運営者 Bitlet 姉妹サービス
9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-03-16 甲府市議会 平成29年予算特別委員会 本文 2017.03.16 あわせて、今年の1月に福岡県の大川市で小学校4年生の男児がサッカーゴールの下敷きになって死亡してしまった悲惨な事件がありましたけれども、来年度予算の中でこういったスポーツ器具の安全点検。また老朽化しているような備品も数多くあると思います。今のお話の中ではその予算はないというような話だったんですけれども、安全対策も含めた上での予算計上もされてないという理解でよろしいんでしょうか。 もっと読む
2016-12-06 富士河口湖町議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月06日−01号 山日新聞10月27日掲載記事で、東日本大震災で津波による犠牲のあった大川小学校。仙台地方裁判所は大川の避難誘導での過失を認め、市と県に14億円の賠償を命じる判決が出されました。そこで、我が町北岸地区では、住宅地域が急傾斜特別警戒区域、急傾斜警戒区域、土石流危険区域、土石流危険渓流に指定されています。その中に大石地区、長浜地区は避難場所があります。 もっと読む
2012-09-18 富士吉田市議会 平成24年  9月 定例会(第3回)-09月18日−02号 宮城県石巻市の大川小学校であの大津波に襲われて児童74人、教職員10人が死亡、不明という残念な出来事がありました。地震発生後、マニュアルどおり校庭に避難した教職員と児童は、約50分間もその校庭にとどまって対応策を模索していたということです。そして、50分間協議して選んだ避難先は、学校より少しでも高いところへということで、堤防へと避難を始め、その直後に大津波に襲われたものでした。   もっと読む
2012-03-08 富士河口湖町議会 平成24年  3月 定例会(第1回)-03月08日−03号 また当町においては、本年5月に規模特養老人福祉施設の開設等、新たな介護施設整備等による介護給付費の増加が見込まれること等が、その要因となっております。また、保険料の上昇を抑えるため、今期においては財政安定化基金の取り崩しをして、保険料の軽減を図っております。   もっと読む
2012-03-01 甲府市議会 平成24年3月定例会(第2号) 本文 自然エネルギーは、密度が低いために必然的に規模・分散化となって、先進地では関連の工場は1自治体1つあってもおかしくないと言われております。このことは、地域資源の発掘と全面的利活用、エネルギー化に向けた事業性の検討や確立、地元中小業者の異業種連携による事業体の確立、あるいは地域協議会の設立推進などなど、自治体に果たすべき役割を求めることがたくさんあります。 もっと読む
2011-09-08 富士河口湖町議会 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月08日−03号 次に、イベントについてですが、既存のイベントのマンネリ化が課題となっていたことから、ハーブフェスティバルでは、会場のレイアウトを変えたり、花のイベントを前面に出すため、大石会場では花のナイヤガラ、花の富士、八木崎会場では、植花するなど工夫をしてきましたが、花に触れる体験をすることが欠けており、課題が残っております。   もっと読む
2011-09-07 市川三郷町議会 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月07日−01号 ◎町長(久保眞一君)   中学3年生を対象に、学習支援事業を実施してはいかがかについてでございますが、教育は最も重要な施策の1つと考え、生徒にきめ細やかな指導ができるよう、町単講師を配置して、人数授業や、チームティーチング指導等を取り入れ、基礎、基本の徹底を図り、生徒一人ひとりの学力の向上に努めております。   もっと読む
2005-06-17 山梨市議会 平成17年  6月 定例会(第1回)-06月17日−01号 ビジョンの策定に当たりましては、自然環境や地域特性を踏まえた中で、水力、太陽光、風力、バイオマス等の新エネルギー賦存量の調査や、市民、生徒を対象とした意識調査、先進地調査等を実施するとともに、庁内に新エネルギービジョン検討委員会及び学識経験者を初め、地場産業関係者、エネルギー供給者、各種市民団体の代表者などから組織する策定委員会を設置いたしたいと考えております。   もっと読む
1995-09-01 甲府市議会 平成7年9月定例会(第4号) 本文 こうしたとき、たまたま福岡県大川市で華美な冠婚葬祭等を見直し、本来の心豊かな市民生活を取り戻そうとする運動が市職員を中心に起こり、職員間の冠婚葬祭等について一定のガイドラインを設け、平成3年6月から実施したところ、同じ悩みを抱える住民に歓迎され、市民団体を通じて広がりつつあると聞いております。   もっと読む
  • 1