5,000円の減でありますが、主な要因は、既設林道維持管理事業費における工事請負費の減などによるものであります。  13節委託料につきましては、市有林の造林事業、林地台帳整備事業、松くい虫防除事業、林道の維持管理業務、甲府名山の募集チラシ作成配布に係る委託料であります。  15節工事請負費につきましては、小規模治山工事、既設林道維持補修工事等に要する費用であります。  

都留市議会 2018-03-15 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−01号

1款管理費、1項総務管理費は、委員7人の人件費のほか、消耗品などの事務費53万4,000円、2款事業費、1項保護費は、保護委員等の6人の人件費ほか、林道の補修、下刈り等に要する経費で12万5,000円、2項造林費は、造林事業に係る消耗品等の経費2,000円を計上したものであります。  続きまして、水頭外3恩賜林保護財産区管理会特別会計についてご説明いたします。  43ページをお願いいたします。  

都留市議会 2017-12-20 平成29年 12月 総務産業建設常任委員会-12月20日−01号

内容につきましては、台風21号、22号により被害を受けた林道、治山、排水路等の7件で、主に路側法面の崩落及び洗掘された路面等の復旧に伴う経費であります。  議案集の46ページをお開きください。  次に、10款災害復旧費、2項公共土木施設災害復旧費、1目道路橋梁災害復旧費につきましては、補正額3,670万円を追加し、総額を3,920万1,000円とするものであります。

都留市議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会-12月18日−02号

市内の中でも渓谷美にすぐれる鹿留渓谷のPRを行うことにより、より多くの観光客の集客が見込めるとともに、鹿留林道でつながる忍野村との観光連携の考えはあるのか、お聞きいたします。 ○議長(小俣武君) 産業建設部長。 ◎産業建設部長(小宮敏明君) お答えいたします。  

韮崎市議会 2017-12-13 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月13日−04号

今回の組織の見直しの中で、特に市長が提唱する市民目線に関することで特徴あるものにつきましては、現在、本庁舎2階にあります農林課と商工観光課を統合いたしまして産業を1つの課に商工業、農業、林業等を1つの課にあわせ、市民の皆様がわかりやすく産業に関するものを1つの課にまとめ、また、農林課にあります農道関係、林道関係の業務を建設課へ移行し、これまで区長さん方が道に関する要望やいろいろな質問があったときに、

甲府市議会 2017-09-22 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.22

継続費及び繰越事業費繰越額につきましては、平成28年3月に発生いたしました市営林道御岳線岩石崩落に伴う工事請負費であります。  不用額につきましては、森づくり推進事業に係る負担金補助及び交付金が主なものであります。  1節報酬につきましては、嘱託職員と市有林巡視員の報酬であります。  189ページ、190ページをお開きください。  

甲府市議会 2017-09-20 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.20

11款4項1目林業施設災害復旧費につきましては、昨年8月の本市北部地域における局地的豪雨に伴う市営林道高成線及び御岳線の路肩の復旧に係る工事請負費であります。  12款1項1目公債費の元金につきましては、市債の元金償還金であります。  253ページ、254ページをお開きください。  2目利子につきましては、市債及び基金の繰替運用に係る利子償還金であります。  

都留市議会 2017-09-14 平成29年  9月 決算特別委員会-09月14日−01号

主な支出といたしましては、林道路面補修の修繕等需用費に77万3,096円、宮の前沢排水路設置工事1件の工事請負費に423万5,760円の支出が主なものであります。  また、工事請負費の不用額につきましては、工事請負差金によるものであります。  以上です。 ○委員長(小林歳男君) 産業課長。 ◎産業課長(宮下洋一君) 引き続き、3目造林費についてご説明いたします。  

都留市議会 2017-09-13 平成29年  9月 総務産業建設常任委員会-09月13日−01号

内容につきましては、台風5号により被害を受けた林道、治山排水路等の24件で、主に路側法面の崩落、落石及び洗掘された路面等の復旧に伴う経費であります。  議案集の20ページをお開きください。  次に、10款災害復旧費、2項公共土木施設災害復旧費、1目道路橋梁災害復旧費につきましては、補正額250万円を追加し、総額を250万1,000円とするものであります。

甲斐市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月12日−01号

計画推進のためには林道の整備、要するに搬出道の整備が重要な問題であります。  新計画中の10年間に林道の開設、新設という意味だと思いますが、安寺、下福沢地区に500メートル開設して、利用区域を75ヘクタール分をカバーすると。また林道開設ですけれども、改築という項目の中に寺平、千田地区に1,500メートル、約113ヘクタール分の整備を見込んでいるとなっています。