483件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

韮崎市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−03号

健康で長生きすること、また住み慣れた地域で生きがいを持って暮らし続けることが、多くの市民の願いであり、これを実現することが老後も安心して暮らせるまちづくりにつながるものと考えております。  このため、健康づくり、生きがいづくりの支援に努めるとともに、各種福祉サービス介護予防サービスを提供しており、さらには生涯学習事業を展開しているところであります。

富士吉田市議会 2018-09-26 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月26日−03号

次に、国民健康保険特別会計決算でありますが、歳入総額62億7,876万809円に対し、歳出総額は62億265万2,782円であり、歳入歳出差引額は7,610万8,027円となり、実質収支額も同額となっております。  実質収支額のうち4,000万円は財政調整基金へ積み立て、3,610万8,027円が翌年度へ繰り越されております。  

韮崎市議会 2018-09-20 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−03号

7月5日、6日の両日で、会派で大手民間企業にダイバーシティー経営について研修に行きました。ダイバーシティー経営とは、多様な人材を生かし、能力を最大限発揮できる機会を提供することでイノベーションを誘発し、価値創造を実現する経営手法のことだそうです。  社員数万人の管理、仕事の効率化、意識改革は時間を必要とすると説明がありました。

韮崎市議会 2018-09-19 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−02号

五味秀雄君    秘書人事課長   佐藤道平君   総務課長     大石智久君    総合政策課長   内藤一穂君   市民生活課長   伊藤保昭君                     福祉課長    税務収納課長   山本俊文君            筒井清重君                     兼静心寮長    産業観光課長   戸島雅美君   長寿介護課長   仲澤俊彦君    健康

市川三郷町議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月14日−02号

規定により説明のため出席した者の職氏名(25名)   町長        久保眞一   統括        武田智宏   企画課長      一瀬 浩   防災課長      立川祐司   施設建設課長    丹沢和人   総務課長      石原千秀   財政課長      保坂秀樹   政策推進課長    小林武仁   町民課長      武田真一   税務課長      芦沢 正   いきいき健康課長

山梨市議会 2018-06-26 平成30年  6月 定例会-06月26日−04号

常任委員会審査結果報告      (2)議案受理報告   第2 常任委員会委員長報告      (質疑・討論・採決)      議案第46号 専決処分承認を求めることについて(山梨市税条例等の一部を改正する条例について)      議案第47号 専決処分承認を求めることについて(山梨都市計画税条例の一部を改正する条例について)      議案第48号 専決処分承認を求めることについて(山梨国民健康保険条例

韮崎市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号

議長(田原一孝君) 中山健康づくり課長。 ◎健康づくり課長(中山信次君) ただいまのおむつの支給、助成の部分についてお答えいたします。  南アルプス市、それから山梨市の2市で、入院等医療にかかわらず子どもの誕生に伴い実施しております。子ども1人につき、南アルプス市では一月2,000円のおむつ引換券、こちらを12か月分交付しております。

韮崎市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月18日−02号

五味秀雄君    秘書人事課長   佐藤道平君   総務課長     大石智久君    総合政策課長   内藤一穂君   市民生活課長   伊藤保昭君                     福祉課長    税務収納課長   山本俊文君            筒井清重君                     兼静心寮長    産業観光課長   戸島雅美君   長寿介護課長   仲澤俊彦君    健康

韮崎市議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−01号

次に、市長から議会に提出すべき事項として、地方自治法第243条の3第2項の規定により、市が出資している法人の韮崎市土地開発公社経営状況説明書及び一般財団法人武田の里文化振興協会の経営状況説明書が提出されました。お手元に配付のとおりであります。  つきましては、この際、その説明を求めます。  内藤総合政策課長

富士吉田市議会 2018-03-23 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月23日−03号

「心豊かな人を育む『教育文化スポーツ』の充実」に14億8,200万円余り、第3章「未来につなげる美しく快適な『生活環境景観』の創造」に22億6,000万円余り、第4章「暮らしの安全性・利便性を高める『都市基盤・防災環境』の整備」に30億2,400万円余り、第5章「活力とにぎわい・交流を生み出す『地域産業観光』の振興」に5億7,300万円余り、第6章「みんなで未来を考え取り組む健全な『地域経営

市川三郷町議会 2018-03-16 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月16日−02号

次に、7目つむぎの湯いきいきセンター費、六郷の里支配人等派遣業務委託費について、この派遣業務の目的、また活用についての方針はという質問に対し、民間経営者の感覚、経営手法が参考になるかを見たい思いで導入した。  つむぎの湯につきましては、4月1日から、料金体系を以前に戻す考えがある。

山梨市議会 2018-03-14 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号

市民課長(日野原ちどり君) 医療費低減・健康増進に向けてであります。  まず、国民健康保険特別会計が大幅減になる要因についてであります。  平成30年度は国民健康保険法の改正により、県が財政運営の責任主体となり、県は国保特別会計を設け、本市の予算も変わることとなります。これまで、本市が収納していた国庫支出金や、前期高齢者交付金等は、県が収納することとなります。

韮崎市議会 2018-02-22 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月22日−01号

次に、健康づくりの推進についてであります。  明年度より、市が実施する基本健診の自己負担を無料とし、あわせて、一般健診などの対象年齢を現在の25歳以上から19歳に引き下げることにより、1人でも多くの市民が健診を受け、健康づくりに役立てていただきたいと考えております。  次に、医療体制の充実についてであります。  

大月市議会 2017-12-15 平成29年 12月定例会(第4回)-12月15日−委員長報告・質疑・討論・表決−03号

大月市職員給与条例中改正の件 日程第 3 議案第54号 大月市職員退職手当支給条例等中改正の件 日程第 4 議案第55号 大月市特別職職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例中改正の             件 日程第 5 議案第56号 平成29年度大月市一般会計補正予算(第6号) 日程第 6 議案第57号 平成29年度大月市大月短期大学特別会計補正予算(第2号) 日程第 7 議案第58号 平成29年度大月市国民健康保険特別会計補正予算