266件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲府市議会 2019-06-24 令和元年経済建設委員会 本文 2019.06.24

◯飯田産業総室長 とりわけ本市におきましては、金融機関ですとか保険会社、あるいは大きな病院も多いということで、そういったところから事業者等の経営の規模ですとか、従業員の数ですとかいった面から、都市産業が、サービス業が強いという記載になっております。  以上です。 ◯長沢委員長 藤原委員。

甲府市議会 2019-03-19 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.19

次に、第2項医業外費用のうち第1目支払利息及び企業債取扱諸費は、財務省及び金融機関からの企業債の借り入れ26件に係る支払い利息で、前年度当初予算額に対し1,514万1,000円、9%の減となっています。  第2目の長期前払消費税償却は、新病院開設時の償却が平成30年度で終了するため、210万3,000円と大きく減少いたしました。  

甲府市議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会 本文 2019.03.14

そのほか銀行等の金融機関から借りる場合につきましては、これまでと同様、今のところ5社になりますけれども、見積もり合わせをしながら、できるだけ低金利で借り入れをして、将来に負担を残さないような形でやっていきたいと考えております。  以上です。 ◯長沢副委員長 山田委員。 ◯山田委員 いつも同じことをお願いしているわけですけれども、政府関連資金の関係は借りかえが容易ではないと。

甲府市議会 2019-03-07 平成31年民生文教委員会 本文 2019.03.07

本協議会につきましては、おおむね年2回開催し、地域包括支援センター、甲府市障害者基幹相談支援センターりんく、それから法律福祉などの専門職団体金融機関地域の関係団体などから会員として参加をいただきまして、地域の課題について御協議をいただくものでございます。  次に、5ページをごらんください。  

韮崎市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号

産業観光課長(戸島雅美君) 小規模事業者に対する支援というのは、これまでも小口現金以外にも利子補給保証料の助成等を行っておりますけれども、今回小規模事業者小口融資促進について、これまでは保証料の補助のみを行っておりましたけれども、保証限度額をこれまでの750万円から1,500万円に増額し、また、新たな利息の30%の利子補給を新設するとともに融資期間の貸出金利の引き下げを今、金融機関と調整というようなことを

市川三郷町議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−01号

私が入手した資料によると、山梨県平成28年度から女性の起業を、業を起こす起業ですが、女性の起業を支援する事業を始め、この2年間で248名、延べ948名の女性が参加し、29名が開業、11名が助成金を申請、15名が金融機関へ総額5千万円の融資申請をし、実現できたとのことです。  

甲府市議会 2018-09-20 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.20

まだ周知が不足していたということもあるかもしれませんが、やはり各金融機関においてもプロパー融資というか、創業支援の関係は多くの金融機関が取り組んでいるような状況もございます。  甲府市の創業支援資金については、利子補給という制度があるんですが、まだまだそういったところの周知が届いていないのかなというところで、2件にとどまっているのではないかと考えております。 ◯廣瀬委員長 藤原委員。

甲府市議会 2018-09-18 平成29年度決算審査特別委員会 本文 2018.09.18

また実際の借り入れに際しては、市内の金融機関5社から見積もりをとる中で、本市が一番有利な金利で借り入れを行って、元金だけでなくて支払い利息についても、できるだけ抑制をしていきながら、歳出のほうは抑えていきたいと考えております。  以上であります。 ◯廣瀬委員長 神山委員。 ◯神山委員 じゃあ、まとめますけれども。

甲府市議会 2018-09-10 平成30年民生文教委員会 本文 2018.09.10

ただ、実際に借り入れをする際には、市中銀行であれば市内にあります、今のところは5つの金融機関に対しまして見積もり合せをする中で、できるだけ低利の借り入れをするように努力をしているということとなっております。  また、起債の期間等も、金融機関とも協議をする中で、できるだけ低利、また後年度に負担が過度にならないような形で市債のほうの借り入れを行っております。  以上です。 ◯坂本委員長 山田委員。

都留市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会-06月18日−02号

山梨県が取り組んでおります認知症サポート事業所は、認知症の方が住みなれた地域で安心して暮らし続けられますよう、地域住民の生活に密着した商店や金融機関、薬局等の事業所が、認知症について正しい知識を持ち、認知症の方やその家族に対し見守りや支援を実施している事業所を認知症サポート事業所として登録し、その取り組みを支援するものであります。  

韮崎市議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−01号

3の資金計画につきましては、1の取得計画に係る保有中利子及び総係費の借入額1,672万2,000円を韮崎市、銀行、その他金融機関から年5%以内で借り入れるものでございます。  13ページは、平成30年度の公社の予算でございます。  業務の予定量につきましては、先ほどの理由により記載はございません。  次に、収益的収入及び支出でございます。  

甲府市議会 2018-03-20 平成30年予算特別委員会-2 本文 2018.03.20

金融機関行政機関、調査機関経済指標はやや明るい兆しが出ていますが、昨年12月の山梨中央銀行の調査レポートでは、1年前と比べた暮らし向きが、よくなったが7.6%、悪くなったが12.2%、変わらないが80.2%、県内景気は生産面を中心に緩やかに回復しているが、暮らし向きに関しては依然として回答者の8割が変わらないとしており、県内勤労者が生活改善を実感できるまでには至っていないとしています。  

甲府市議会 2018-03-16 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.16

21節貸付金につきましては、甲府市中小企業振興融資制度における中小資金に係る取り扱い金融機関への預託金であります。  114ページ、115ページをお開きください。  3目観光費につきましては、説明欄記載の観光施設整備事業、観光振興事業、観光開発事業、まつり推進事業に要する経費であります。前年度比880万円余の減となっておりますが、昇仙峡天神森トイレリニューアル工事の減などが主な要因であります。  

山梨市議会 2018-03-15 平成30年  3月 定例会-03月15日−04号

そのため本市では、短期的な現金不足が生ずるおそれがある場合は、原則市内金融機関の入札により一時借入金を行うこととしております。  しかし、現在は、財政調整基金27億円余、市債管理基金8億円余と、基金の保有額もあることから金融機関からの一時借入金を行わず、基金の定期預金運用と同額の利率で一般会計が借り受ける繰りかえ運用で資金調達を行っております。  

甲府市議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会 本文 2018.03.13

今後におきましても、次代に過度な負担を強いることのないよう、地方交付税措置のある有利な市債の効果的な活用や競争原理による金融機関からの低利な資金調達などを実施する中で、計画的な市債の発行により、市債残高の減少に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ◯大塚委員長 内藤委員。 ◯内藤委員 市債発行は、当然否定するものではありません。

都留市議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会-12月18日−02号

この会議に上がってくるケースについては、家族からの相談はもちろん、認知症サポーター養成講座を受講した金融機関が、何度も通帳の再発行を行う高齢者を心配して相談してきたケースもあり、認知症の早期発見においては、一人でも多くの方が認知症を理解し、異変に気づくことが非常に重要であります。

市川三郷町議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月07日−01号

それから今は商工会が管理している中銀のところの駐車場も、商店が駐車場に使うために町が買ってというか、旧役場庁舎跡を提供したし、中銀にも駐車場があるし、その上の金融機関にもあるし、私のところの駐車場もそういう意味では利用もできると思いますし、私はそうした商店活性化策にとっては、これは本当に、市川地区の活性化にとっては重要だと思うんですが、そういう意味では町長はどうお考えでしょうか。

甲府市議会 2017-09-25 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.25

宮川学事課長 平成28年度におきましては、サラリーマン世帯ではなく個人の経営者の方も借りらるようにということで、今までは労働金庫だけの金融機関でしたが、金融機関を、JA甲府市を含めまして、広く門戸を広げたところでございます。  以上です。 ◯原田委員長 山田委員。 ◯山田委員 金融機関を広げていただくということはありがたいということだと思います。