161件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市川三郷町議会 2019-03-15 03月15日-02号

13款2項1目総務国庫補助に民間資金等活用事業調査費補助800万円を追加し、2,244万8千円とするものであります。この補助は、事業費に対し、100%の交付率となっております。 次に、18款1項1目繰越金に20万円を追加し、2億5,139万6千円とするものであります。 以上、歳入の説明とさせていただきます。 歳出につきましては、企画課長より説明いたします。

上野原市議会 2018-08-09 平成30年  8月 臨時会(第1回)-08月09日−01号

そのうち補助が3億7,485万円、地方債が1,430万円、一般財源が1,423万2,000円となってございます。  以上でございます。 ○議長山口好昭君) 質疑を終わります。  お諮りします。  本案は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決を行います。これにご異議ありませんか。      (異議なしの声多し) ○議長山口好昭君) 異議なしと認めます。  

大月市議会 2017-10-03 10月03日-委員長報告・質疑・討論・表決-03号

被害を減らすために、鳥獣が里に出没しないよう森林整備を積極的に行うとともに、鳥獣駆除については、県への補助申請を増額し、駆除する頭数をふやし、またわなによる駆除をふやすことを強く要望します。 これらの意見を今後の行政運営に反映されることをお願いし、まことに簡単ではありますが、決算審査特別委員会の報告とさせていただきます。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。

大月市議会 2017-06-13 06月13日-議案上程・説明-01号

また、市が管理をいたします防犯灯につきましては、環境省の二酸化炭素排出抑制対策事業費補助を活用し、今年度は調査及び計画策定業務、来年度は設置工事を予定しております。 以上、諸課題を踏まえ、主要事業などにつきまして申し上げ、本市の地域活性化を図ってまいりますので、議員各位を初め市民の皆様の絶大なるご理解とご協力を賜りますよう、お願いを申し上げる次第であります。 

都留市議会 2017-03-24 03月24日-03号

線の運行費と現在までの利用状況について、放課後児童クラブ運営費補助の現状と各クラブの運営状況について、AEDの設置状況と職員の講習会受講の状況について、子宮頸がん予防接種に対する本市の考えについて、中山間地域総合整備事業における県道大幡初狩線との関連について、外国人観光客を本市に取り込むための方策について、ふるさと納税による寄附者への新たな特典の拡充について、防災倉庫備蓄品の購入に対する自治会への補助

甲州市議会 2016-12-09 平成28年 12月 定例会-12月09日−02号

また、事業費の財源別内訳でございますが、国庫補助といたしまして4億3,441万5,000円、合併特例債といたしましては3億4,350万円、単独費としまして3,926万7,000円となっております。  また、現在供用開始してあります塩後跨線橋交差点から今回開区いたします国道411号線までの延長につきましては、1,697メーターでございます。

大月市議会 2016-09-06 09月06日-議案上程・説明・付託-01号

また、大月市婚活イベント支援事業補助交付要綱に基づき、市内の地域資源を活用して婚活イベントを行う団体を募集いたしましたところ、1件の申請があり、カップルの成立はもちろんでありますが、イベント開催による地域の活性化にも期待を寄せております。 今後も市議会を初め、市民代表によります大月みらい協議会職員で構成をする生きがい創生委員会により、人口減少対策に取り組んでまいります。 

甲斐市議会 2016-08-31 08月31日-04号

まず、歳入の内容ですが、国庫支出金については、個人番号カード交付事業とした10分の10の補助、甲斐市版ネオボラ事業の一環で、産後ケア事業に伴う2分の1の補助であります。 寄附金につきましては、ふるさと応援寄附金でポータルサイトを活用することによる寄附金の増額分を見込んだ収入であります。 繰入金につきましては、今回の補正財源の不足分を財政調整基金から繰り入れるものであります。 

上野原市議会 2016-03-24 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月24日−04号

災害関係で、木造建物の耐震診断、改修費の補助は、被害想定で全半壊5,000棟近くが想定されている中、PRを強化し、前向きな取り組みに努力されたい。  コミュニティスクールは、保護者地域住民が学校運営に参画することで、地域子供たちを育てていく大事なものなので、協議会の設置をより一層推進すべきである。  

富士吉田市議会 2016-02-29 02月29日-01号

自然エネルギーの普及促進につきましては、太陽光発電システムの設置費補助に加え、木質バイオマスエネルギーの活用及び普及促進について、富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合と連携して進めてまいります。 2019年にはラグビーのワールドカップが日本で開催され、翌年の2020年には東京オリンピック、パラリンピックが開催されます。

大月市議会 2016-02-26 02月26日-議案上程・説明・付託-01号

また、環境省再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策補助を活用し、地中熱発電を行い、その電源を図書館使用する計画であり、CO2の削減はもとより、木造校舎と地熱発電により、自然を活用した本市ならではの建物となり、学生の確保につながることで本市の活性化にも寄与できるものと考えております。 次に、子育て世帯にやさしいまちづくりについてであります。 

富士吉田市議会 2015-12-15 12月15日-03号

木質バイオマスへのこれまでの取り組み状況及び私の考え方についてでありますが、これまでの取り組み状況につきましては、二酸化炭素の排出が少ないペレットストーブの製品化及び木質ペレットの安定供給の開始が見込まれる中、本年4月よりペレットストーブの設置に対する補助の交付を開始し、広報やホームページ等で広くPRを行ってまいりました。 

富士吉田市議会 2015-12-14 12月14日-02号

次に、スポーツを通しての健康づくりの推進についてでありますが、本市では、富士吉田市スポーツ推進委員による健康、体力づくり教室の開催をはじめ、学校体育施設の一般開放授業スポーツを通しての青少年の健全育成、各種スポーツ団体への補助の交付、スポーツボランティア登録事業の実施、また特に60歳以上の市民の皆様に対しましては、スポーツを通しての健康、体力づくりの大切さを奨励するとともに振興を図るため、体育館等