39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

甲府市議会 2021-03-19 令和3年予算特別委員会-1 本文 開催日: 2021-03-19

特別損失は、当年度経常費用から除外すべき費用で、年度損益修正には、漏水などによる下水道使用料減額費用などを計上しております。  以上、収入から支出を差し引いた収益的収支は、前年度より1億5,852万3,000円増の10億8,675万4,000円となりますが、全額資本的収支不足額補填させていただきます。  4ページをお開きください。  資本的収入及び支出であります。  

甲府市議会 2021-03-09 令和3年経済建設委員会 本文 開催日: 2021-03-09

また、対象資産減価償却費として608万円を補正予算概要11の特別損失年度損益修正に追加し、補正予算概要12の建物・減価償却累計額同額増加するものであります。  続きまして、127ページ、ウの国庫補助金返還会計処理の訂正です。補正予算概要では13と14が該当いたします。  

甲府市議会 2020-09-23 令和元年度決算審査特別委員会-1 本文 開催日: 2020-09-23

この不用額の主な要因は、年度損益修正が減少したことなどによります。  第4項予備費は、当初予算額に対し、執行はありませんでした。  72ページ、73ページをお開きください。  (2)の資本的収入及び支出につきましては、建設改良に係る収支企業債の借入れと元金償還などを計上しており、税込み数値となっております。  まず、収入になります。  

甲府市議会 2020-03-19 令和2年予算特別委員会-1 本文 開催日: 2020-03-19

特別損失は、当年度経常費用から除外すべき費用で、年度損益修正には、漏水などによる下水道使用料減額費用などを計上しています。  以上、収入から支出を差し引いた収益的収支は、前年より1億5,649万7,000円減の、9億2,823万1,000円となりますが、全額資本的収支不足額補填をしてまいります。  4ページをお開きください。  資本的収入及び支出です。  

甲府市議会 2019-09-30 平成30年度決算審査特別委員会-1 本文 開催日: 2019-09-30

この不用額の主な要因は、年度損益修正が減したことなどによります。  72ページ、73ページをお開きください。  (2)資本的収入及び支出につきましては、建設改良に係る収支企業債借り入れ元金償還などを計上しており、税込み数値となっております。  まず、収入です。  

甲府市議会 2019-03-20 平成31年予算特別委員会-1 本文 開催日: 2019-03-20

特別損失は、当年度経常費用から除外すべき費用で、年度損益修正には、漏水などによる下水道使用料減額費用を計上しています。  以上、収入から支出を差し引いた収益的収支は、前年度より9,834万6,000円減の10億8,472万8,000円となりますが、全額資本的収支不足額補填いたします。  4ページをお開きください。  資本的収入及び支出です。  

甲府市議会 2018-09-25 平成29年度決算審査特別委員会-1 本文 開催日: 2018-09-25

この不用額の主な要因は、年度損益修正の減などによります。  72ページ、73ページをお開きください。  (2)資本的収入及び支出につきましては、建設改良に係る収支企業債借り入れ元金償還などを計上しており、税込み数値となっております。  まず、収入です。  

甲府市議会 2018-03-20 平成30年予算特別委員会-1 本文 開催日: 2018-03-20

特別損失当年度経常費用から除外すべき損失で、年度損益修正には漏水などによる過年度分下水道使用料減額費用を計上しています。  以上、収入から支出を差し引いた収益的収支は、前年度より1億1,758万9,000円増の11億8,307万4,000円となります。この利益は、次ページで説明いたします資本的収支不足額への補填財源として全額使用することになります。  4ページをお開きください。  

甲府市議会 2017-09-26 平成28年度決算審査特別委員会-1 本文 開催日: 2017-09-26

この不用額の主な要因は、年度損益修正において、下水道使用料過年度分減額が見込みより少なかったことによるものであります。  72ページ、73ページをお開きください。  (2)資本的収入及び支出につきましては、施設の建設・更新などの建設改良費や、その財源としての企業債借り入れ元金償還などを計上しています。なお、収益的収入及び支出と同様に、税込み数値となっています。  まず、収入です。  

甲府市議会 2017-03-17 平成29年予算特別委員会-1 本文 開催日: 2017-03-17

特別損失年度損益修正には、漏水などによる下水道使用料減額更正費用を計上しています。  以上、収入から支出を差し引いた収益的収支は、前年度より352万8,000円減の10億6,548万5,000円となります。収益的収支が大きな黒字となっていますが、要因平成26年度からの新会計基準適用によります。この利益資本的収支補填財源として全額使用することとなります。  

甲府市議会 2016-09-27 平成27年度決算審査特別委員会-1 本文 開催日: 2016-09-27

6の特別損失は、(1)年度損益修正と(2)その他特別損失で構成し、年度損益修正は、過年度分下水道使用料減額費用557万7,010円で、その他特別損失は、一般会計及び水道事業会計への退職手当負担金15万3,709円で、合計は、573万719円となっております。  その結果、当年度利益は、12億7,765万580円となっております。

甲府市議会 2016-03-18 平成28年予算特別委員会-1 本文 開催日: 2016-03-18

特別損失年度損益修正には、漏水などによる下水道使用料減額更正費用を計上しています。  以上、収入から支出を差し引いた収益的収支は、前年度より1億7,628万9,000円増の10億6,901万3,000円となります。収益的収支が大きな黒字となっていますが、要因平成26年度からの新会計基準適用によります。

甲府市議会 2015-09-25 平成26年度決算審査特別委員会-1 本文 開催日: 2015-09-25

6の特別損失は、補助水源用地を売却した際に帳簿価格との差額損失分600万4,019円を計上した固定資産売却損平成21年度分の水道料金不納欠損過年度漏水による水道料金減額費用、口座早収割引及び新会計基準適用に伴い平成26年度に限り発生した6月期末勤勉手当充当額7,818万8,376円を計上した年度損益修正と、平成26年度、市長部局ほかで退職した職員が水道事業会計に在職した年数分退職手当負担金

甲府市議会 2015-03-17 平成27年予算特別委員会-1 本文 開催日: 2015-03-17

特別損失年度損益修正は新会計基準移行による賞与引当金の減少により、前年度を下回っております。  以上、収入から支出を差し引いた収益的収支は、前年度より11.3%、9,090万6,000円増の8億9,272万4,000円となっております。この収益的収支が大きな黒字となっておりますが、その要因平成26年度予算から新地方公営企業会計制度適用されたためであります。

都留市議会 2015-02-26 02月26日-01号

病院事業会計につきましては、地方公営企業法の改正に基づく固定資産精査による年度損益修正として、収益的支出において7,009万7,000円を追加し、予算額を4億1,852万5,000円とするものであります。 以上、提出議案につきまして概略を申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご議決くださいますようお願いを申し上げまして、説明を終わらせていただきます。

甲府市議会 2014-09-25 平成25年度決算審査特別委員会-1 本文 開催日: 2014-09-25

6の特別損失は、固定資産売却損4,314万7,708円、平成20年度分の下水道使用料不納欠損及び過年度分下水道使用料減額費用等を計上した年度損益修正1,122万9,340円で構成し、合計は、中列、5,437万7,048円となっております。  その結果、当年度利益は、右列太字、1,151万370円となり、前年度繰越利益剰余金はありませんので、当年度処分利益剰余金同額となります。  

甲府市議会 2014-09-22 平成25年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2014-09-22

5、特別損失年度損益修正で、合計は1万4,949円です。  以上の結果、1の営業収益から5の特別損失収支から、当年度利益は1,276万5,986円となったところであります。  なお、前年度繰越利益剰余金631万3,391円と合わせた1,907万9,377円が当年度処分利益剰余金であります。  次に、8ページ、9ページの市場事業剰余金計算書につきまして説明いたします。

富士河口湖町議会 2014-09-10 09月10日-01号

項3特別損失、目3過年度損益修正、節3の年度損益修正を240万円の増額でございます。これは今年2月の水道メーター検針が大雪のため困難となり、条例に基づき前年度の使用水量により認定といたしましたが、4月に通常のメーター検針をしたところ、水量が前年度より少なかった家庭が発生し、使用料金を返還することとなったことにより、過年度分返還金が不足したために、増額補正をお願いするものでございます。

甲府市議会 2013-09-26 平成24年度決算審査特別委員会-1 本文 開催日: 2013-09-26

6の特別損失は、平成19年度分の下水道使用料不納欠損及び過年度分下水道使用料減額費用年度損益修正1,687万3,491円となっております。  その結果、当年度利益は、右列太字、899万5,327円となり、前年度繰越利益剰余金はありませんので、当年度処分利益剰余金同額となっております。  64ページ、65ページをお開きください。下水道事業剰余金計算書です。

中央市議会 2013-09-10 09月10日-01号

当年度の決算は、営業損益経常損益ともに前年度を上回ったものの、年度損益修正が過大であったため、前年度を上回る純損失となりました。 有収水量1立方メートル当たりの供給単価(販売)は96円54銭で、前年度に比べまして3円85銭安く、給水原価は108円96銭で前年度に比べまして1円安くなっております。 

  • 1
  • 2