88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市川三郷町議会 2020-12-02 12月02日-01号

なお、この調査、誤差を算出する調査方法につきましては、このコンサルタントがあらゆる調査の際に用いている計算式ということで、内密な計算方法ということでありますので、計算に使った数値も、コンサル名も申し上げられませんが、信頼できる数字であると考えております。 ○議長笠井雄一君)  第1番、秋山豊彦君。

山梨市議会 2020-08-27 08月27日-01号

現在、本市におきましても、調査実施に向け準備を進めているところでありますが、本年に限っては、新型コロナウイルス感染症感染防止対策に配慮し、調査員と世帯が直接対面しない非接触の調査方法、インターネット回答郵送回答を推進することとしております。特に、インターネット回答につきましては、感染症拡大防止調査員負担軽減につながりますので、積極的に推進してまいりたいと考えております。 

甲斐市議会 2019-12-17 12月17日-03号

2018年度に山梨県内の小・中・高特別支援学級が把握したいじめは6,356件で、現行の調査方法に変わった2016年以降で最多となったことが、文科省問題行動調査として公表されました。本市現状について伺います。 3点目です。文科省の2018年度調査で、山梨県の小学校の不登校者数が289人と、1991年以降最多だったとの結果が発表されましたが、本市現状について伺います。 4点目です。

甲府市議会 2019-09-30 平成30年度決算審査特別委員会-1 本文 開催日: 2019-09-30

平成30年度に調査方法の見直しを行いまして、ことしからは全戸1次調査という形で簡易調査を行って、さらにそこから漏水箇所を絞り込んだところを、最終的に調査員が行って確認をするというようなことで、調査方法を変えております。  これまでの他の事業体等の実績から考えますと、この調査方法で今年度100件を超える地下漏水が発見できるのではないかということで、期待しております。

甲府市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第2号) 本文

そのアクションプランの中で、環境省河川等におけるマイクロプラスチックの採取・分析方法検討を行うことを定めていることから、本市といたしましては、国における調査方法等に係るルールづくりの動向を注視しており、今後、国より調査方法等が示され次第、公共用水域調査実施について検討してまいります。  

甲斐市議会 2019-08-30 09月10日-01号

この方針では、海洋における調査に加え、海洋ごみの一因とされる河川マイクロプラスチック実態調査を行い、効果的な海洋ごみ発生抑制につなげる必要があるとして、平成30年度に文献調査や有識者のヒアリング、試行的な最終調査等実施し、今後河川等におけるマイクロプラスチック調査方法の確立や実態調査実施分析等を予定しております。 

甲府市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第3号) 本文

また、水道管漏水原因管種接手構造及び布設年度など、さまざまな視点から分析し、効果的な漏水調査方法により漏水早期発見につなげるとともに、下水道管内の雨天時、晴天時の水量及び有収水量を正確に把握して、浸入水防止効果が高い地域を絞り込むことで、効率的に対策実施し、有収率向上に積極的に取り組んでまいります。  

都留市議会 2018-12-17 12月17日-02号

◆2番(小林健太君) 半分以上が荒廃農地ということの答弁かと思いますが、調査方法というのはどのような形で。 ○議長小俣武君) 産業建設部長。 ◎産業建設部長小宮敏明君) お答えいたします。 荒廃農地発生解消状況に関する調査は、農地法第30条第1項に規定されている農地利用状況調査とあわせて実施されるものであります。