運営者 Bitlet 姉妹サービス
1679件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 甲府市議会 平成31年環境水道委員会 本文 2019.03.08 昨今問題になっていますマイクロプラスチックですけれども、今、海洋汚染等についても非常に問題とされているということで、これについては、河川もさかのぼって、海に流入するのは海岸付近のごみが原因ということだけでは考えられないので、やはり上流側にさかのぼって調べるべきではないかと私も思っております。大学でもそのような研究が二、三、散見されますので、ちょっとその部分について調べてみました。   もっと読む
2019-03-08 甲府市議会 平成31年経済建設委員会 本文 2019.03.08 住民の方にとってみれば、それはそれで50年以上そこで穏やかな暮らしをし、またコミュニケーションもとれて、御近所同士のおつき合いが残った、数少ない世帯ではありますけれども平穏な暮らしをしていたところに、寝耳に水のお話が舞い込んだというところで、かなり動揺も現実問題ございました。そのお声を私も伺いまして、何でこんなに急なのということと、さっきの話だと2020年の3月までにはという通知だったそうです。 もっと読む
2019-03-07 甲府市議会 平成31年総務委員会 本文 2019.03.07 ◯桜井委員 当局としては、中心市街地の活性化という推進を図っているわけでして、この中には当然甲府駅前の問題、あるいは山交百貨店さんの位置づけといったものが中心市街地活性化基本計画なりに入っている。 もっと読む
2019-03-07 甲府市議会 平成31年民生文教委員会 本文 2019.03.07 だけれども、都道府県単位化で始まったばかりの会計制度で、しかも、国のほうから激変緩和措置ということが言われている中でも、こういう事態があるということは、そもそも制度的な問題に支障があるのではないか。国のつくった算式に少し問題があるんじゃないかという危惧を感じるわけですが、いかがですか。 ◯坂本委員長 岡部国民健康保険課長。 もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第4号) 本文 児童虐待につきましては、重篤な事案が後を絶たないなど、依然として深刻な社会問題となっておりますことから、今後におきましても、次代を担う子どもたちのかけがえのない命を守り、健やかに成長できるよう、全力で取り組んでまいります。  以上でございます。 ◯議長(大塚義久君) 望月大輔君。 ◯望月大輔君 ありがとうございました。 もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第6号) 本文 病院事業会計については、RI検査問題への対応についてただしたのに対し、定期健康診断の実施や心の健康相談及び放射線医学の専門家による相談を随時行うとともに、過剰投与内部被曝被害者の会との定期協議における意見や要望等に可能な限り対応していくとの答弁がありました。  これに対し、この問題が風化することがないよう、今後も患者及びその家族の立場を尊重し丁寧な対応を求める意見がありました。   もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第3号) 本文 マイナンバーの適用範囲が拡大するにつれ、大規模な情報漏えい被害が起こる可能性が高くなるなどの問題を指摘されていることに鑑み、マイナンバーカードの自治体独自の適用拡大には慎重であるべきです。  ICTの積極的な活用として、マイナンバーカードの利活用の推進が挙げられていますが、情報漏えいなどの不安が増すのではないでしょうか。見解を伺います。   もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第1号) 本文 また、最重要課題としている人口減少問題につきましては、総務省の人口移動報告において、平成30年の転出超過が対前年比で54.2%縮小したほか、女性数が減少する中にあって出生数は1,400人台を堅持するなど、明るい兆しも表れております。  この勢いを更に加速させ、本市の活力増進に加え、その効果が周辺地域へも波及するよう真の地方創生に取り組まなければなりません。   もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第2号) 本文 また、本市における自殺の特徴としては、いずれの年代においても男性が女性を上回っていること、年代別では40歳代が最も多く、次いで60歳代、50歳代となっており、中間年齢層から高齢者層の割合が高くなっていること、原因・動機別では健康問題が最も多く、経済・生活問題や勤務関係の割合も高くなっていることなどが挙げられます。   もっと読む
2018-12-26 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月26日−05号 国の悪政によって地方自治体や市民生活の置かれている現在の深刻な状況を考えるならば、国政の問題を脇に置いたままでは根本的な問題解決の道を閉ざし、その上に立った計画では、本当の意味での全ての市民が希望を持ち、安心して暮らせるまちづくりにつながらないと考えます。  よって、議案第73号 「韮崎市第7次総合計画基本構想について」反対するものです。  以上で討論を終わります。 もっと読む
2018-12-17 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号 もし、重大事態に発展した場合には、韮崎市いじめ防止基本方針に基づき、市長に報告の上、教育委員会が韮崎市いじめ問題対策委員会を設け、調査し、解決にあたり、なお、解決が困難である場合には市長がいじめ問題調査会を開き、学校、教育委員会の調査を検証するなど、できる限り早期の適切な解決を図ることとしております。  以上です。 ○議長(宮川文憲君) 内藤議員。 ◆6番(内藤正之君) ありがとうございます。   もっと読む
2018-12-14 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号 次に、問題となっている返礼品だが本町では何%ぐらいの返礼になっているのかという質問に対し、昨年度総務省から返礼品の割合を3割以下にするようにとの通達があり、当時は少し超えていた返礼品もあったが、現在は全ての返礼品が3割以下である。他に配送料事務費が1割ぐらいとなり、町には5割から6割が寄付として入ることになっているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-14 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.14 しかも、いつの間にか7対1の問題問題にしていると。かつては7対1の問題をかなり頑張れと言ったのに、今ごろになって、こう言っている。随分矛盾があるわけですけど、まず当面は、公立病院のベッド数が問題にされてくるという感じが、うんとするわけです。 もっと読む
2018-12-14 甲府市議会 平成30年経済建設委員会 本文 2018.12.14 と言いますのも、今ちょっと国会で出入国管理及び難民認定法が改正されまして、雇用の問題が大きく取り上げられておりまして、けさの山梨日日新聞にも1面に出ているし、読売新聞の1面にもこの問題が取り上げられておりまして、大きな問題の改正であると思います。   もっと読む
2018-12-13 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.12.13 今の向山市民協働室長の答弁だと、外部委員を含めたこの5人の中だけで決めたというふうにこの問題を理解しちゃうんだけれども、そうじゃなくて、こうなった同点の場合にはこうなりますよということは、契約担当者等が理解しているのか、あるいはもっと別な組織で決めているのか、細かいことについて。 もっと読む
2018-12-13 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.12.13 2番のところも改善されているなというふうに思うんですが、これはさきの本会議で私が質問したんですけど、これに対して飲料水、食糧、日用品、資機材と備蓄、整備、それからなおかつ立地条件等を勘案した計画の策定となっていますけど、この場合は、本市の地域防災計画などのハザードマップ等々の問題も加味してやっていくとか、非常用電源等々の問題も含まれているというふうに見てよろしいわけですか。 もっと読む
2018-12-13 甲府市議会 平成30年経済建設・総務・民生文教委員会連合審査会 本文 2018.12.13 に指定してしまえば個々の問題については行政としては触れられないと理解していいのか、それについてはいかがですか。 もっと読む
2018-12-04 市川三郷町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号 本当にそういう意味で、市川高校は非行問題もありません。私は、非行問題が新聞に出たとき、市川高校にそういうものがないということ、子どもたちが一生懸命、行き会えばあいさつもしてくれます。こういうような環境下にあります。そういう中での市川高校の名前を残しながら、歴史を尊いでいくということは、非常に大事だろうなと思います。   もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 このことは、海外からも、早く改修して動物の負担を減らすべきだとの意見や、前回の市民アンケート結果や市民ワークショップの意見集約結果その他も含め、周辺地域だけの問題でなく、甲府市全域の多くの市民から寄せられた市民の思いも、有識者の皆様との検討を経て公平に考慮されていくべきだと考えます。  そこで質問します。   もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第4号) 本文 最近、食品ロスの問題も取り沙汰されておりますが、普通に食べていけるということがどれほど大切なことか、全ての人が考えなければならない問題だと思います。  甲府市でもフードバンクの取り組みをしています。また、緊急支援として来訪された生活困窮者にすぐ渡せるよう、窓口にも食料ストックをしているそうです。 もっと読む