428件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2021-03-12 令和3年予算特別委員会 本文 開催日: 2021-03-12

国庫支出金等財源確保につきましては、全国市長会等への要望に加え、市長、副市長及び関係職員国土交通省関東地方整備局へ赴き、都市計画道路及び緑が丘スポーツ公園整備など、本市において重要度が高く、かつ迅速な対応が必要な施策、課題などについて財政支援などを得るための要望活動を行っているところであります。  

大月市議会 2021-03-10 03月10日-代表質問・一般質問-02号

おくやみコーナーの設置につきましては、昨年8月に市民生活部内の関係職員をメンバーとして、窓口簡素化検討会を発足し、検討を進めてまいりました。この名称につきましては、各部署からの複数意見があったこと、また先進的に設置している多くの自治体や国が推奨している自治体支援ナビ名称等においても、平仮名のおくやみコーナーを使用しており、市民からも分かりやすい名称と考えて決定したものであります。

市川三郷町議会 2020-12-15 12月15日-02号

委員会は、12月3日、6名の委員と副議長執行部から町長以下関係職員出席し、開会いたしました。 また、委員外議員多数が傍聴されました。 当委員会に付託されました案件は、議案第80号ほか、10議案でありました。 付託案件審査の結果は、全て原案のとおり可決とするものでありました。 各議案に対しては、多くの質疑がありましたが、主な質疑は、次のとおりでありました。 

甲府市議会 2020-12-01 令和2年12月定例会(第2号) 本文

本市における1人1台端末の整備につきましては、国の示す標準仕様を踏まえ、学校現場における活用面有効性運用の容易さなどを検証するため、情報関係職員や小中学校の多くの教員が実際に操作を行い、評価を行う中で、その結果に基づき、本市に最も適したOSとしてGoogle Chromeを採用したところであります。  

甲府市議会 2020-09-15 令和元年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2020-09-15

まず、1目税務総務費につきましては、税務関係職員給与費等であります。  補正予算につきましては、既定予算の更正に伴う職員給与費減額であります。  2節給料から4節共済費までにつきましては、職員給与費であります。  次に、2目賦課徴収費につきましては、市税賦課徴収等に要した経費であります。  1節報酬につきましては、窓口業務徴収業務に係る嘱託職員報酬が主なものであります。  

市川三郷町議会 2020-09-14 09月14日-02号

委員会は、9月4日、5名の委員議長執行部からは町長以下関係職員出席し、開会いたしました。 また、委員外議員多数が傍聴されました。 当委員会に付託されました案件は、議案第71号ほか3議案でありました。 付託案件審査の結果は、全て原案のとおり可決・認定とするものでありました。 各議案に対しての主な質疑は、次のとおりであります。 

中央市議会 2020-09-04 09月04日-01号

市長提案されます議案について、市長及び関係職員より概略説明を受け、協議いたしました結果、今定例会会期は、本日9月4日から9月25日までの22日間とすることに決しました。 以上、今定例会運営について、議会運営委員会において協議決定いたしましたので、議員各位のご賛同とご協力を賜りますようお願い申し上げ、報告といたします。 ○議長福田清美)  議会運営委員長報告が終わりました。 お諮りします。 

中央市議会 2020-06-15 06月15日-01号

当局より、市長及び関係職員出席により提出議案説明を受け、協議いたしました結果、今定例会会期は、本日6月15日から6月26日までの12日間とすることに決しました。 以上、今定例会運営について、議会運営委員会において協議決定いたしましたので、議員各位のご賛同とご協力を賜りますようお願い申し上げ、報告といたします。 ○議長福田清美)  議会運営委員長報告が終わりました。 お諮りします。 

甲斐市議会 2020-06-04 06月15日-01号

歳出につきましては、新型コロナウイルス感染症対策に伴う経費としまして、議員報酬及び総務管理関係職員費の減額安心甲斐市民支援事業元気甲斐商品券商工振興事業、また、ひとり親福祉事業などの増額、そのほかの経費といたしまして、竜王庁舎駐車場管理事業橋梁長寿命化推進事業増額などであります。 地方債につきましては、辺地対策事業の追加、合併特例事業限度額の変更を行うものであります。 

大月市議会 2020-03-16 03月16日-代表質問・一般質問-03号

しかし、事業者に対しては施設運営の相談があったことから、苦情解決に向けた改善策を求め、利用者との意思疎通を図り、その声が生かされる利用者本位事業所を目指すとの改善策が示され、現在は保健所が主体となり近隣他市の関係職員を交えて運営評価委員会を開催し、検証を行い、良好な運営が行われていることを確認しております。 次に、運営している法人名施設長の有する資格などについてであります。