運営者 Bitlet 姉妹サービス
475件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 甲府市議会 平成31年経済建設委員会 本文 2019.03.08 その中でつい最近、甲府市ではなく、中央市、昭和町、甲斐市の3市町が連携してシルバー人材センターを活用してという報道もございましたが、甲府市ではその点、どのようになっているでしょうか。 ◯廣瀬委員長 田中空き家対策課長。 ◯田中空き家対策課長 私ども甲府市に関しましては、平成29年度に甲府市シルバー人材センターと協定の締結を既にしております。 もっと読む
2019-03-01 甲府市議会 平成31年3月定例会(第2号) 本文 このため、職員の採用に際しては、より人物を重視した採用試験を行うとともに、民間企業等職務経験者の計画的な採用により、本市への貢献意欲の高い人材の確保に努めてまいります。  また、人材育成のための職員研修につきましては、事業実績がある先進自治体等への視察を通じて、組織的戦略や考え方・手法等の習得を目的とした派遣研修の充実を図ってまいります。 もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第2号) 本文 ) 第44 議案第 120号 指定管理者の指定について            (甲府市光風寮) 第45 議案第 121号 指定管理者の指定について            (甲府市玉諸福祉センター外4施設) 第46 議案第 122号 指定管理者の指定について            (甲府市上九の湯ふれあいセンター外5施設) 第47 議案第 123号 指定管理者の指定について            (甲府市緑 もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第4号) 本文 ◯子ども未来部長(志村一彦君) ファミリー・サポート・センターについてお答えいたします。   もっと読む
2018-12-01 甲府市議会 平成30年12月定例会(第3号) 本文 本市では、本年7月、甲府市国母四丁目に子ども応援センターを開設しました。樋口市長は、本年7月の市長定例記者会見において「家庭、地域、学校、民間団体等と連携する中で、地域ぐるみで子育ちを応援してまいります。その第一歩といたしまして、国母小学校正門横にあります市の施設1階を甲府市子ども応援センターとして開設をいたします。 もっと読む
2018-09-21 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.21 (2)看護師確保対策につきましては、病院見学会の実施、山梨県看護協会主催の看護職員就職ガイダンスへの参加、採用予定者説明会の開催のほか、当院ホームページによるPR活動、修学資金貸与制度の周知などに努める中、新卒対象者の採用試験を1回、有資格者を対象とした試験を2回実施し、18名を採用しております。   もっと読む
2018-09-18 甲府市議会 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18 いずれにいたしましても、正規職員として採用される場合につきましては、基本的には競争試験により能力の実証を改めて行う必要があるということで、例えば本市の嘱託職員等の経験のみを持って正規職員とすることは非常に困難なものと考えているところでございます。御理解をいただきたいと思います。  以上でございます。 ◯廣瀬委員長 清水(英)委員。 もっと読む
2018-09-07 富士河口湖町議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月07日−02号 需用費197万1,086円、これは精進浄化センターの電気料が主なものとなっております。  節12役務費、支出済額91万753円、精進浄化センターの非常通報装置としての電話料18万2,844円、電気保安管理並びに汚泥引抜料の67万464円、それから施設の保険料5万7,445円となっております。   もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第4号) 本文 水素・燃料電池関連産業の振興では、県内に山梨大学燃料電池ナノ材料研究センターを初め、水素・燃料電池に関する研究開発拠点が集積している強みを生かし、やまなし水素・燃料電池バレーを目指すと明記されております。 もっと読む
2018-09-01 甲府市議会 平成30年9月定例会(第2号) 本文 山梨県はあの地を活用して、明治30年には甲府駅をつくり、その前に、明治9年に勧業試験場をつくったり、あるいは醸造試験場をつくったり、あるいは旧制甲府中学をつくったりという活用をしたそうです。  それからずっと何年か山梨県が管理していたんですが、このときは普通の人は入れなかったそうです。で、初めて広く開放したのは、明治37年に公園として開放したそうであります。 もっと読む
2018-06-20 都留市議会 平成30年  6月 総務産業建設常任委員会-06月20日−01号 次に、議第48号 指定管理者の指定の件(下谷交流センター)を議題といたします。  この議案の内容について説明願います。  企画課長。 ◎企画課長(山口哲央君) 議案集の19ページをお願いします。  議題となりました議第48号 指定管理者の指定の件(下谷交流センター)につきまして、その内容と提案理由をご説明いたします。   もっと読む
2018-06-18 都留市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号 ◆2番(小林健太君) 市の教育委員会は直接関わらないとは思うんですが、高校生以降、大学のセンター試験の入試のやり方、手法が変わってくると思いますが、それに対して小・中学校のときから考えられる市としてのサポート等ありますでしょうか。 ○議長(小俣武君) 教育次長。 ◎教育次長(紫村聡仁君) お答えいたします。   もっと読む
2018-06-12 甲府市議会 平成30年総務委員会 本文 2018.06.12 次の3款1項6目福祉センター費につきましては、現在、建設中の玉諸福祉センターの建設費に公共施設整備事業等基金を充当したことによる財源更正であります。  次に、7款1項2目商工業振興費及び3目観光費につきましては、地場産業振興対策事業費、まつり推進事業費等に地域振興基金を充当したことによる財源更正であります。   もっと読む
2018-06-12 甲府市議会 平成30年民生文教委員会 本文 2018.06.12 3款1項6目福祉センター費、18節備品購入費につきましては、先ほど歳入で御説明申し上げました、福祉センター費寄附金を財源とする山宮福祉センターの備品整備に伴い、福祉センター費を増額補正するものであります。  3段目の表をごらんください。 もっと読む
2018-03-19 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.19 ただ、山梨市では、平成30年度、今、恐らく予算特別委員会などやってると思うんですけれども、給食センターをつくると。そこではアレルギー完全除去食をつくるお部屋を1つつくって、完全にほかのものと間違っても混ざらないというふうな先進的な対策をされるようです。 もっと読む
2018-03-19 都留市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月19日−03号 5目消防指令センター共同運営事業についてご説明いたします。予算説明書99ページをお開き願います。  この目は、都留市、大月市、上野原市の3市で共同運用する山梨県東部消防指令センターの運営費で、予算額は3,644万4,000円で、前年度比273万6,000円の増加となっておりますが、その主な要因は、指令台デジタル無線保守点検料などの委託料の増額によるものであります。   もっと読む
2018-03-15 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月15日−04号 投資的経費の普通建設事業費は、環境センターストックヤード整備事業、市民総合体育館トレーニングルーム整備・武道館等改修事業などの増額がありますが、介護基盤整備事業、庁舎西館空調・照明設備改修事業などの終了により、対前年度2億5,288万円余の減額となっております。   もっと読む
2018-03-15 都留市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日−01号 3目消防費負担金は予算額9,413万円で、広域常備消防費の道志村からの経費負担金及び大月市、上野原市と共同で行う消防指令センターの両市からの負担金であります。  4目教育費負担金は予算額42万3,000円で、県立男女共同参画推進センターと一体として行っている機械警備保守料のうち、面積案分により、その60%分を県からの負担金として歳入するものであります。  22ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-03-14 甲府市議会 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.14 次に、3目職員福利厚生及び健康管理費につきましては、職員の心身の健康の保持増進と活力向上及び自治研修センターの維持管理に要する経費であります。  1節報酬につきましては、職員の健康管理業務にかかわる産業医や看護師など嘱託職員計6名分の報酬であります。  13節委託料につきましては、職員の各種健康診断業務、自治研修センターの維持管理業務にかかわる委託料であります。   もっと読む
2018-03-14 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号 事件に関しましては、ここまでの内部調査委員会の調査によって1次試験の得点の改ざんが行われた者が5名であったことがわかりました。今後、裁判記録等により事実関係の確認を行い、第三者委員会の意見をいただく中で、該当者の処遇を決定してまいります。  また、職員採用の1次試験においては、最低得点の合格者と同点となるように得点のかさ上げを行っていることが判明しました。 もっと読む