202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲州市議会 2021-06-17 06月17日-02号

傍聴していて議員も、委員さんの意見等を聞いていてお分かりですけれども、あと若手商工会もろもろ各種若手農業関係者だったり観光だったりいろいろな今入っている以外の方々の意見も聞きたいと思っていますので、なお15名の枠に達するよう、今の業種以外の10代、20代、時間が取れる若手のほうも積極的にお声がけをし、15名の枠で進んでいくようにしていきたいと考えております。

韮崎市議会 2021-03-09 03月09日-03号

産業観光課では、新たに地域おこし協力隊を、今回の農業関係プラス山岳関係でもう1名、計2名募集する予定でございます。 既に山岳観光の推進ということで1名の方を雇っておりまして、その方は今、円野町に住んでおりまして、今、2年目でございます。今度3年目になるんですが、3年がおおむねの期限でございますので、その方には、また引き続き定住していただければというふうに考えております。 以上でございます。

甲州市議会 2021-03-05 03月05日-02号

その中でも、効果として基幹産業であります農業関係では農地の集積化が進み、新規就農者についても目標値に届かないまでも増加傾向にあります。また、新規ワイナリーの創業もあり、商工会等関係機関との連携により、小規模ではありますが成果が出つつあります。 さらに、次世代の本市を担う子どもたちへの教育環境については、学校満足度等数値が向上しており、一定の成果が出ております。 

甲府市議会 2020-12-09 令和2年経済建設委員会 本文 開催日: 2020-12-09

農業関係は、以上であります。  次に、商工等についてお聞きいたしますけれども、新型コロナウイルス感染症影響での減収、事業者の皆さんへの支援などについて今定例会会議でもお聞きいたしました。  特に今回、補正予算もありましたけれども、がんばろう甲府!最大30%戻ってくるキャンペーン等、様々取り組んでいただいているわけであります。  このがんばろう甲府

甲府市議会 2020-09-17 令和元年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2020-09-17

昨年度の範囲でお願いしたいんですが、有害鳥獣対策、また、様々な国の助成制度を使って農業関係のお願いを本会議等でもしていったわけですけれども、特に農業関係全般でいろいろお話は進むんですけれども、特に甲府市はブドウ栽培に力を入れて、そして、また、ワイン等ブランド化をしていくという中で、具体的に、ブドウ農家に対してどういったことをやっていただいたのかということをお伺いいたします。

甲府市議会 2020-09-09 令和2年経済建設委員会 本文 開催日: 2020-09-09

238: ◯野呂瀬農政課長 農業関係施設のPCBの関係につきましては、まず、農道関係でまいりますと、農道橋15橋、当課で所管しておりますけれども、そのうち3橋が調査対象となっております。それ以外の農業施設におきましては、排水機場関係とか、あとは堰の関係とか、あと水門ですとか、そういったものも塗料というところでいきますと対象になっております。

甲斐市議会 2020-08-26 08月26日-02号

近年、農業従事者高齢化後継者不足等により、農業を取り組む環境はますます厳しいものとなっておりますが、白ネギ栽培に取り組む新規就農者も出てくるなど、新たな状況も生まれつつあることから、市といたしましても、これらへの協力を継続するとともに、農業関係団体等とも連携しながら、食料自給率の向上も視野に入れ、高収益で魅力ある農業について検討してまいりたいと考えております。

甲斐市議会 2020-06-23 06月23日-04号

自然休養管理センターは、都市と農村を結ぶ案内所地域のコミュニティーの場、農業振興としての特産品展示即売などを目的に建設されておりますが、現在は、文化協会所属団体社会福祉法人などの特定の団体利用が多く、農業関係者の利用が少ない現状であります。また、最近では、竜王歴史民俗資料館の閉館に伴う展示資料の一時的な保管場所としても利用をさせていただいております。 

甲州市議会 2020-06-17 06月17日-03号

このビジョンは、昨年、市内農家対象に行ったアンケート調査結果をベースに、農業者をはじめ、農業関係団体学識経験者で取りまとめたものと承知をしております。 まず、移住支援者について伺います。 本市のこれまでの移住支援制度に加えて、ひとり親世帯に特化した移住支援にも取り組んだらいかがでしょうか。ひとり親世帯は、全国に142万世帯、この25年間で1.5倍に増えています。

都留市議会 2019-06-24 06月24日-02号

現時点の県との調整の中では、上大幡地区が終了いたしまして、この後、中津森、下大幡並び金井方面に向けて宝地区全体を防護施設をつくっていきたいという計画で県とは調整しておりますので、今後、地元自治会及び農業関係者等と協議させていただいて、早目の現場のほうに入っていけるように努力をしてまいりたいと思っております。 以上です。 ○議長藤江喜美子君) 国田議員

甲州市議会 2019-06-18 06月18日-03号

4月末に発行した甲州市議会広報特別企画農業関係者と廣瀬議長との懇談会が掲載されておりますが、この懇談会出席者からの要望や質問の発言に関連して質問をさせていただきます。 まず、情報通信技術、ICTやさまざまなものがインターネットで接続され、相互に制御されるIoTなどを活用するスマート農業への取り組みについてお伺いいたします。 

甲府市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第3号) 本文

こうした中、昨年度、甲府農業振興計画が策定され、まちと地域が共生する「魅力ある農業都市」を目指すとし、稼ぐ農業者であるプロファーマーを育成・拡大し、産地を保全強化していくことで、産業として農業が成り立ち、持続する農業農業関係者はもとより、市民及び都市住民も含めた地域が連携して目指すとしております。  そこでお聞きします。

中央市議会 2019-03-18 03月18日-02号

そこでは、農業関係以外の多角的視点からさまざまなご意見等をいただきました。 その中で、「中央市には農産物特産物が幾つもあり、多様な野菜が豊富に生産され、大規模な商業施設医療福祉施設も充実し、地理的にも県の真ん中に位置し大変便利なところにある」とした上で、こうした良質な素材がPRされていない等の意見がありました。

甲州市議会 2019-03-07 03月07日-02号

来年度につきましては、そのアンケート結果ももとに、農業関係団体等へのヒアリングを行うとともに、市民等で組織いたします検討委員会でのご議論をいただきまして、計画案を策定いたします。その後、パブリックコメントも経まして、2020年の3月までに策定をしていきたいというふうに考えております。 ○議長廣瀬宗勝君) 一般質問の途中ですが、ここで暫時休憩いたします。 

韮崎市議会 2019-03-04 03月04日-02号

農業関係施設へ行きますとこれで売っておりますが、ただ、いかにもオオカミの尿ということですから、値段的にも1リットル当たり約1万円くらいするということで、これを何本も買ってくるというわけにいきませんが、そんなような考えがもしあるのであれば、薬剤の補助ということがありますから、そんなようなことが考えるのであれば、そのような補助を考えるかどうかということですが、この導入促進について今考えていることで結構

山梨市議会 2018-12-14 12月14日-03号

私が冒頭申し上げた経営耕地現状よりは、もう少し将来的には残るのではないかというような答弁だったかと思うんですが、再質問させていただきますが、今聞くところによると、2020年は1,870ヘクタールぐらい残るのではないかという数値がありましたが、その算出の根拠となるところがどういったところにあるのかということと、それから、平成27年に総合戦略の中で、安定した雇用の創出、また農業関係の仕事をふやすということで