12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

甲府市議会 2020-09-15 令和元年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2020-09-15

次に、2目賦課徴収費につきましては、市税賦課徴収に要した経費であります。  1節報酬につきましては、窓口業務徴収業務に係る嘱託職員報酬が主なものであります。  11節需用費につきましては、特別徴収関係書綴り及び口座振替依頼書等作成に係る印刷製本費が主なものであります。  12節役務費につきましては、市税各種納税通知書督促状等郵便料及びコンビニ収納取扱手数料が主なものであります。  

甲府市議会 2019-09-24 平成30年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2019-09-24

次に、2目賦課徴収費につきましては、市税賦課徴収に要した経費であります。  補正予算につきましては、法人市民税還付金等が不足したことによる償還金利子及び割引料増額が主なものであります。  継続費及び繰越事業費繰越額につきましては、こうふ開府500年記念ナンバープレート製作にかかわる経費であります。  

甲府市議会 2018-09-18 平成29年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2018-09-18

次に、2目賦課徴収費につきましては、市税賦課徴収に要した経費でございます。  補正予算につきましては、法人市民税還付金等が不足したことによる償還金利子及び割引料増額が主なものでございます。  繰越明許費につきましては、市民税賦課徴収費におけるこうふ開府500年記念ナンバープレート製作にかかわる経費でございます。  

甲府市議会 2017-09-20 平成28年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2017-09-20

次に、2目賦課徴収費につきましては、市税賦課徴収に要した経費であります。  補正予算につきましては、法人市民税還付金等が不足したことによる償還金利子及び割引料増額であります。  1節報酬につきましては、窓口業務徴収業務にかかわる嘱託職員報酬が主なものであります。  

甲州市議会 2015-12-02 12月02日-01号

行政手続における特定の個人を識別するための番号利用等に関する法律、附則第1条4号に掲げる規定の施行により、国民健康保険税賦課徴収に係る事務において個人番号利用を開始することに伴い、減免申請に係る規定について所要の改正を行う必要があるため、制定するものであります。 次に、議案第82号 甲州市印鑑条例の一部を改正する条例制定についてご説明をいたします。 

甲府市議会 2015-09-16 平成26年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2015-09-16

次に、2目賦課徴収費につきましては、市税賦課徴収に要した経費であります。  1節報酬につきましては、窓口業務徴収業務に係る嘱託職員報酬が主なものであります。  11節需用費につきましては、特別徴収関係書綴り及び市税等口座振替依頼書等作成に係る印刷製本費が主なものであります。  

甲府市議会 2014-09-18 平成25年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2014-09-18

次に、2目賦課徴収費につきましては、市税賦課徴収に要した経費であります。  補正予算につきましては、法人決算確定に伴う法人市民税還付金等であります。  1節報酬につきましては、窓口業務徴収業務にかかわる嘱託職員報酬が主なものであります。  11節需用費につきましては、特別徴収関係書綴及び市税等口座振替依頼書等作成にかかわる印刷製本費が主なものであります。  

甲府市議会 2013-09-19 平成24年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2013-09-19

次に、2目賦課徴収費につきましては、市税賦課徴収に要した経費であります。  補正予算につきましては、法人決算確定に伴う法人市民税還付金等であります。  1節報酬につきましては、窓口業務徴収業務にかかわる嘱託職員報酬が主なものであります。  11節需用費につきましては、市県民税申告の手引き及び市税等口座振替依頼書等作成にかかわる印刷製本費が主なものであります。  

甲府市議会 2011-09-16 平成22年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2011-09-16

次に、2目賦課徴収費につきましては、市民税賦課徴収に要した経費であります。  補正予算につきましては、固定資産税及び法人市民税に係る還付金であります。  1節報酬につきましては、窓口業務に係る嘱託職員市税徴収業務に係る嘱託職員並びに資産税家屋評価資料作成業務に係る嘱託職員報酬が主なものであります。  

甲州市議会 2009-03-09 03月09日-02号

国保制度の健全な運営には医療費適正化への取り組みや国保税賦課徴収の適正かつ確実な執行が重要であります。 そこで、平成21年度からは国保税滞納世帯には、本市の国民健康保険税滞納者対策実施要領に基づく資格証明書を交付することとしました。この資格証明書医療機関窓口での支払いは10割全額となりますが、その後の国保税納付状況により、保険給付分が償還されます。

  • 1