58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2018-09-19 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.19

次の155ページ、156ページにわたりますが、13節委託料は、備考欄記載の業務のうち、高齢者インフルエンザ予防接種業務、肺炎球菌ワクチン予防接種業務が主なものであります。  不用額につきましては、高齢者インフルエンザ及び肺炎球菌ワクチンの接種者数が見込みを下回ったことによるものであります。  

富士吉田市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号

さらに、無菌充ちん製法で製造され、滅菌された容器に詰められているので、非常に安全とのこと。賞味期限も常温で半年から1年程度の保存が可能とのことです。市場に流通してから検討するというのではなく、今から購入に向けて準備を始めていただきたいと思います。  先ほど、平成32年度までに1万5,000食の備蓄を計画されているというお話がありました。

都留市議会 2018-03-16 平成30年  3月 予算特別委員会-03月16日−02号

予防接種事業につきましては、予防接種法に基づく定期予防接種及び小児インフルエンザワクチンなどを主なものとして、6,636万円を計上いたしました。なお、この事業に充当する特定財源といたしましては、県支出金の山梨県予防接種事故対策費補助金4万7,000円を予定しています。  引き続き、147ページをお願いいたします。  

富士河口湖町議会 2018-03-12 平成30年  3月 予算特別委員会-03月12日−03号

具体的に地方公共団体情報システム機構が行う事務としては、個人番号カードの申し込み処理事業、個人番号カードの製造、発行事業、個人番号カード等に関するコールセンター事業などであります。なお、当交付金に対しては100%国庫補助金が措置されるものであります。  115ページ、116ページをお開きください。  3款民生費、1項社会福祉費、目4国民年金費753万8,000円を計上させていただきました。

甲府市議会 2017-09-21 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.21

次の163ページ、164ページにわたりますが、13節委託料は、備考欄記載のうち、高齢者インフルエンザ予防接種業務、肺炎球菌ワクチン予防接種業務が、主なものであります。  不用額につきましては、肺炎球菌ワクチンの接種者数が、見込みを下回ったことなどによるものであります。  

富士河口湖町議会 2017-03-14 平成29年  3月 予算特別委員会-03月14日−04号

具体的に地方公共団体情報システム機構で行う事務としては、個人番号カードの申し込み処理事業、個人番号カードの製造、発行事業、個人番号カードに関するコールセンター事業などであります。なお、この交付金に対しては100%、国庫補助で措置されるものであります。  101ページ、102ページをお開きください。  3款民生費、1項社会福祉費、目4国民年金費1,177万8,000円を計上させていただきました。

甲府市議会 2016-09-21 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.21

12節役務費は、四種混合、ヒブ、小児肺炎球菌ワクチン等の市立甲府病院における予防接種手数料等であります。  13節委託料は、備考欄記載の業務が主なものであります。  不用額につきましては、日本脳炎、水痘及び高齢者肺炎球菌等の接種者数が見込みを下回ったことなどによるものであります。  続きまして、環境部にかかわります予防費につきましては、内藤環境総室長より御説明いたします。

韮崎市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月14日−02号

また、本年4月からは富士吉田市でロタウイルスワクチンに加えB型肝炎ワクチンを加えた制度が導入されました。B型肝炎ワクチンについては1歳未満の乳幼児、ロタウイルスワクチンについては生後6週から生後6カ月までの乳幼児を対象に、各ワクチン接種費用の一部を補助しております。  本市においても子育て環境充実支援策の一つとして導入すべきと考えますが、見解をお伺いいたします。

甲府市議会 2015-09-17 平成26年度決算審査特別委員会 本文 2015.09.17

補正予算につきましては、3月に子宮頸がん及び日本脳炎予防ワクチン接種者が当初を下回る見込みとなったことに伴う委託料の減額を補正計上したものであります。  1節報酬は、予防接種時の嘱託看護師等への報酬であります。  11節需用費は、予防接種に係るワクチン及び医薬材料の購入費であります。  12節役務費は、四種混合、ヒブ、小児肺炎球菌ワクチン等の市立甲府病院における予防接種手数料等であります。  

甲府市議会 2014-12-11 平成26年総務委員会 本文 2014.12.11

グラフでもわかりますように、急激な山形から緩やかな山形にすることで感染拡大を抑えて流行のピークをおくらせ、医療体制の整備やワクチン製造のための時間を確保し、流行のピーク時の患者数等をできるだけ少なくすることで医療体制への負荷の軽減と体制の強化を図り、患者数が医療提供のキャパシティを超えないようにすることにより必要な患者が適切な医療を受けられるようにすることであります。  2ページをお開きください。

甲府市議会 2014-09-19 平成25年度決算審査特別委員会 本文 2014.09.19

補正予算につきましては、3月に子宮頸がん及び日本脳炎予防ワクチン接種者が当初を下回る見込みとなったことに伴う委託料の減額並びにヒブ及び風疹予防ワクチン接種者が当初を上回る見込みとなったことに伴う委託料の増額をそれぞれ補正計上したものであります。  主な節につきまして御説明を申し上げます。  1節報酬は、予防接種時の嘱託看護師等への報酬であります。  

富士吉田市議会 2014-06-20 平成26年  6月 定例会(第3回)-06月20日−03号

現在、富士吉田市企業誘致条例においては、製造業等の限られた業種を支援対象といたしておりますが、富士山麓の豊かな自然や世界遺産効果を活用するなど、本市の特性を活かし、より多様な企業が進出しやすいよう支援対象の拡大を図り、自然環境の適正な活用と保全及び地域貢献を推進する企業の誘致を積極的に推進してまいります。  

甲府市議会 2014-03-17 平成26年予算特別委員会 本文 2014.03.17

11節需用費は、主にEMボカシ製造に伴う材料費や、ごみの分け方、出し方分別冊子増刷に要する経費であります。12節役務費は、指定ごみ袋の販売に要する手数料等であります。13節委託料は、資源物の収集運搬選別排出業務委託、指定ごみ袋の作成保管配送業務委託、及びリサイクルプラザ指定管理委託等に要する経費であります。

甲府市議会 2014-03-13 平成26年予算特別委員会 本文 2014.03.13

主な事業として、日本脳炎、麻疹・風疹混合ワクチン等に加え、新たに水ぼうそうワクチンを定期接種とした予防接種に係る経費、ごみ処理施設建設事業費、また、ごみ減量化に向けた取り組みとしてしんぶんコンポストキット等の作成及び配布に係る経費などを計上しました。  第5款労働費は、勤労者融資対策事業費の減などにより、対前年度比13.39%減の6億4,067万6,000円となっています。

中央市議会 2014-03-03 平成26年  3月 定例会(第1回)-03月03日−02号

製造業の撤退と不振が雇用の不安を拡大しています。下請企業にも影響し、賃金、所得低下と、地域経済の疲弊につながっています。  山梨県の求人倍率は、全国でも下回り、雇用状況は深刻状況を増しています。  労働行政は、2000年の地方分権改革の成立、雇用対策法の改定によって、都道府県労働局の設置と、地方公共団体の雇用対策の努力義務化がされました。

山梨市議会 2013-12-17 平成25年 12月 定例会-12月17日−03号

今年11月1日より、小児用肺炎球菌ワクチンの接種については、予防接種法の改正により、これまでの7価ワクチンから13価ワクチンへと変わったようですが、高齢者への助成を行っている自治体を調べてみますと、おおむね成人用の23価ワクチンを使用しているようです。93種類あると言われる肺炎球菌のうち、代表的な23種類の型に予防効果があり、肺炎球菌に起因する感染症全体の80%を予防できると言われています。  

甲府市議会 2013-09-20 平成24年度決算審査特別委員会 本文 2013.09.20

補正予算につきましては、12月に新たに単独不活化ポリオワクチン及び4種混合ワクチンの定期予防接種導入に伴う委託料等の増額を、3月に日本脳炎、ヒブ及び小児用肺炎球菌予防ワクチン接種者などが当初を上回る見込みとなったことに伴う委託料の増額をそれぞれ補正計上したものであります。  予算流用につきましては、7目斎場費、11節需用費への流用措置であります。  主な節につきまして御説明を申し上げます。  

甲府市議会 2013-09-18 平成24年度決算審査特別委員会 本文 2013.09.18

また、子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンなどの接種費用の全額無料化を引き続き実施するなど、予防接種の促進を図ってまいりました。  さらに、簡易水道施設等の管理・整備を行い、利用者への衛生的で良質な水の安定供給を図ってまいりました。