8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

甲府市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第1号) 本文

最大30%戻ってくるキャンペーン」の再実施利用者側への配慮に対する検討への提言については、再実施に対し大いに評価するとの意見が多かったものの、還元が20%になることや、還元額が2ヶ月通算3,000円分(一度の還元最大1,000円分)の付与になることは、経済活動への行動変容につながるか懸念する意見や、今後予定されている事業などとの相乗効果が表れるように取り組むべきとの意見があり、加えて、利用者側

甲府市議会 2020-12-09 令和2年環境水道委員会 本文 開催日: 2020-12-09

今のクレジットカード払いは、大体還元が1%となってございますので、私の家ではクレジットカード払いを使ったほうが有利だという状況でございます。私は口座振替です。  また、一般的なクレジットカード払い還元1%で言いますと、月の水道料金につきまして、大体5,000円が損益の分岐点になると考えてございます。  

甲斐市議会 2018-12-14 12月14日-02号

収入制限のない対策としてクレジットカードなどキャッシュレス決済ポイント還元が来年10月から五輪まで、オリンピックまでの9か月間、還元を5%とするという案も浮上しております。地元の中小企業への効果はどうなのか、お伺いいたします。 次のページになります。また、現在検討をされているマイナンバーカードを使った自治体ポイント制とは具体的にどのようなものなのか、お伺いしたいと思います。 

富士河口湖町議会 2015-09-15 09月15日-01号

なお、寄附金1,600万円に対し還元50%の800万円を計上いたしました。節19負担金補助及び交付金100万円は、富士河口湖空き家バンク空き家を登録していただき、町外移住者との賃貸借の成約に至った場合に、空き家所有者に対して10万円を限度として補助金を交付するものであります。これにより、空き家有効利活用移住の促進を図ることが期待できると考えてございます。

都留市議会 2009-03-24 03月24日-03号

ヨーロッパ諸国が税の還元が平均60%であるのに、日本は44%にすぎないという試算があります。高負担低福祉というのが日本の実態であり、あるアメリカの学者は日本を評して、世界で一番冷たい格差社会とさえ言っています。 自治体に求められているのは、厳しい市民生活を直視し、暮らしを手助けすることです。全国的に生活保護受給世帯はふえていますが、それでも生活保護捕捉率は15%程度という推計があります。

  • 1