51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市川三郷町議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号

本当にそういう意味で、市川高校は非行問題もありません。私は、非行問題が新聞に出たとき、市川高校にそういうものがないということ、子どもたちが一生懸命、行き会えばあいさつもしてくれます。こういうような環境下にあります。そういう中での市川高校の名前を残しながら、歴史を尊いでいくということは、非常に大事だろうなと思います。  

甲府市議会 2018-09-18 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18

平成28年度は怠慢を理由で訓告がたしか9人、全体の奉仕者たるにふさわしくない非行ということで20人ということでしたが、19人の内訳をお伺いしたいと思います。 ◯廣瀬委員長 渡辺人事課長。 ◯渡辺人事課長 指導上の措置の内訳でございますけれども、平成29年度の19人について、軽微な交通事故によるものが18件、交通違反によるものが1件でございます。 ◯廣瀬委員長 向山委員。 ◯向山委員 承知しました。

甲府市議会 2017-09-20 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.20

あと、先ほどの訓告につきましては、平成27年度、職務上の義務違反、または怠慢ということでの訓告が平成27年度5名、平成28年度が9名、それから全体の奉仕者たるにふさわしくない非行ということで、平成27年度が8名、平成28年度が20名となってございます。  以上です。 ◯原田委員長 向山委員。 ◯向山委員 平成27年度が8名、平成28年度が20名。

甲府市議会 2017-09-19 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.19

防犯交通安全対策の充実につきましては、犯罪非行のない安全で安心できる地域社会の実現のため、自主防犯ボランティア団体への活動支援を行うとともに、青色パトロールカーによる巡回警備防犯の呼びかけに加え、自治会が所有する防犯街路灯のLED化を促進し、安全地域社会の形成に努めてまいりました。  

都留市議会 2017-09-14 平成29年  9月 決算特別委員会-09月14日−01号

家庭児童相談室設置費としましては、虐待や不登校、また、非行など、さまざまな家庭問題に対応する家庭相談員1名の報酬を主なものとし、209万1,638円を支出いたしました。  すこやか子育て医療費助成事業としましては、子育てに伴う保護者経済的負担の軽減を図り、子供の健全な育成を推進することを目的に、乳幼児医療費助成金を主なものとし、1億322万1,685円を支出したものであります。  

甲斐市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月12日−01号

子供、若者を取り巻く環境が厳しさを増し、社会生活を円滑に営む上でさまざまな困難を有し、特別な支援が必要なニート、ひきこもり、不登校非行発達障害などの子供、若者には、教育福祉保健医療矯正更生保護雇用などに関する問題が複雑に絡み合っていることが多くあります。

韮崎市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号

薬物有害図書など、指導者を対象とした研修会を実施するとともに、学校と連携し、青少年非行犯罪の被害防止に取り組んでまいります。  また、地域住民と青少年協働して行う社会参加活動につきましては、積極的に参加するよう諸団体に呼びかけてまいります。  以上です。 ○議長(西野賢一君) これより、高添議員の再質問を許します。  高添秀明議員

甲府市議会 2016-09-16 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.16

防犯対策につきましては、犯罪非行のない安全で住みやすい地域社会を実現するため、自主防犯ボランティア団体への活動支援を行うとともに、青色パトロールカーにより巡回警備防犯の呼びかけを実施するなど、地域や関係機関等との連携を図る中で、安全・安心なまちづくりに努めてまいりました。  

甲府市議会 2016-09-13 平成28年民生文教委員会 本文 2016.09.13

主なものとして、学校でのいじめについて全ての公立小・中学校でいじめに関するアンケートを実施していること、あるいは山梨県内で就職をするためには採用条件として高等学校卒業以上の学歴を有することが必要であり、高等学校を中退してしまった子どもは中学校卒業の資格しかなく就職試験さえ受けることができないこと、また不登校の子どもたちを少なくすること、子どもたちの非行を防止することなどについて質問や意見が出されました

甲府市議会 2015-09-17 平成26年度決算審査特別委員会 本文 2015.09.17

各地区の補導委員、また学校補導委員の皆様が計画的に居住地区や中心街を巡回していただいて、青少年非行防止と早期発見に、このことについては努めていただいておりますけれども、平成26年度の実績表を見させていただいて、補導委員の256名の方が1,031回補導を実施していただいて、延べ5,329名の方が青少年保護育成に努めていただいた、このように明記されているわけですけれども、本当にこれを見させていただいて

都留市議会 2015-09-15 平成27年  9月 決算特別委員会-09月15日−01号

家庭児童相談室設置事業としては、虐待や不登校、また非行など、さまざまな家庭問題に対応する家庭相談員1名の報酬を主なものとし、支出済額は210万2,356円であります。  ひとり親家庭医療費助成事業としましては、ひとり親世帯248世帯に対する医療費の助成として、扶助費1,768万5,480円を主なものとし、支出済額は1,829万8,589円であります。  

甲斐市議会 2015-06-17 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月17日−02号

非行の低年齢化も大変心配されております。川崎事件も人ごとではありません。子供教育支援、少子化対策、仕事と子育ての両立支援としての学童保育の整備は、甲斐市においても重要な支援事業です。若い世代の方たちが安心して子育てができるまち、子供たちが安心・安全を守ることのできるまちづくりに視点を向けていただき、早急に取り組んでいただくことが甲斐市の明るい未来につながるものと期待しております。

甲府市議会 2015-03-05 平成27年民生文教委員会 本文 2015.03.05

◯高村学校教育課長 本市としても、いじめ、不登校暴力行為等の非行問題等については、迅速な対応をさせていただいているわけですけれども、やはり不登校児童生徒につきましても、それぞれ子どもたちが心に持ったものが違っているというようなこと、やはり心の部分で非常に悩んで、休んでしまうという子どもたちと、それから普通言われる、昔もあった怠学傾向で、学校の勉強がわからないからとかという部分で休んでしまう。  

甲府市議会 2014-09-24 平成25年度決算審査特別委員会 本文 2014.09.24

昨年度の相談回数が資料にありますとおり86回、相談人数が83人ということで、内訳的には不登校、それから非行学習遅滞、それから子育て等にかかわっての相談があったわけですが、実際に自立支援カウンセラー自体は教育研修所の2階に1室を設け、そこに電話を引いて相談に対応するようになっているわけですけれども、実際に自立カウンセラー3名は、中学校へはそれぞれ学校を毎月訪問する、小学校には学期ごとに訪問するというような

甲府市議会 2014-09-17 平成25年度決算審査特別委員会 本文 2014.09.17

防犯対策につきましては、犯罪非行のない安全で住みやすい地域社会を実現するため、社会を明るくする運動等との連携を図るとともに、防犯街路灯の設置費、電気料及び維持管理費への助成を行ってまいりました。  また、青色パトロールカーにより、巡回パトロールを実施するなど、地域や関係機関等との連携を図る中で、安全・安心なまちづくりに努めてまいりました。  

甲府市議会 2013-09-18 平成24年度決算審査特別委員会 本文 2013.09.18

防犯対策につきましては、犯罪非行のない安全で住みやすい地域社会を実現するため、社会を明るくする運動等との連携を図るとともに、防犯街路灯の設置費、電気料及び維持管理費への助成を行ってまいりました。  また、青色パトロールカーに加え、新たに公用車に青色回転灯を装備し、巡回パトロールを実施するなど、地域や関係機関等との連携を図る中で、安全・安心なまちづくりに努めてまいりました。