15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

上野原市議会 2017-12-23 02月23日-01号

予算書の101ページに公共下水道事業補助について書かれていますが、ここでは財源変更になっております。それから支出のところですよね、委託費から工事請負費変更になっていると思います。この関係についてご説明をお願いしたいのが1件です。 もう一つは、今度は課別説明資料建設課の16ページですけれども、下水道使用料財源更正変更になったということなんですが、補正額ゼロで出ております。

富士河口湖町議会 2015-03-24 03月24日-05号

合併特例事業債は、事業費国庫補助などを除いた額の95%に充当でき、70%が交付税として手当てされるもので、有効に活用すべきものです。しかし、国庫補助などを除いた事業費の3割以上を町が負担しなければならないこと、有利とはいえ借金であることなどから、慎重な活用を求めるものです。 最後に、事業や政策の決定の過程に早い段階から町民が参加する仕組みづくりが必要ということを述べたいと思います。 

富士河口湖町議会 2014-09-10 09月10日-01号

説明欄1、工事請負費補助が6,505万円を減額するものです。これは国の通知額要望額より減額となったための減額です。 説明欄2の工事請負費単独分が800万円の増額です。公共ます設置申請増加分20カ所と管渠工事追加分40メートルの分の増加でございます。 4款1項、目1の予備費につきましては、補正前の額に308万3,000円を増額し、補正後の額を500万円とするものでございます。

市川三郷町議会 2014-03-18 03月18日-02号

内容が、2月の降雪に伴い、野沢菜、モロコシのトンネルハウスの復旧にたいする補助金で、被害面積7.1ヘクタールの2分の1、3.5ヘクタール分に対する補助を今回計上させていただきました。 補助率は県が3分の1、町が3分の1で、計3分の2を補助するものであります。なおこの事業につきましては、26年度への繰り越し事業とさせていただきます。 

富士河口湖町議会 2012-09-11 09月11日-01号

内容でございますが、補助事業費から国庫補助を引いた残り金額の100分の55を乗じた金額でございます。 款6項1目1節1繰越金でございますが、20万円を増額し、補正後の額を305万円とするものでございます。 款8国庫支出金、項1目1国庫補助金、節1水道施設整備費補助金でございますが、75万円を減額し、700万円とするものでございます。

富士河口湖町議会 2011-06-07 06月07日-01号

なお、1,009万4,000円のうち、山梨県からの補助は895万4,000円の見込みでございます。 当町への避難者数は、5月末現在で、知人宅、アパート、宿泊施設を入れまして、延べ5,306人でございます。 次に、避難者への支援でございます。 避難しております児童・生徒につきましては、住所の移転はしておりませんけれども小学校へ13名、中学校へ1名が6月1日より登校しているところでございます。

上野原市議会 2010-09-30 09月30日-04号

また、主な歳出では、下水道事業費の中の公共下水道整備費につきましては、事務費補助の5%まで起債対応が認められたことなどに伴い、補助が150万1,000円増額となり、単独分が210万円の減額となっております。 当委員会に付託されました2議案につきましては、慎重に審査され、採決の結果、いずれも全会一致で異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。 

市川三郷町議会 2006-03-09 03月09日-01号

これを利用者自己負担の2割だけを業者に払い、町の補助の8割を町が直接業者に払うように変えてほしいということです。 給食費自己負担施設利用料の1割負担と、それでなくても大変な障害者の生活です。レスパイトの1割、一時立て替えをなくすために、業者との交渉をしていただきたく提言するものです。 財政力の違いと、市長政治姿勢によって、市町村の格差が出てくることが、これまで以上に考えられます。 

甲府市議会 1997-12-01 平成9年12月定例会(第4号) 本文

このため障害者からは、「申請手続が煩雑な上に付き添いも必要なので家族の負担も大きい、タクシーを利用すれば補助も消えてしまう、市役所との往復で時間的負担も大きい」という声が共通して聞かれます。  また、2週間の入院が必要な障害者が「一たん払う金が工面できない」と、三日で泣きながら退院したという悲惨な例も生まれています。

  • 1