21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

甲府市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第6号) 本文

農林水産業費については、松くい虫被害への対応についてただしたのに対し、被害にあった松については、伐倒くん蒸処理や伐倒薬剤処理を施し、被害拡大防止に努めているとの答弁がありました。  これに対し、今後も防除対策やパトロールを実施し、被害拡大を防ぐよう求める意見がありました。  このほか、主な意見等は次のとおりです。 1 新規就農者を支援するとともに、プロファーマーの育成拡大を図ること。

甲府市議会 2016-09-23 平成27年度決算審査特別委員会 本文 開催日: 2016-09-23

伐倒薬剤処理被害本数材積の欄の中で、「57本」これを「67本」に、「47.23立米」これを「52.23立米」に、また、農業委員会の330ページになりますけれども、中段、(2)農地銀行活動の文頭にございます「農地経営基盤強化促進法」を「農業経営基盤強化促進法」に、331ページの中段の表の上にございます、「平成27、年度」の「、」を削除していただきますよう、訂正のほうをお願いいたします。

甲州市議会 2013-09-06 09月06日-02号

とにかく作業をしていただける方には本当に命がけでその松を切っていただいているんだなと思って、また、松を切っても、今度はそれを松くい虫が逃げないように消毒をしたり、そして切り出して、何て言うんですか、薬剤処理をしたり、そんな作業もありますものですから、本当に実際私も立ち会ってみて、大変なご苦労をいただいているんだなというように感じました。 

甲州市議会 2013-03-05 03月05日-04号

事業量につきまして、塩の山高度公益機能森林では、薬剤地上散布処理を3.5ヘクタール、予防薬剤樹幹注入処理を300本を実施をし、その他山林では、この1月末までに伐倒くん蒸処理市内1カ所26本、10.95立米、伐倒薬剤処理市内5カ所558本、254.42立米合計561本、265.37立米実施をしておりまして、現在も行っておるところであります。 

甲州市議会 2011-09-12 09月12日-03号

平成22年度には、塩ノ山高度公益機能森林について、薬剤地上散布処理を3.5ヘクタール、予防薬剤樹幹注入処理を400本、伐倒くん蒸処理を61本、26.38立方メートル実施し、伐倒薬剤処理として塩山地域では340本、163.22立方メートル、勝沼地域では84本、31.16立方メートル、大和地域では4本、2.66立方メートル、合計428本、197.04立方メートルを実施いたしました。 

甲州市議会 2010-03-10 03月10日-02号

昨年の松くい虫被害倒薫蒸薬剤処理、樹幹注入地上散布、伐倒処理、これによるものが昨年は405万120円に対して、今年度は、これに早急に対応するために589万8,700円、予算計上をお願いするものでございます。 また、市民の象徴であります塩の山のアカマツの保全と管理に必要は維持費といたしまして、塩の山赤松を守る会に200万円の助成をするものであります。 

甲州市議会 2009-03-10 03月10日-03号

松くい虫は、原因となるセンチュウを松のマダラカミキリが運ぶことによって広がってしまうものでございますが、被害樹木伐採して薫蒸薬剤処理して対応し、一定の効果が出ていると伺っております。また、標高約800メートルから1,000メートルの地点でも被害が多く見られ、高地への被害拡大傾向でございますが、20年度の松くい虫の被害対応状況と21年度の松くい虫対策をお伺いいたします。

山梨市議会 2006-09-21 09月21日-02号

また、その他の山林におきましても、伐倒薬剤処理等を行い、できる限りの対策を行っております。しかし、松くい虫による被害は食いとめられていないのが実情であります。 これらの有効な対策として、本年度当初に国の補助を受けて無人へリコプターによる薬剤散布事業を行う予定でありましたが、国からの運用基準案の提示がされなかったために、この事業を断念した経過があります。 

大月市議会 2004-06-15 06月15日-一般質問-02号

平成16年度からは、山梨県知事の深い理解によりまして、観光立県を目指す山梨県との連携を図り、自然環境保全観光、及び公益的機能保全の両面から、県下に先駆けて「被害緊急対策事業」として、被害の著しい中央自動車道沿線松林の伐倒や薬剤処理等を、来年度と併せて、総事業費1億7千6百万円余りで実施しているところであります。 

韮崎市議会 2001-06-11 06月11日-02号

過去には薬剤空中散布も行われましたが、公害等の問題もあって中止になり、現在は枯れた松を伐採して薬剤処理する伐倒駆除に切りかえ、この方法実施しておりますが、松くい虫は気温が高いと多く発生すると言われています。最近の温暖化による異常気象により松くい虫が異常に発生して山林の松はもとより午頭島公園、新府城の歴史的にも貴重な松までも松くい虫の被害に遭い、枯死した松は年々増加をしている状況にあります。

  • 1
  • 2