運営者 Bitlet 姉妹サービス
8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2014-03-07 甲府市議会 平成26年3月定例会(第4号) 本文 2014.03.07 ただし、行政実例では地方公務員法第3条第3項第2号に規定する非常勤の特別職の地方公務員に該当すると解されています。民生委員は児童委員を兼ねる。   もっと読む
2013-09-25 甲府市議会 平成24年度決算審査特別委員会 本文 2013.09.25 行政実例なんか見ますと、おおむね私債権であるとありますから、時効は当然5年であるというふうに私なんかもそれは正しいのかなと思うんですけれども、この時効5年という期間というのは、甲府市としてそのような認識でありましょうか。 ◯荻原委員長 今のは歳入にかかわる質疑でありますので、質問をかえてください。  飯島委員。 もっと読む
2013-09-09 甲府市議会 平成24年度決算審査特別委員会 本文 2013.09.25 行政実例なんか見ますと、おおむね私債権であるとありますから、時効は当然5年であるというふうに私なんかもそれは正しいのかなと思うんですけれども、この時効5年という期間というのは、甲府市としてそのような認識でありましょうか。 ◯荻原委員長 今のは歳入にかかわる質疑でありますので、質問をかえてください。  飯島委員。 もっと読む
2013-03-01 甲州市議会 平成25年  3月 定例会-03月01日−02号 平成22年9月議会におきまして、議員の財産区管理委員会との兼職のご質問に対しまして、私のほうから、議決機関の構成員たる議員を執行機関の附属機関の構成員とすることは、自治制度の根本理念に反し不適当という行政実例がございましたので、法的に問題がないとは言い切れないのではないかと考えるが、今後、研究するとのお答えをさせていただいたところでございます。   もっと読む
2012-09-25 甲府市議会 平成23年度決算審査特別委員会 本文 2012.09.25 不納欠損というのは、ちょっと読みますけれども、「既に調定された歳入が徴収し得なくなったことを表示する決算上の取り扱いであるから、時効により消滅した債権、放棄した債権等についてこれを行うべきである」と、これは自治法の第96条関係の行政実例としてこういうのがあります。   もっと読む
2012-09-09 甲府市議会 平成23年度決算審査特別委員会 本文 2012.09.25 不納欠損というのは、ちょっと読みますけれども、「既に調定された歳入が徴収し得なくなったことを表示する決算上の取り扱いであるから、時効により消滅した債権、放棄した債権等についてこれを行うべきである」と、これは自治法の第96条関係の行政実例としてこういうのがあります。   もっと読む
1997-06-11 甲府市議会 平成9年6月定例会(第4号) 本文 1997.06.11 これ昔からの言葉ですけれども、趣旨である旨の行政実例がありますが、当然だろうと考えております。自治体の財力に余裕があるとは考えられません。そこで330の団体に対し補助金を支出していることが、本市の公益の増進に寄与しているか否か、どのような判断をもって補助金を支出しているのか、お示しください。   もっと読む
1992-12-21 甲府市議会 平成4年12月定例会(第5号) 本文 1992.12.21 次に、議案第95号 甲府市手数料条例の一部を改正する条例制定については、国の法律改正に伴い市がすぐに追従するのではなく、手数料等は地方自治の本旨に基づいて甲府市が独自で決めるという主体性が持てないかとただしたのに対し、住民票等の交付手数料は、戸籍手数料の額との均衡を考慮し決定すべきであるという行政実例もある。また近隣市町村との均衡も考慮する中で今回改正するものであるとの答弁がありました。   もっと読む
  • 1