運営者 Bitlet 姉妹サービス
201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 韮崎市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月17日−02号 しかしながら、我が国は自動車など工業製品の輸出は追い風となることは予想はされておりますが、安い農産物の流入で国内農業は競争力強化が課題となります。また、醸造用ブドウの需要が拡大をする一方で、農家は高価で取引をされるシャインマスカットなど、生食用ブドウに切り替える農家が増えて、醸造用ブドウの生産量が減っていることも背景にあり、農家の高齢化で生産量が減少する可能性は大いにあると思います。 もっと読む
2018-03-14 山梨市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−03号 第4は、輸出拡大、シンガポール伊勢丹での販売実験についてであります。  JAと合意した上での実験は、開始後まだ間もありませんが、1年目の成果としてはいかがでしょうか。山梨県は輸出目標国をインドネシアと設定いたしました。県の施策とのすり合わせはどうなるのでしょうか。シンガポール伊勢丹での実験は、それとは別に継続するのでしょうか、伺います。  第5は、担い手対策です。   もっと読む
2017-09-09 甲府市議会 平成28年度決算審査特別委員会 本文 2017.09.19 平成28年度における我が国の経済を振り返りますと、4月の熊本地震による観光や消費の落ち込みなど、一部に弱い動きもありましたが、平成28年度後半に入ってからは、中国経済が持ち直すとともに、アメリカ新政権の経済政策への期待感などから、我が国を含め各国で株価が上昇するなど、海外経済の緩やかな回復を背景に、輸出や生産は持ち直し、企業収益や雇用・所得環境において一段の改善が見られました。 もっと読む
2017-06-15 甲府市議会 平成29年6月定例会(第4号) 本文 2017.06.15 さて、近年のワイン生産状況についてですが、EU諸国へ輸出・販売する場合には、国際ブドウ・ワイン機構(OIV)へのブドウ品種登録及び生産国の表示規則が必要となります。平成22年1月には甲州ブドウの登録申請書が提出され、同年8月に品種リストに登録、現在、EUへ輸出できる日本のワイン用ブドウ品種は、マスカット・ベリーAと甲州の2つのみでしかありません。 もっと読む
2017-03-08 甲府市議会 平成29年経済建設委員会 本文 2017.03.08 その後、6月上旬にその商社から連絡がありまして、ワイナリーのワインをインドネシア共和国に輸出をするという手続を進めているという報告がございまして、先月、少ロットではありますが、インドネシア共和国に輸出することが決まったというふうに聞いております。   もっと読む
2017-03-03 甲州市議会 平成29年  3月 定例会-03月03日−02号 そういうときに、今私たちの果樹は非常に手をかけて、非常に立派なものをつくって、それを今は輸出なんていう話まで出ているわけですけれども、そういうモデルが、今後私は成り立たないんじゃないか、マンパワーがいなくなると、そういう非常に手をかけた高級な果物が、今後だんだんできなくなっていくんじゃないかと私なんかは非常に心配しているんですけれども、課長としてはどのようにお考えですか。 もっと読む
2017-03-03 甲府市議会 平成29年経済建設委員会 本文 2017.03.08 その後、6月上旬にその商社から連絡がありまして、ワイナリーのワインをインドネシア共和国に輸出をするという手続を進めているという報告がございまして、先月、少ロットではありますが、インドネシア共和国に輸出することが決まったというふうに聞いております。   もっと読む
2016-12-09 甲州市議会 平成28年 12月 定例会-12月09日−02号 ぶどうの海外輸出につきましては、全国ぶどう産地協議会事業として農林水産省の補助事業を得る中で、オールジャパンによるアジアへの輸出に取り組んでおります。今年度はマレーシアでマーケット調査や香港での市場日本市への出店、成果を上げているところでありますが、今後、新たな輸出先の改革としてカンボジア、トルコにて調査を行う予定であります。   もっと読む
2016-12-09 甲州市議会 平成28年 12月 定例会-12月09日−02号 ぶどうの海外輸出につきましては、全国ぶどう産地協議会事業として農林水産省の補助事業を得る中で、オールジャパンによるアジアへの輸出に取り組んでおります。今年度はマレーシアでマーケット調査や香港での市場日本市への出店、成果を上げているところでありますが、今後、新たな輸出先の改革としてカンボジア、トルコにて調査を行う予定であります。   もっと読む
2016-12-07 甲府市議会 平成28年12月定例会(第2号) 本文 2016.12.07 一方、工業製品等の製造業においては、輸出しやすくなることから、本市企業の海外展開が後押しされ、企業みずからによる販路拡大など、経営向上への取り組みが促進されるものと期待するところであります。   もっと読む
2016-09-26 甲府市議会 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.26 これは基本的には国に全部回っている金額ですから、輸出の大企業みたいに、消費税の損税分を還付してもらうということを民間も、官も、全ての医療機関は訴えているわけですけれども、ぜひそういうところを今後とも意を強くして言っていただきたいと思うところです。  それから、せっかく検討している会計なんですけれども、ちょっといけないなという数字が出てきています。 もっと読む
2016-09-23 甲府市議会 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.23 そういった中で、中間報告を受けながら、20歳代、40歳代の女性をターゲットとした「甲府でしかできない50のこと」のサイトを立ち上げ、3月末までに5万件近くのアクセスを得るとともに、インドネシアのトップセールスにつきましては、現地商社の方が来甲されまして、甲府市内のワイナリーと商談をし、今後こちらからワインを輸出する方向が決まったというふうに聞いております。 もっと読む
2016-09-16 甲府市議会 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.16 平成27年度における我が国の経済を振り返りますと大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を柱とする経済財政政策の推進により、雇用・所得環境が改善するなど、緩やかな回復基調が続いておりましたが、中国をはじめとする新興国経済の景気減速の影響等により、輸出が弱含みとなり、また、個人消費や民間設備投資の回復にもおくれが見られた状況でありました。   もっと読む
2016-09-12 甲府市議会 平成28年9月定例会(第4号) 本文 2016.09.12 山梨県のコンテナ輸出量は平成20年度1万8,000トン/月に対し、平成25年には3万5,000トン/月と約1.9倍に増加しています。内訳は東京港49%、横浜港37%、清水港10%、その他4%です。距離で見ますと、甲府市役所から清水港は90キロメートル、東京港は140キロメートルと清水港のほうが50キロほど近いです。 もっと読む
2016-09-09 甲府市議会 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.23 そういった中で、中間報告を受けながら、20歳代、40歳代の女性をターゲットとした「甲府でしかできない50のこと」のサイトを立ち上げ、3月末までに5万件近くのアクセスを得るとともに、インドネシアのトップセールスにつきましては、現地商社の方が来甲されまして、甲府市内のワイナリーと商談をし、今後こちらからワインを輸出する方向が決まったというふうに聞いております。 もっと読む
2016-09-09 甲府市議会 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.26 これは基本的には国に全部回っている金額ですから、輸出の大企業みたいに、消費税の損税分を還付してもらうということを民間も、官も、全ての医療機関は訴えているわけですけれども、ぜひそういうところを今後とも意を強くして言っていただきたいと思うところです。  それから、せっかく検討している会計なんですけれども、ちょっといけないなという数字が出てきています。 もっと読む
2016-09-09 甲府市議会 平成27年度決算審査特別委員会 本文 2016.09.16 平成27年度における我が国の経済を振り返りますと大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を柱とする経済財政政策の推進により、雇用・所得環境が改善するなど、緩やかな回復基調が続いておりましたが、中国をはじめとする新興国経済の景気減速の影響等により、輸出が弱含みとなり、また、個人消費や民間設備投資の回復にもおくれが見られた状況でありました。   もっと読む
2016-06-10 甲州市議会 平成28年  6月 定例会-06月10日−01号 さて、最近の県内経済の情勢は、「緩やかに持ち直している」として、個人消費は一部弱さが見られるものの、企業収益は増益見込みで、先行きについては「輸出関連企業を中心に企業収益が改善し、景気が持ち直していくことが期待される」としております。  また、本市の基幹産業である果樹栽培においては、現在のところ幸いにも大きな被害も受けず生育が進んでおり、このまま順調な生育を願うところであります。   もっと読む
2016-03-15 山梨市議会 平成28年  3月 定例会-03月15日−03号 また、峡東3市では、果実の海外輸出や観光振興に積極的に取り組んでおり、海外での知名度が向上していくことにより、輸出拡大や外国人観光客の増加につながることを期待するところであります。 ○議長(古屋弘和君) 古屋忠城議員。 もっと読む
2016-03-11 甲府市議会 平成28年予算特別委員会 本文 2016.03.11 こうした中、先日インドネシアにおいて、日本食品を取り扱う日系大手商社の経営者が来甲され、本市のワイン輸出についてトップセールスを行ったところであります。  さらに、平成28年3月14日からはインドネシアの旅行会社数社を招聘して、本市で観光商談会を開催することとしており、着実に海外プロモーションの成果が出てきていると感じてところでございます。   もっと読む