4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

甲斐市議会 2006-09-21 09月21日-02号

第2は、現行は入院食事食事療養差額ベッド代などの選定療養の2分野を、長期入院患者食事居住費対象にした生活療養高度医療技術その他を対象にした評価療養を加え、保険給付に含まれない医療をさらに広げております。 このことは、必要な医療はすべて保険で行う公的保険の原則を土台から崩すことになり、保険のきかない混合診療を歯止めなく拡大する危険のある法改定であります。 

都留市議会 2006-06-15 06月15日-02号

昨年10月からの施設利用者食事住居費実費負担、ことし4月からの保険料の引き上げと制度改変は多くの問題を引き起こしています。 何よりも、かかるお金が大変だという訴えがあります。老健入所者から3万円も負担がふえた、お金がない者は介護がうけられないのかという悲痛な訴えでした。家族の負担は大変なものです。 

都留市議会 2005-12-15 12月15日-02号

こうした中で、10月から実施された介護保険食事居住費有料化は、特養ホーム入所者老健施設入所者に大きな衝撃を与えました。負担が4割、5割ふえたとか、これでは施設に入っていられないという悲鳴に近い声が上がっています。また、相談された施設関係者も途方に暮れているという状況です。さらに、来年4月からは制度改変があります。

甲府市議会 1998-06-01 平成10年6月定例会(第2号) 本文

現在特別養護老人ホーム入所者で、今は無料または低額の人たち介護保険が実施されると、食事を含めて平均月額4万7,000円の利用料を取られることになります。この結果、今入所している人の75%が値上げになります。5年間の経過措置がとられるとはいっても、5年たてば金の切れ目介護切れ目となり、退所せざるを得ない人が続出します。

  • 1