運営者 Bitlet 姉妹サービス
176件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第4号) 本文 全国での活用事例としては、石川県金沢市では7言語の情報発信による観光客を誘致する事業での活用、京都大山崎町では2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会事前合宿でのホストタウン事業で活用し、幅広く目に見える成果も上がっております。   もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第3号) 本文 担当者会議ではこれまで、静岡・名古屋・大阪方面の旅行会社を招いて、各市の観光地の魅力を体験・体感していただくツアーの開催や、東京シティエアターミナルでの外国人旅行客をターゲットとした多言語の観光パンフレットの配布、さらに本年2月22日には、大阪大阪市内において4市の観光パンフレットや桃の花の配布、ワインや特産品、土産品の販売を行う観光物産キャンペーンを実施するなど、誘客を図る取り組みを行っております もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第2号) 本文 特に昨年は、6月の大阪北部を震源とする地震を初め、平成30年7月の西日本豪雨災害や9月の北海道胆振東部地震など、数多くの自然災害が発生し、災害の恐ろしさを目の当たりにするとともに、こうした災害に対する備えの重要性を改めて認識させられた年でもありました。   もっと読む
2018-12-14 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.14 甲府市光風寮指定管理委託料、                      甲府市上九の湯ふれあいセンター、甲府市いき                      いきプラザ(上曽根、古関・梯)及び甲府市健                      康の杜センターに係る指定管理委託料、                      甲府市緑が丘スポーツ公園(有料運動施設)、甲                      市青葉 もっと読む
2018-12-04 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号 はじめに、2011年、平成23年3月11日の東日本大震災から7年、一昨年、平成28年は4月に震度7を2回記録した熊本地震、昨年、平成29年は、7月に九州北部豪雨、今年、平成30年は6月に大阪北部地震、7月に西日本豪雨土砂災害、9月に北海道胆振東部地震がありました。この地震は厚真町で震度7を記録、死者41人の未曾有の地震災害でありました。   もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 また、内閣からの定額給付金などと比べ、少ない事業費だが同等の効果を上げたと分析をされております。  プレミアム付き商品券は、購入額より1割から3割増しで買い物ができる最大のメリットがあります。国の2014年度の補正予算で交付金が創設され、地方自治体がプレミアム付き商品券やふるさと名物商品券・旅行券などを発行できるようにされていました。 もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第4号) 本文 2010年大阪八尾市が仲介した子どもの一時預かり事業で、生後5カ月だった女児がうつ伏せに寝かされ、その後死亡しました。うつ伏せ寝にしてしまったことが事故原因であったということですが、協力会員の育児に対する知識不足や安全認識への欠如などが考えられます。 もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 西日本豪雨や大阪北部を震源とする地震、台風21号、また北海道胆振東部地震などで被害に遭われた方に心よりお見舞いを申し上げます。また、お亡くなりになられた方の御冥福を心よりお祈り申し上げます。  災害時に避難所となる施設に小中学校の体育館などがあります。 もっと読む
2018-09-20 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−03号 これを受け、全国市長会は7月11日に理事・評議員合同会議において決定した確実な財源の保障、実施時期への配慮などを盛り込んだ「子どもたちのための無償化実現に向けた緊急決議」を、田中内閣副大臣、丹羽文部科学副大臣、牧原厚生労働副大臣にそれぞれ面談の上、要請を行っています。どのようなことを要請したのでしょうか、緊急決議の要請内容について伺います。   もっと読む
2018-09-19 韮崎市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−02号 最大震度6弱を観測した6月18日の大阪北部地震で、同府高槻市の市立小学校のプールにあったブロック塀が約40メートルにわたって倒壊しました。不運にも登校中の市立小学校4年生の女子が下敷きとなり死亡するという、非常に痛ましく、残念な災害でありました。   もっと読む
2018-09-11 甲府市議会 平成30年経済建設委員会 本文 2018.09.11 まず、専決処分の理由でありますが、平成30年6月に発生いたしました大阪北部を震源とする地震による塀の倒壊被害を受け、劣化・損傷により危険と判断した公共施設等における塀の改修工事等に伴い、工事請負費を追加するについては、甲府市一般会計予算の補正を必要とするものでありますが、市議会を招集する時間的余裕がありませんでしたので、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行ったものであります。   もっと読む
2018-09-10 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.09.10 専決処分の理由でありますが、大阪北部を震源とする地震による塀の倒壊被害を受け、劣化・損傷により危険と判断した公共施設等における塀の改修工事等に伴い、工事請負費を追加するにつきましては甲府市一般会計予算の補正を必要といたしますが、市議会を招集する時間的余裕がありませんでしたので、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行ったものであります。   もっと読む
2018-09-10 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.09.10 まず、専決処分する理由でありますが、大阪北部を震源とする地震による塀の倒壊被害を受け、劣化・損傷により危険と判断した公共施設等における塀の改修工事等に伴い、工事請負費を追加するについては、甲府市一般会計予算の補正を必要といたしますが、市議会を招集する時間的余裕がございませんでしたので、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行ったものであります。   もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第1号) 本文 まず、議案第58号「専決処分について」は、大阪北部を震源とする地震による塀の倒壊被害を受け、劣化・損傷により危険と判断した公共施設等における塀の改修工事等に伴い、工事請負費を追加するについて、平成30年度甲府市一般会計予算の補正を行ったものであります。 もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第4号) 本文 大阪北部を震源とする地震、西日本の豪雨、台風21号の日本上陸、昨夜の北海道での震度7の地震など、甚大な被害にさらされております。亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。  それでは、質問に入らせていただきます。  まず初めに、働き方改革と地方創生ふるさとテレワークの取り組みについて伺います。   もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第3号) 本文 本年6月には、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生、5人が死亡し、400人を超える負傷者が出ました。建物被害も、全壊14棟を含む約4万4,000棟の損壊が確認されております。また、7月には、前線や台風7号の影響により、日本付近に温かく、非常に湿った空気が供給され続け、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となりました。 もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第2号) 本文 (市長 樋口雄一君 登壇) ◯市長(樋口雄一君) 今定例会冒頭に、大塚議長発議によりこの議場にて、6月の大阪北部を震源とする地震、そして平成30年7月豪雨のそれぞれの被災された方々、お亡くなりになられた方々に対しましての黙祷をささげたところでございます。 もっと読む
2018-07-18 市川三郷町議会 平成30年  7月 臨時会(第1回)-07月18日−01号 気象庁は数十年に一度の大雨災害に最大級の警戒を呼び掛ける大雨特別警報を6日から8日にかけて、110県、中部、近畿、中国、四国、九州に発令しておりましたが、被害は拡大し、36年前の1982年、昭和57年の死者、行方不明者299人を出した長崎大水害に次ぐ大災害となりました。  亡くなられた方々のご冥福と、謹んで哀悼の意を表します。   もっと読む
2018-06-18 都留市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号 けさの7時58分ですか、大阪のほうで震度6弱という大変強い地震があったそうなんですが、防災にもこれは当然言えることで、自助・共助、公助が一番最後ですね。まさにこの自助・共助で引っ張っていかないと、公助の、一番最後の公の部分を待っていたらなかなか進まないとは思うので、ぜひ自助・共助をさらに推進して、皆さん、住民の方たちの意識にうまく入り込むような形で推進していただけたらと思います。   もっと読む
2018-06-01 甲府市議会 平成30年6月定例会(第4号) 本文 転出超過は、前年比2.4倍まで膨れ上がり、993人のマイナス、下位の市町村は、福岡県北九州市や大阪堺市など、甲府市より人口規模が多いところがほとんどで、東京都の隣接県でワースト20位なのは、甲府市と神奈川県横須賀市だけでした。  そこで質問します。歯どめがかかるどころか、加速する人口減少の要因をどのように分析しているんでしょうか。樋口市長の見解をお伺いします。 もっと読む