7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

甲府市議会 2016-09-13 平成28年民生文教委員会 本文 開催日: 2016-09-13

そこで質問ですが、本年6月の本会議で、液状化の起きるところというのは地盤が弱いので、こういうところはさらに地震震度が大きくなって軟弱地盤と言われているところは非常に危険だと言われています。私の住んでいる伊勢地区などは対象地域なんですが、耐震改修の周知が行われました。これは建設部からこういう地域については特定して行っておるわけでございます。  

甲府市議会 2013-03-01 平成25年3月定例会(第2号) 本文

しかし、揺れ方については、同じ地震発生を見ても、地盤硬軟によって、硬質地盤の揺れと沖積層の厚い軟弱地盤での震度の違いもわかっております。  そして現在の問題点として、この地盤硬軟の違いにより、甲府中心部震度予測5強も、まだら現象発生震度強地域が点在している危険性も予測されています。  

市川三郷町議会 2012-03-23 03月23日-02号

続いて、歳出7款では、道路新設改良費宮原一本松広場線軟弱地盤技術解析委託料具体的内容はとの質問に、六郷インター付近は元が田で軟弱地盤なので、地盤解析し、工法検討に生かすためであるとの答弁がありました。 町屋川浦線の具体的な工事内容はとの質問に、24年度は、本年度の先の145メートル、幅員6メートルの工事電柱移転等であるとの答弁がありました。 

中央市議会 2011-06-16 06月16日-02号

その他、この時代にはほかの近隣町村誌にも、液状化になったことが記載をされており、釜無川沿線および笛吹川沿線は、地下水位が高く、軟弱地盤地域であるため、液状化現象危険性が最も高いと指摘をされています。 市では、今後、液状化対策をどのように考えているのかお尋ねをいたします。 次に、防災訓練についてお尋ねいたします。 

甲府市議会 2001-03-01 平成13年3月定例会(第6号) 本文

次に、ライフライン対策についてただしたのに対し、年次的に実施している老朽管布設替え及び軟弱地盤にも対応できる部品の使用等により、今後も一層の努力を図りたいとの答弁がありました。  このほか、主な要望・意見は次のとおりです。 1 水離れが進む中にあって、企業間競争の理念に基づく事業推進を図ること。 1 使用料引き下げを図ること。 1 安定供給面からも、地下水管理を十分に行うこと。  

  • 1