202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大月市議会 2022-12-16 12月16日-代表質問・一般質問-02号

そのため、本市で初めて大雨特別警報が発表され、市内全域に避難準備情報を、市の東部地域避難勧告避難指示を発令いたしました。今までも警報前に避難所を開設し、安全避難場所の確保を行ってまいりましたが、今回は想定よりも早い対応が求められる結果となりました。 次に、避難所数と避難者数及び避難所の状況はどうだったかについてであります。

市川三郷町議会 2020-06-02 06月02日-01号

昨年台風19号時には、初めて大雨特別警報発令に伴う町内全域を対象とした「避難勧告発令」となりました。避難所として、まず旧町ごと1カ所開設し、その後増設され5カ所の開設となりました。 昨年12月議会での小川議員質問に対する町長答弁では、「避難者からは、避難のタイミングや避難方法、避難所での情報収集について不安の声があった。

上野原市議会 2020-03-12 03月12日-02号

何とかしてくれないかという意見なんですけれども、特にこの方が言うのには、気象注意報とか警報、市からの避難勧告、あるいは避難指示、そういうのが聞こえないと、雨が降って聞こえないと、窓を開けても聞こえないと。この方は友人に確認したところが、自分だけじゃない、ほかの人もそうだったということですね。

甲州市議会 2020-03-06 03月06日-03号

市では、危険区域の有無に関わらず、自然災害等の危険度に応じて避難勧告避難指示を行い、第一に生命を守る行動を取ることが必要であると考えているところであります。 議員ご指摘の避難行動要支援者名簿につきましては、峡東保健福祉事務所より情報を得る中で毎年更新をしており、区長の皆様には区長会総会の折に、また、民生委員の皆様方には地区定例会の折に配付をして、ご活用できるよう説明を行っているところであります。

甲斐市議会 2020-03-03 03月03日-02号

現在、本市におきましても、総務省が所管する全国共通の災害情報共通システム、Lアラートにより、放送局等の多様なメディアに対して、避難指示や避難勧告等の被害関連情報を迅速かつ効率的に伝達することを目的とした共通基盤を利用しております。 今後も、防災科学技術研究所が進める基盤的防災情報流通ネットワーク研究開発の進捗に合わせまして、システムの運用に支障が生じないよう対応してまいりたいと考えております。

甲斐市議会 2019-12-18 12月18日-04号

このような状況の中、その後も雨、風は強まり、河川の増水が予測されたことから、本市の避難基準には達しておりませんでしたが、事前対応として暗くなる前に安全な行動をとっていただくために、午後4時に避難勧告を睦沢、清川、吉沢の3か所の地域ふれあい館、双葉体育館を避難所とする区域に、それ以外の区域には避難準備・高齢者避難開始情報を初めて発令したところであります。

中央市議会 2019-12-17 12月17日-03号

この中で、「ホテル避難した」とか、「避難しなくてもよいと判断した」、「避難勧告待ち」、「外が危険」、「避難先不明」。この中で文言で入れてもらったのが、「避難準備はしたが、中央市の避難指示がなかったので家で待機した」、「自治会役員として電話をしていた」、「避難場所がわからないので自宅にいた」、「ペットがいるので避難場所に行けない」、「親戚、ホテル避難した」。 

甲斐市議会 2019-12-16 12月16日-02号

去年ですか、河川が氾濫し、死者は出なかったようですけれども、大分、床下浸水や床上浸水が多くなりまして、避難勧告避難指示をこのラジオ局で聞いたということも聞いております。ぜひこの辺についても導入してはどうかということでお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。 ○議長(清水正二君) 質問が終わりました。 答弁を求めます。 望月総務部長。 ◎総務部長(望月映樹君) お答えいたします。 

中央市議会 2019-12-16 12月16日-02号

実態調査についてですが、今回の台風で非常に雨量が、平成26年ですか、本当に280ミリ降ったときがありまして、平成26年の台風10号かな、あのときに神明川があと数十センチで土手を超えるということで、市のほうでも避難勧告を出すのか否かという検討がされました。

甲府市議会 2019-12-13 令和元年経済建設委員会 本文 開催日: 2019-12-13

318: ◯坂本道路河川課長 今回の台風19号で、避難勧告といった避難情報が出されたわけですけれども、そういった避難情報が出される要因となっている河川としましては、山梨県が管理している濁川であったり、それから平等川であったりといった、そういった河川の水位を見ながら避難情報を発信しているという状況にあります。  

山梨市議会 2019-12-12 12月12日-02号

また、避難勧告に当たる全員避難となる警戒レベル4、さらには避難準備に相当する高齢者等、避難に時間を要する人が避難する警戒レベル3も多くの地域で発令されました。そして、それら多くの避難先は地区公民館という指示であったと思います。 そこで、何点かお伺いいたします。 1つ、台風19号で大きな課題として浮き彫りになったのは、地区公民館等の避難所としての機能の充実であります。

甲州市議会 2019-12-11 12月11日-03号

まず、先般、台風19号の豪雨を受けて、重川流域の地域避難勧告が発令され、開設された各地の避難所に400名を超える方々が避難を行いました。幸い、氾濫するまでには至らなかったことで、大きな被害につながることはありませんでしたが、温暖化による豪雨被害は、今後も頻繁に発生することが予想されます。 そこで、まずお伺いしたいのは、重川流域の堤防について、堤防高の補強が必要と認められた箇所があるのでしょうか。

甲州市議会 2019-12-10 12月10日-02号

議員のご質問の中にもありましたとおり、今回避難勧告避難指示等を行ったところでございますが、その避難勧告、指示等において、それら徹底を図るということ、また、地域の自主防災会との連携の中で、いかに避難というものを簡潔に行えるかどうかというようなことを含めて、課題等が各関係機関から上がっているところでございます。

上野原市議会 2019-12-09 12月09日-02号

まず、最初に、避難所の件なんですが、台風19号による避難勧告避難指示についてお伺いします。10月12日、15時30分に、市内全域に避難勧告が出されました。11月1日現在の世帯数は9,985世帯人口は2万3,063人です。今回開設された避難所は14か所とお伺いしていますけれども、14か所の避難所の収容人員の合計は何人でしょうか。 ○議長(長田喜巳夫君) 上原危機管理室長。

中央市議会 2019-12-05 12月05日-01号

その後、情報収集に努めながら、警報土砂災害警戒レベルに合わせて、避難準備、避難勧告を発令したところであります。 市民の皆様におかれましても、ここ数年の自然災害の発生状況を見る中で、これまで以上に自主的に避難所避難される方が多く、多くの市民の皆様が災害に対して高い関心を示されていることが確認できました。 

都留市議会 2019-12-05 12月05日-01号

また、台風の最接近する前には、私を本部長とする「災害対策本部」を設置し、順次市内全域に「避難勧告」を発令したところ、市内全指定避難所に合計1,122名の方が避難いたしました。このことにつきましては、市民の自助、共助に対する、防災意識の醸成によるところであり、多くの市民主体的に命を守る行動を起こしたことは、大変意義のあることだと考えております。