38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

上野原市議会 2020-12-04 12月04日-03号

◆6番(川田好博君) 平成30年1月30日というのは、10年間のIRU契約が終わる直前の話なんです。ここでこういうことが報告される。もう既に故障がして、今までの40ポートの、50台の体制が組めなくなっているにもかかわらず報告が遅れているということについて、どういう認識でしょうか。 ○議長川島秀夫君) 小澤総務部長

上野原市議会 2018-09-13 09月13日-03号

IRU契約更新の件についてですが、最初の市からの提案では、また10年契約をするというようなものでしたが、10年は長過ぎるでしょうと、IT関連は日進月歩ですよという、見直すべきですよという意見の中で、とりあえずは来年3月31日までということで、1年契約としたことについては、職員の担当の方の努力だと思い、高く評価したいところであります。 

上野原市議会 2018-09-12 09月12日-02号

それで、次に②のIRU契約についてでありますけれども、UBCとの長期10年間の契約更新期となり。     (発言の声あり) ◆8番(杉本公文君) 静かにしてください。今回、暫定的に1年間の契約をしたわけでありますが、その内容については、以前の4つの賃貸借の契約を一本化し、これは、複雑になっておりましたので、また算定基準は以前と変わらないということですから、私も理解をするものであります。

上野原市議会 2018-06-14 06月14日-03号

そういう中で、市はここで10年のIRU契約が切れて、新たにIRU契約を結ぼうとしていますね。その新たに結ぶIRU契約の中身について伺います。 ○副議長小俣修君) 小澤企画課長。 ◎企画課長小澤勇人君) 契約更新状況ということでございますが、この契約につきましては、現在、4本の契約から成ってございます。契約有効期間平成30年3月31日までとなってございました。

上野原市議会 2018-03-15 03月15日-03号

これによると、二つ基本協定IRU契約そしてIRU契約による貸付料保守管理料相殺についての4項目が記載されております。 4項目めの2,000万円ほどの保守管理料、これとUBC滞納を、約1年おくれて滞納しておるんですけれども、滞納というか納めておりません。これの相殺については、以前から申し上げているとおり、当然行うべきことだと私も思っています。 

上野原市議会 2016-09-14 09月14日-03号

企画課長小澤勇人君) 現在、UBCと締結してございますいわゆるIRU契約内容に問題がないかということと存じますが、こちらにつきましては、同契約書において、市がUBCに対して何ら補償、賠償する規定等もないために、仮に民間企業であるNTTが独自に事業を展開することにつきましては、契約状況において特に問題ないものと思ってございます。 以上でございます。 ○議長(鷹取偉一君) 尾形幸召君

上野原市議会 2015-06-16 06月16日-03号

それから、第4期の工事が終わったときに、IRU契約というんですか、その中に会社更生法という言葉が入っていました。どういう立場で使うかわかりませんけれども、まあわかりますけれども、そういう1字が入っておりました。それについて、その2点についてお答え願いたい。 ○議長杉本友栄君) 答弁者小早川市長。 ◎副市長小早川浩君) お答えいたします。 

上野原市議会 2015-03-16 03月16日-02号

ONUは白い箱ですけれども、これは市が負担をして整備をするということでIRU契約が結んであります。それで二つ基本協定は、行政放送無料にする。そして、25年度から年間2,000万、総額で4億円をほとんど無料UBCは使っているわけですから、線の使用賃払っていませんので、これの代替というか何というか、そんな形の中だと思いますけれども、4億円を市に払うという。

上野原市議会 2013-12-03 12月03日-03号

答申の中にもありましたが、相手側基本契約見直しをしてきたということは、IRU契約をそのものを見直す、または破棄することになろうかと思います。上野原市の財政状況を考えた場合、そのほうがいいのではないか、もう一度一から出直したほうがいいのではないかという思いもあるんですが、どうでしょうか。 ○副議長田中英明君) 石井企画課長。 ◎企画課長石井明文君) お答えいたします。 

上野原市議会 2013-06-14 06月14日-03号

それで総論として、現在のIRU契約の期限が平成30年3月31日までであることから、この期日を目安にしてUBC経営改善状況等を把握し、改善傾向にないなどの状況判断によっては、新規事業者の参入、事業継承を具体的に検討すべきであるとあります。 このことについて江口市長は見解を同じにしているということに捉えていいんでしょうか。 ○副議長田中英明君) 市長

上野原市議会 2012-09-28 09月28日-04号

さらに、23年度の決算にかかわるIRU契約については、市は情報通信事業にかかわる設備を長期にわたって貸し出し、IRU契約UBCと締結しているが、そこで先ほど述べた3回目の変更契約で、本来、市が負担すべきでない告知端末、黒い箱ですが、850個、約4,870万円がUBC経営が苦しいからという理由で購入をされております。 

上野原市議会 2012-09-11 09月11日-03号

IRU契約が10年ごと更新だと伺っています。たしか各校区ごと契約を結んでいるということですので、契約見直しの時期には、ぜひともこれからの今後の上野原市のために細かい内容を議会のほうに提示していただき、契約見直しをしていただきたいと思います。 次に、情報基盤整備事業について伺います。 これについても同じような質問がもう出ていますので、何点かは省かせてもらいます。 

上野原市議会 2011-12-14 12月14日-04号

IRU契約第8条に定める滞納処分の手続に着手していなかった。地方自治法第234条の2、契約の履行後の確保に着手していなかった。なぜなのか。 2番、二つ目です。平成23年9月16日付、UBCから第4区工事のIPの音声告知端末、黒いボックスはつけられない、供給はできないという通知が来ています。なおかつ、行政放送を9月30日をもって停止するという通知がありました。

  • 1
  • 2