運営者 Bitlet 姉妹サービス
12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-06-19 甲府市議会 平成29年環境水道委員会 本文 2017.06.19 あと、以前に市民の方から話があったんですが、今、タクシープールがショットガン方式になって、タクシーの控え場が甲府共立病院の向かいにあったりするんです。ここは喫煙所は道路側に面しているところに、この施設には入っていないですけれども、甲府共立病院のあのタクシーが待っている場所です。          (大塚委員「大原学園専門学校のところね」と呼ぶ) ◯山中委員 そうです。 もっと読む
2016-09-01 甲府市議会 平成28年9月定例会(第4号) 本文 またハード面でも平成25年には新興津コンテナターミナルが操業開始され、袖師コンテナターミナルと合わせると大型船が5隻同時に着岸可能となり、また高規格ガントリークレーンで荷役に対応できる国内最新鋭のコンテナターミナルです。今後は山梨県の輸出量の清水港の利用率は大幅に増加していくことが予想されます。  近年国内の物流形態が変化しています。まず、高齢化社会でドライバーが不足しています。 もっと読む
2016-02-04 富士河口湖町議会 平成28年  2月 臨時会(第1回)-02月04日−01号 節13委託料に203万円の計上は、説明欄045肺ガン検診委託料136万円、046乳ガン検診委託料30万円、055生活習慣病検診委託料37万円、それぞれ増額をお願いするものでございます。いずれも受診者の増加による増額でございます。  以上で説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。 ○議長(梶原武君) 福祉推進課長、松浦信幸君。 もっと読む
2010-06-22 山梨市議会 平成22年  6月 定例会(第2回)-06月22日−03号 次に、子宮頸ガン予防ワクチンについて、山梨県はがん予防の観点から、予防ワクチン接種費用に1万5,000円の一部助成を決定しましたが、これは昨年5月に公明党が11万1,000人以上の署名を横内知事に届けたことが大きな原動力となっております。今回、小学校6年生と中学校3年生全員を対象に県が1万5,000円、山梨市が3万円の合計4万5,000円の公費助成をするため、補正予算として計上されました。 もっと読む
2009-06-19 中央市議会 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号 しかし、各自治体の意識や、財政事情によって乳がんと子宮ガンの検診率は0%台から80%まで格差が大きいのも現実であります。乳がんでは栃木県のA市の79.4%に対し、低い自治体は、愛媛県のD市で0.1%であります。  また、子宮頸がんでは、千葉県G市で73.6%に対し、低い自治体は愛知県J市で2.4%と、開きがあります。   もっと読む
2008-09-13 中央市議会 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月13日−02号 繰り返しになりますが、性差に基づく医療という視点が重要視される中で、女性特有のガン、つまり乳ガンや子宮頸ガンに対する対策も推進されております。また、若い女性の多くは、健康や仕事、人間関係などさまざまな悩みがあっても、安心して相談できる場所がなく、一人で悩んで苦しんでいる情況も見受けられます。  私は、今回、「女性・健康相談窓口」の設置を提案いたします。   もっと読む
2007-09-11 甲州市議会 平成19年  9月 定例会-09月11日−03号 ◆6番(廣瀬一君) 私も新聞報道等の記事を見まして、トラップ2面、スキート2面、ライフルといいますか、当然標的射撃ということで、ここではショットガン、いわゆる散弾銃を使ってスラッグ弾--一流弾でございますけれども--を使っての的口ということで、的も固定した的と、また移動した的があると思います。 もっと読む
2007-03-12 上野原市議会 平成19年  3月 定例会(第1回)-03月12日−01号 ◎企画課長(酒井信俊君) 衛生費の関係のところの委託の関係でございますが、乳がん検診それから子宮ガン検診、基本検診等、年間計画を立てて事業を実施しようということで、計画を立てておるわけでございますが、今年度に限りましては、昨年度から比べますと、非常に受診者が少なくなったということが主たる要因で1つの関係で出ております。 もっと読む
2004-12-03 甲斐市議会 平成16年 12月 定例会(第1回)-12月03日−05号 ご承知のように、これらの有害物質は、その中でも20倍の基準値を超した六価クロムの毒性は、潰瘍や皮膚炎、クロム酸塩の微粉塵は鼻中隔穿孔、呼吸器官のガン及び慢性的な刺激過敏や充血などを起こすと言われている環境汚染物質であります。   もっと読む
2004-06-15 大月市議会 平成16年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問−02号 このような中、市民の健康の保持・増進の為に、住民健診、胃ガン検診等の各種ガン検診を実施するなど、疾病の早期発見の為の事業を各種実施していることは承知しております。   もっと読む
1996-06-01 甲府市議会 平成8年6月定例会(第5号) 本文 オゾン層破壊の最大の原因はフロンガスであり、オゾン層破壊は有害紫外線を増加させ、皮膚ガンや白内障を引き起こすばかりでなく、生態系、地球環境へ著しい悪影響を及ぼすといわれている。  現在使用されているフロンガスが、このまま回収されることなく大気中に放出され続ければ、我が国のみならず地球全体の環境に深刻な事態を招くことは明白であり、大気中への放出を早期にとめることは緊急課題である。   もっと読む
1994-03-01 甲府市議会 平成6年3月定例会(第4号) 本文 プラスチックのごみは、燃やすと塩化水素ガスやダイオキシンのような有毒ガスが発生をし、皮膚や内臓の組織を壊し、ガンを発生させるおそれがあるそうでございます。また高熱が発生するので、焼却炉を傷めるし、埋め立てても土の中で腐らないので、そのまま永久に残るわけでございます。本市においても、プラスチックは相当出されていると思いますが、その取り扱いについてどのようにしているか、お伺いをいたします。   もっと読む
  • 1